クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

20代でもブラックカードホルダーになることは可能なのか?年齢が若すぎてブラックカード審査に通らないと思っている方に。

f:id:cardmics:20180408181317j:plain

『20代でもブラックカード保有者になることは可能なのかどうか。』

これ、ブラックカード入手を狙っている…という方であれば凄く気になる点ですよね。なにせいくら頑張っても年齢が若いというだけで招待基準に適合しないのであれば、努力するだけ無駄というもの。その労力を他に回したほうが良いに決まっています。

そこで今回は20代でもブラックカードのインビテーションは入手可能なのかどうかについて解説。

とにかく20代のうちからブラックカードを手に入れたいと思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。

20代のブラックカード保有について:

年齢に関わらず持ってる人は持ってる:

まず、結論から先に言ってしまうと、20代でもブラックカードは保有可能です。

私自身、29歳の時点でJCBブランドの最高峰カード「JCB THE CLASS」を入手したくらいですから、クレジットカード会社側のブラックカード審査基準の中に「20代には発行しない」という基準は含まれていません。

同様に20代でアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを持っている方もいれば、ダイナースクラブ プレミアムカードを持っているという方も存在。

  • JCB THE CLASS:20代でも入手可能
  • ダイナースクラブ プレミアムカード:20代でも入手可能
  • アメックスのセンチュリオンカード:20代でも入手可能

つまり20代でブラックカードを入手できないのは、決して年齢のせいではないのです。

30代や40代と比べれば難しい:

ただ当然の話ではありますが、20代のうちにブラックカードを入手するのは30代や40代と比べると高難易度。

30代や40代であれば審査に通過できるような職業や年収であったとしても20代という理由だけで審査に通りにくい可能性は高いので、どうしても20代のうちからブラックカードが欲しいなら30代や40代を上回るようなステータスを目指してください。

そうじゃないと入手は難しいです。

年齢に関わらず上客かどうか:

ではどうすればブラックカードの審査に通過できるのか…というと、そのカード会社にとっての上客になれるかどうか。

  • 間違い:20代だからブラックカードが作れない
  • 正解:20代でも上客であればブラックカードが作れる

カード会社としては10万円以上もする年会費を払ってくれるのはもちろんのこと、トラベルデスクやフラワーデリバリーといった有料サービスまで活用してくれるような上顧客を求めているため、若くしてブラックカードが欲しいのであればとことんカード会社にとって「良いお客さん」になることが大切です。

そうすれば20代であったとしても、いつかはブラックカードの招待状が送られてくるものと思いますよ(詳しいブラックカードの入手方法については下記記事等も参考に)。

news.cardmics.com

10代でも作れるかどうかは親のコネ次第:

20代でブラックカードが作れることはわかったけれども、それじゃ10代ではどうなのか…というと、こちらは率直、親のコネ次第かなと。

仮に両親が相当なお金持ちで且つ、ブラックカードを保有して担当がいるような場合であれば、その担当経由でブラックカードを入手できる可能性があるかもですね。

逆に言えばそれ以外だと、さすがに10代での入手は難しいことでしょう。

  • 親にコネ有り:可能性はわずかにあり
  • 親にコネ無し:さすがに難しい

諦めるが吉です(家族カードなら10代でも作成可能)。

直接申し込めるブラックカードも:

f:id:cardmics:20180408180349j:plain

また、最近では招待状不要で直接入手できるブラックカードも出てきました。

こちらであればあなたの年収、年齢、役職、住まい等が合致すれば…ですけれども、20代でもブラックカードホルダーになることも夢ではないので、自分の信用力に自信がある方は申込に挑戦してみてください(下記のLUXURY CARDなど)。

仮に入手できたら周りから羨望の眼差しを向けられること、間違いなしですよ。

以上、20代でもブラックカードホルダーになることは可能なのか?年齢が若すぎてブラックカード審査に通らないと思っている方に…という話題でした。

関連リンク:

ブラックカードについてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事も参考に。

私が保有しているブラックカードの使い勝手や保有メリットなどについて解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP