クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

暗証番号の入力は拒否してOK!暗証番号を忘れていても、サインに切り替えてもらうことでクレジットカードの支払いは可能です。

f:id:cardmics:20171119232300j:plain

ICチップ付きのクレジットカードを利用する場合、大抵はサインではなく『暗証番号の入力をお願いします!』とIC端末を渡されることが多い最近。

しかしこういう時、仮にクレジットカードの暗証番号を忘れてしまっていたら、そのカードを利用して支払いすることは出来ないのでしょうか?

暗証番号がわからなくても、それがクレジットカードである以上、支払いに使いたいものですよね。

暗証番号を忘れた場合の対処法:

サインでお願いしますと伝えましょう:

実はこういった場合は問題なく、暗証番号入力からサインによる支払いに切り替えてもらうことが可能です。

やり方法は簡単。

口頭で『暗証番号ではなく、サインでお願いします』と店員に伝えれば、従来のサインによる支払いで対応してくれます(端末操作でサインによる支払いに切替可能)。

堂々と対応すれば問題なし:

これ、なんとなく暗証番号を忘れていることに対する恥ずかしさみたいなものを感じるかもしれませんが、クレジットカード利用者の中には、人前で暗証番号の入力をすることに抵抗を感じている方もそれなりに存在します。

そのため、『私は暗証番号を忘れたわけではありませんよ~』といった感じで堂々と対応すれば、恥ずかしいことなんて全くなし。

店員さんとしてもそういったサインに切り替える利用者には少なからず遭遇しているため、問題なく対応してくれることでしょう。

  • 間違い:
    暗証番号入力を拒否すると、番号を忘れたと思われる
  • 正解:
    暗証番号入力を拒否しても、なんとも思われない

これを専門用語では「PINバイパス(PIN=暗証番号の入力を迂回するということ)」と呼びます。

コンビニ等では暗証番号不要で買い物可能:

あと、セブンイレブンやファミリーマート等のコンビニエンスストアでは、暗証番号もサインも不要でクレジットカード払いを利用することが出来るので、暗証番号を忘れている場合でも利用可能(主に1万円未満の支払いで適用)。

店員に対して『サインでお願いします!』と伝えることすら面倒だ…という方は、こういった場所での支払いか、もしくはAmazonや楽天市場などのネット通販でのみ、クレジットカードを使うなんていうのも手ですね。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PINバイパスが出来ない場合も:

『暗証番号を忘れちゃったのでいつでもどこでもサインで支払いすればいいや!』

そんな風に捉えている方もいるかもですが、暗証番号入力の回避はあくまでカード保有者への救済措置でしかないため、将来的には廃止される方針とのこと。

また、最近ではJR東日本やJR九州のみどりの窓口など、PINバイパスを利用させてくれない加盟店も増えてきているようなので、利用時にはお気をつけください。

暗証番号はきちんと把握しておこう:

f:id:cardmics:20170619154834j:plain

但し、それではクレジットカードの暗証番号は忘れたままにしておいてもいいのか?というとそんなことはありません。

きちんとクレジットカード会社に連絡をしてカードの暗証番号を再設定することが最優先なので、誰かに悪用されないようにするためにも、自分がその番号を認知しておくことが重要なのですね。

『暗証番号を忘れてしまった…』という方は、早め早めに対応してもらえればと思います。以上、暗証番号の入力は拒否してOK!暗証番号を忘れていても、サインに切り替えてもらうことでクレジットカードの支払いは可能です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードのサインに関する知識は下記記事も参考にどうぞ。

署名サインなども「漢字」であるべきと思っている方は多いですが、実際には平仮名でもカタカナでもOKですよ。

あと、この機会にクレジットカードの基礎知識を学びたいという方は下記記事も参考に。年会費や付帯保険などの基本がわかるようになります。

news.cardmics.com

PAGE TOP