クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ついにアメックスプラチナが直接申込可能に(2019年4月8日から)!インビテーション不要で申込できるプラチナカードになりました。

f:id:cardmics:20190405081939p:plain

最高峰のプラチナカードとして人気のアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(通称:アメックスプラチナ)。

このアメックスプラチナは従来、『この人はアメックスプラチナを持つのに相応しい人だ!』とアメックス側が認定した人ではないと作ることが出来ない招待制のクレジットカードでしたが、この方針が180度転換。

なんと2019年4月8日から直接申込可能なプラチナカードに変更になったようです。

アメックスプラチナについて:

申込したい人は申込できるように:

これでアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードが欲しい方は、いつでも下記公式サイトより申し込むことで入手が可能に。

もちろん入手するためにはアメックスによる入会審査がありますが、アメックスプラチナの年会費である13万円+税という高額な年会費を払える「余裕」がある方であれば審査に通る可能性は高いので、『自分にはちょっと無理かも…』と自己判断せずに申込してしまってください。

きっとそれで、あなたも憧れのプラチナカード・ホルダーになれるものと思います。

アメックス保有者の切り替えも可能:

また、すでにアメックスグリーンやアメックスゴールドといったクレジットカードを保有中の方も2019年4月8日以降、招待状不要でプラチナカードへの切り替えが可能に。

  • 直接申込:可能に
  • 既存カードからの切替:可能に

こちらも所定の審査さえクリアすれば保有カードのアップグレードが可能になるため、『アメックスプラチナが欲しくてアメックスゴールドを使ってる』という方はもう招待状の到着を待つ必要性はありません。

アメックスの利用歴が良い方であればすんなりと、アメックスプラチナへの切り替えが可能になることでしょう。

申込は制限される可能性もあり:

そんな誰でも申込可能となったアメックスプラチナ…ですが、今回の直接申込開放によって保有者が大幅に増え、結果としてコンシェルジェサービス等の提供サービスの質が落ちてしまった場合には、新規入会の制限もありえるとのこと(ポイ探による情報)。

  • 保有者増でサービス悪化:新規入会停止へ
  • 保有者増でもサービス維持:入会継続

プラチナ・カードの申込制で利用者が大幅に増えた場合にコンシェルジュデスクなどの対応が可能なのかを確認したが、アメックスではコンシェルジュデスクの利用後調査をしており、その調査結果が悪くなった場合は申込をストップ事もあるとのことだ。

確かに、コンシェルジュデスクを利用した後には、満足度調査のメールが届く。10点満点で評価を行う仕組みが用意されており、こちらの結果次第では申込をストップする事もあると言う事だろう。

まぁ顧客満足度を重視しているアメリカン・エキスプレス社としては意地でもサービスの質を維持してくるとは思いますが、アメックス側の想定以上にプラチナカードの人気が高まってしまった場合には一時的な制限は充分にありえる話ですね。

これからアメックスプラチナを申込しようか迷っている方は念の為、ご注意ください。

2018年末頃から金属製のメタルカードに:

アメックスプラチナは2018年末頃にそのサービス内容を大幅刷新。

現在ではプラスチック製のクレジットカードではなく、金属で出来た高級感のあるメタルカードとしての発行となっているので、保有しているだけで周りから『おおっ!』と思われる可能性大です。

  • 従来:プラスチック製
  • 現在:金属製

特に知人&友人に、あなたの高いステータスをアピールしたい…という方におすすめですね(セカンドカードとしてプラスチック樹脂製のカードも発行可能)。

既存会員を満足させられるかが課題:

f:id:cardmics:20180715140916j:plain

最後に。

今回のアメックスプラチナの直接申込開始は新規にアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを作る方にとっては嬉しいニュースですが、既存のプラチナカード会員にとっては悪いニュースになってしまうかも。

  • 良いニュース:新規で作る方
  • 悪いニュース:すでに持ってる方

なにせ今までは招待制のプラチナカードだったために、「選ばれた人間だけが持てるプラチナカード」というステータス性がアメックスプラチナにはありましたからね。

少なからず『プラチナカードの希少性が落ちるから嫌だ!』とか、『保有者が増えたからコンシェルジュデスクのサービス低下が起きてるんじゃないか!』といった不満を持つ会員が出てくるのは間違いないので、これから先、アメックスがそういった声をいかに抑え、引き続き既存会員を満足させられるのかは大きな課題になりそうな感じです。

アメックスの奮闘に期待したい:

さてさてどうなることやら…ですが、アメックスは今までも年会費負担アップなどのハードルを乗り越えてきた会社。

今回もサービスを拡充していくことで既存プラチナカード会員の不満を抑えるべく努力していくものと思われるので、私もアメックスプラチナのいち会員としてそれに期待したいなと思います。

以上、ついにアメックスプラチナが直接申込可能に(2019年4月8日から)!インビテーション不要で申込できるプラチナカードになりました…という話題でした。

参考リンク:

アメックスプラチナは欲しいけど年会費が高すぎて…という方は、当サイト『クレジットカードの読みもの』がおすすめするアメリカン・エキスプレス・カードについては下記記事を参考に。

年会費がお手頃で使い勝手のいいアメックスを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP