クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの喪中、喪明けとは?これらは信用信用情報機関に債務整理の事故記録があるかどうかを表すネットスラングです。

f:id:cardmics:20171101234105j:plain

今回は主に2ちゃんねるなどのインターネット上の掲示板で使われることが多い、クレジットカードの喪中(もちゅう)と喪明け(もあけ)という言葉について解説をしてみたいと思います。

言葉の意味がよくわからなくて掲示板が読めない…という方は是非、この記事を参考にしてみてくださいね(先に下記記事を読むとわかりやすいかも?)。

クレジットカードの喪中とは?

債務整理から最低でも5年間が喪中:

まず自己破産や任意整理などの債務整理をしてしまうと、そのタイミングから最低でも5年間はクレジットカードを作ることは出来ません。これを近親者が亡くなった場合にたとえ、ネットスラング(インターネット用語)では『クレジットカードの喪中』と呼びます。

当然、それまでに保有していたカードは債務整理とともに取り上げられますので、クレジットカード喪中=カード保有枚数は0枚に。

まるで喪中かのように、クレジットカードの喪中の最中は、どのクレジットカードを申込をしても断られることになります*1

クレジットカードの喪明けは5年後:

そして5年が経過してクレジットカードが再度、作れるようになった状態が『喪明け』。こちらもネットスラングで、喪中から明けた状態を指す表現ですね。

喪明けすれば晴れてカードを入手することが出来るようになりますが、銀行系のクレジットカードはなかなか作れなかったり、ゴールドカードなどのステータスカードが作りにくいなどの障害は当面、残ります。

  • クレジットカード喪中:債務整理後のカードが作れない状態
  • クレジットカード喪明け:債務整理から5年経過してカードが作れる状態

また、過去に保有していたことがあるクレジットカード会社発行のカードも原則は作ることは出来ません。これはたとえ個人信用情報機関から事故記録が消えたとしても、クレジットカード各社の社内には履歴としてしっかり残されているためです(詳しくはこちら記事を参照)。

それを知らずに「前に使っていたあのカードをまた持ちたいな!」と思っても申込自体が無駄になってしまうのでご注意ください。また、そういった申込をすると不要な申込履歴が残ってしまうことにもなるので、他のカードが作りにくくなります。

なぜ最低でも5年間なのか?

クレジットカードの喪明けは債務整理から最低でも5年間…という表記をさせていただいていますが、これは5年以上かかる喪明けも存在するため(銀行系のクレジットカード会社の一部は10年たたないと喪明けしない)。

とはいえ、現在ではCICやJICCといった個人信用情報機関の事故情報は5年で抹消されるので、たいていのクレジットカードはまた入手できるようになりますよ。楽天カードエポスカードなど、たいていのカードなら5年の喪明け後に作成可能です。

喪中や喪明けはわかりやすけど違和感:

f:id:cardmics:20171006223431j:plain

まぁこんな感じで喪中、喪明けってわかりやすい例えではありますが、これらの言葉がそういう風に使われるのってやっぱり違和感がありますね。

もう少しなにか、他に良いたとえはなかったのか?もい今後、当サイト『クレジットカードの読みもの』でそういったアイデアを思いついたら、記事にすることなどで新語を流行らせてみたいなと思います。

以上、クレジットカードの喪中、喪明けとは?これらは信用信用情報機関に債務整理の事故記録があるかどうかを表すネットスラングです…という話題でした。

参考リンク:

晴れて喪明けした方は、まずは年会費無料のクレジットカードを作るところから始めてみてください。前述のように過去に保有したことがないカード会社の、年会費無料カードから狙うと良いですよ。

news.cardmics.com

*1:厳密にいうと債務整理だけでなく、延滞記録(長いこと、クレジットカード代金の返済をしなかった場合など)が残ってしまっている場合も喪中に当たります。

PAGE TOP