クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

交通違反の反則金や保釈金を、クレジットカード払いできる中国&インド。その点、日本ではまだまだ現金払いによる納付が主流です。

f:id:cardmics:20180617211131j:plain

いつもながらにクレジットカード関連情報を探していたら、こういうニュースがありました。

デリー交通警察は間もなくカード決済端末の携行を開始し、デビットカードとクレジットカードでの決済を可能にするとエコノミックタイムスが報じた。 

インド全域…というわけではなく、あくまでデリー交通警察管轄区において反則金のカード決済が可能になった…という話ですが、こんな感じで海外では罰金のクレジットカード払いできる国って結構多いんですよね。

詳しく各国の状況を調べたわけではありませんが、たとえばアメリカ合衆国でもクレジットカード払いで罰金を納付することが出来ます(私自身、ロサンゼルスで交通違反をしたことがあるのでカード払いをした経験アリ…)。

罰金の額をを聞いたあと、そのまま続けて支払いをすることもできます。 後日改めて電話しなおしても良いのですが、面倒なのでさっさと支払ってしまうことにしました。

クレジットカードで支払うことを選択すると、クレジットナンバーや使用期限などの入力が求められるので、指示に従って入力していけば大丈夫です。 あっさり、簡単に支払えてしまいました。

保釈金や反則金のカード払いについて:

中国では保釈金もカード払い可能:

また、中国では交通違反にかぎらず、保釈金についてもカード決済が出来るとか。

事実、国内ゼネコンのフジタ社員が中国国内で逮捕された時の保証金も、下記のようにクレジットカードで支払ったという履歴が残っています。

同社執行役員の菅沼広夫国際事業部長は、高橋さんがクレジットカードで「保証金5万元を支払った。

60万円を超える金額なので持ち合わせはなく、クレジットカードで支払い手続きを行った」と、明かした。

日本では保釈金に相当する。 

こんな感じで各国、カード決済がどんどん浸透していってる感じですね。

日本でも是非、導入していってほしい:

反面、日本ではまだまだこの分野、現金払いによる納付が主流(警視庁サイト)。

電子マネーはもちろん、クレジットカードやデビットカードでの支払いを受け付けてくれている…なんて話は聞いたことがありません。

しかし、交通違反の反則金等をクレジットカード払いできるようになれば警察側として罰金の徴収がラクになるだけでなく、私達としても手持ちの現金がないという理由で泣く泣く収監されるケースも少なくなるなど、双方にとって大きなメリット有り。

現金払いでもクレジットカード払いでもほとんど一緒なんですから、日本でも是非、違反金のカード決済を導入してほしいな…と思います。

以上、交通違反の反則金や保釈金を、クレジットカード払いできる中国&インド。その点、日本ではまだまだ現金払いによる納付が主流です…という雑談でした。

参考リンク:

実はクレジットカード払いできるんだけど、カード払いできることが知られていないものについては下記記事を参考に。意外とマニアでも知らないものは多いですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP