クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Apple PayでSuicaを使うために、Suicaカードを作る必要性なし!モバイルSuicaアプリを使えば、発行費無料で新規Suicaが作れます。

f:id:cardmics:20180224110805j:plain

iPhoneのおサイフケータイ機能とも言える「Apple Pay(アップルペイ)」。

このApple PayでSuicaを使いたいから、どこかでSuicaカードを作ってこないとな…と思っている方のために、今回はApple Pay用のSuica入手方法について記事を書いてみたいと思います。

Apple Pay用のSuica入手方法について:

モバイルSuicaアプリを使えばすぐ利用可能:

まず、結論から先にいってしまうと、Apple PayでSuicaを使うためにプラスチックカードであるSuicaカードを作る必要性はありません。

その理由は単純で、App Storeに新規に追加された下記の「モバイルSuica」アプリを利用すればOKのため。

Suica

Suica

  • East Japan Railway Company
  • ファイナンス
  • 無料

このアプリ上では新規に仮想のSuicaカードを作ることが出来るので、自宅や職場にいながら楽々とApple PayにSuicaを登録可能です。

Suicaの新規発行費用も無料:

また、モバイルSuicaアプリを利用するメリットとしては、Suicaカードの発行費が0円で済むということ。つまり無料です。

通常、SuicaをJRの駅等で入手する場合にはデポジットとして500円の費用が取られてしまうものなんですが、前述のようにモバイルSuicaならそういったデポジットを負担する必要性がないので、そういった面でもこちらのアプリ経由でSuicaを発行するほうがおすすめ。

  • 駅等でSuicaカード発行:デポジット500円必要
  • モバイルSuicaでカード発行:無料

もちろん駅でSuicaカードを発行する場合に払う500円もあくまで「デポジット(預入金)」に過ぎませんが、Suica紛失等の危険性を考えるとやはり無料のほうが有利だと言えそうです。

Apple PayのSuicaは便利:

Apple Pay上で利用するSuicaは非常に便利。

カードタイプのSuicaだと現時点での残高確認が面倒臭いデメリットがあるんですが、Apple PayのSuicaならアプリを開くだけですぐ残高が確認できるのも大きなメリットです。

加えてPaSoRi(パソリ)などの特別な機器を使わずに、いつでもSuicaチャージが出来るのも嬉しいですね。残高が少なくなってきたなぁ…と思ったら、アプリを開いてチャージをしてもらえればなと思います。

オートチャージ可能なSuicaを作ろう:

f:id:cardmics:20180408180244j:plain

但し、現時点でJR東日本のクレジットカードである、ビューカードを保有していない方の場合には、残念ながらApple Pay経由であったとしてもSuicaのオートチャージ機能は使えません。

そのため、Suica利用で都度都度、チャージなんかしたくない…という方は是非、この機会にビューカードを作成の上、Apple Pay経由でSuicaを利用してみてください。

Suicaのオートチャージが出来るようになれば改札で捕まることもありませんし、コンビニやキオスク等での支払いもスムーズになりますよ。おすすめです。

以上、Apple PayでSuicaを使うために、Suicaカードを作る必要性なし!モバイルSuicaアプリを使えば、発行費無料で新規Suicaが作れます…という話題でした。

参考リンク:

Apple Pay経由のSuicaチャージでポイントをたくさん貯めたい…という方は下記記事も参考に。Suicaチャージ向けのおすすめクレジットカードを紹介しています(年会費が実質無料のクレジットカードも)。

news.cardmics.com

PAGE TOP