クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

バイク便の支払いにクレジットカードが利用可能に!バイク便大手のソクハイが、カード端末を利用した決済導入(対面支払い可能)。

f:id:cardmics:20171121204151j:plain

大手バイク便業者のソクハイが、クレジットカード端末を利用したカード決済を導入した模様です(2014年7月28日付のプレスリリースによる)。

決済サービスプロバイダの株式会社ゼウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金沢 哲史、以下 ゼウス)は、株式会社ソクハイ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:木村 章夫、以下 ソクハイ)へ業界初となるクレジット決済端末導入にあたり、決済サービスの提供を開始いたしました。

■バイク便のクレジットカード払いを対面でも利用可能に
ソクハイは、オートバイ・自転車を主とした緊急配送サービスを提供しております。この度、業界に先駆けて決済端末を導入し、すでに提供しているWeb上での非対面決済だけでなく、対面での決済も可能となりました。利用者は、電話でのバイク便注文においてもクレジットカードのご利用が可能となります。

バイク便業界で初なのは、非対面決済(ネット上で予めカード決済するシステム)ではなく、バイク便が届けた際に端末を利用してカード決済するという点です。

ヤマト運輸や佐川急便などが、従来から導入していたアレのことですね(玄関など対面支払いでカード決済に対応する)。 

バイク便へのクレジットカード決済導入について:

利用可能なのはVISAカードとマスターカード:

今回導入されるカード決済は、VISAカードとマスターカードの2種類のみの様子。

残念ながらJCBカードやアメックス、ダイナースクラブといったクレジットカードブランドは今のところ対応してくれていないようなので、それらのカードを利用する場合には充分に気をつけてください。

  • VISAカード:利用可能
  • Mastercard:利用可能
  • JCBカード:不可
  • アメックス:不可
  • ダイナースクラブ:不可

また、導入当初は決済機がすべての宅配員に行き渡らなかったり、使い方がわからない、故障などなど、様々なトラブルが想定されるため、クレジットカードだけでなく現金も用意しておくほうがいいかも。

そうすればバイク便到着時にスムーズに荷物を受け取れるはずですよ。

以上、バイク便の支払いにクレジットカードが利用可能に!バイク便大手のソクハイが、カード端末を利用した決済導入(対面支払い可能)…という話題でした。こうして1つ1つ、クレジットカードが使える業界が増えていってほしいものです*1

参考リンク:

経費の支払いや仕入れでクレジットカード払いを使いたい…という方は、法人向けのクレジットカード作成がおすすめ。

最近では1人ビジネスの経営者でも法人カード作成は可能なので、気軽に申し込みをしてもらえればなと思います(詳しくは法人カードを解説した下記記事参照)。

news.cardmics.com

*1:バイク便業界ではもとより、非対面時ではクレジットカード決済を導入しているところが多い模様。あくまでこのニュースは、対面時のカード端末によるカード決済導入の話ですね。

PAGE TOP