クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

正直、アメックスプラチナには13万円もの年会費を払う価値があるのか?実際にアメックスプラチナを5年以上利用している専門家が解説。

f:id:cardmics:20180408175723j:plain

2019年4月8日より、招待制から直接申込可能へと切り替わったアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(通称:アメックスプラチナ)。

このアメックスプラチナを保有するためには13万円+税という高額な年会費を負担しなくてはいけないわけですが、果たしてこんな大金を払う価値があるのどうか…。

これからアメックスプラチナを作ろうか迷っている方が気になるのは、「そこの部分」ですよね。今回はこの点について詳しく解説していってみたいと思います。

アメックスプラチナの価値について:

正直、年会費の元なんて取れない:

まず、結論から先に伝えると、アメックスプラチナの年会費は元なんて取れません(苦笑)

なにせ13万円+税もの年会費の元を取るためには、空港ラウンジ利用なら年に60~70回、コンシェルジェ利用なら毎週1回くらい使う人ではないとダメ…と、まぁ、毎日毎日、せっせとアメックスプラチナの優待やサービスを使わないといけないわけです。

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

プラチナ・カード会員様専用窓口「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」では、24時間365日、カードやサービスのお問い合わせ、旅のご準備やレストランのご予約など、各種ご要望を承ります。

また、ポイント獲得で年会費の元を取るのも大変。

アメックスプラチナのポイントは最大でも100円利用あたり1円前後のポイント獲得ゆえ、13万円+税の年会費を回収するためには年間1,300万円もの支払いに使わなくてはいけない…と、こちらもなかなか現実的な数字ではありません。

一般人が元を取るのは無理:

もちろん、年に10回も20回も海外出張に行くような敏腕ビジネスパーソンや、毎週、銀座や六本木のレストランで食事をとるようなグルメな方、そしていつでもどこでもカード払いする富裕層の方であれば元が取れる可能性あります。

しかし、私を含め、海外になんて年に1回行けばいいくらいの中途半端な一般人だと、あれやこれやとアメックスプラチナを活用したところで年会費回収は無理な話。

  • 海外に頻繁に行くビジネスパーソン:元が取れるかも
  • 毎週、高級料亭で食事をとる美食家:元が取れるかも
  • 年数千万円を支出する富裕層:元が取れるかも
  • それ以外の方:元が取れる可能性は極端に低い

実際、私も過去5年以上アメックスプラチナを保有していますが、年会費分以上にサービスや優待を活用できた印象はないですね。完全な赤字です。

年会費で社会的地位を買うイメージ:

ではなぜ私はこのプラチナカードを赤字でも持ち続けているのか…というと、それはアメックスプラチナを持つとお金に換算できない価値が得られるから。

ざっくり言うと、ステータス性が高められるとか、社会的地位をあげる効果があるって感じでしょうか。

女性にモテたいとかという話ではない:

こう書くと『それって女性の前でアメックスプラチナを出して、俺は金持ちなんだぞ…ってアピールが出来るってやつでしょ?』と思われるかもしれませんが、そういう下世話な話ではありません(苦笑)

そうではなく、アメックスプラチナのほんとうの価値は、アメックスプラチナ保有者でしか経験できない特別な体験ができることや、普通であれば作ることができない人脈やコネが出来る点。

たとえるなら13万円+税という年会費を払うことで、人生ゲームにおけるサイコロを追加で1個もらえるようなものです(ドラクエで敵を倒した時に貰える経験値が2倍になるイメージでもある)。

社会的地位があがる実例をいくつか:

…と、さすがに抽象的な説明ばかりでは「?」かと思うので、少し具体的な実例も紹介させていただきます。

コネ無しでも一見さんお断りの店が使える:

ドラマや映画でよく登場する「一見さんお断りのお店」は、当然のことながら、お金も人脈もない人間がカンタンに予約できるお店ではありません。

しかし、アメックスプラチナを入手すればそういったお店でもコネ無しで予約できる可能性あり。

これって考え方次第ですが、アメックスプラチナの年会費を払うことによって「一見さんお断りのお店を予約できる権利」を得られるということですよね。

  • 普通の場合:
    一見さんお断りのお店を予約するためには、人脈を広げ、そのお店を予約できる人と繋がるしかない
  • アメックスプラチナ保有者:
    人脈やコネがない人でも一見さんお断りのお店を予約できる(取引先の接待等に利用することも可能)

これが私の思うお金に換算できないアメックスプラチナの価値。

うまく活用することで、周りから見たあなたの格付けは「一見さんお断りのお店を予約できる人」にランクアップすることでしょう(礼儀正しく利用すればお店とのコネが出来、自分名義で予約できるようにもなる)。

ホテルの上級会員になれる:

あと、アメックスプラチナを保有すれば高級ホテルの上級会員になれるというメリットも見逃せません(詳細は公式サイトにて)。

ホテル・メンバーシップ

通常では年間登録料もしくは年間数十泊が必要となるホテルグループの上級メンバーシップまたはVIPプログラムに、無条件でご登録いただけます。ご登録いただくと、お部屋のアップグレードなど様々な特典が受けられます。

  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「Radisson Rewards」Goldエリートステータス
  • 「シャングリ・ラ ゴールデンサークル」ジェイド会員
  • 「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」ゴールドエリート会員

こちらも本来であれば、マリオットやリッツカールトンといった高級ホテルをコツコツと利用した上でしかなれない特別資格。

これをアメックスプラチナの年会費を払うだけで入手できるわけですから、年会費を払うことは時間をお金で買う感覚に近いのかなと思います。

提案に価値を感じるかどうかも重要:

ついでにいうとアメックスプラチナで入手できるのは、資格や権利ばかりではありません。

前述のコンシェルジェサービスを利用することによって得られる「提案」に価値を感じるかどうかも重要な視点のひとつ。

たとえば台湾にあるミシュランガイド掲載レストランすべてを回ってみたい…という希望を持っている方が、自分でそれらの情報を調べ、お店に1件1件予約をし、その上で旅行ルートと宿泊先を決めていく…というのは途方もない作業量になりがちです。

しかし、アメックスのコンシェルジェサービスを利用すれば、台湾の情報に精通した専門家に最善のルートを決めてもらうことだって可能。

  • 自分で調査する場合:
    掲載レストランを調べ、お店に1件1件連絡をした上で旅行ルートや宿泊先を決めるしかない(非常に苦労するものの、現地事情を知らないがゆえの失敗も多い)
  • コンシェルジェに依頼する場合:
    現地情報に精通した旅行のスペシャリストが最善のルートを決めてくれる(お店やホテルの予約、交通手段の確保なども担当してくれる)。

この「提案」にどこまで価値を感じるか。私はここにも、お金には換算できない価値があると思ってます。

些細な提案にも価値がある:

まぁ、台湾にあるミシュランガイド掲載店をすべて周る…というのは極端な例ですけど、それ以外でもコンシェルジェの提案には価値がある場合が多いんですよ。

ハワイや韓国に旅行した際に、現地のおすすめレストランを提案してもらうとか、日本国内で母親の誕生日祝いに天ぷらの美味しいお店を提案してもらうなどなど、常に顧客の要望に応え続けているアメックスのコンシェルジェだからこそ出来る提案があると思うので、『自分にはその周辺&分野の知識がないなぁ…』と思ったらいろいろと聞いてみてください。

  • 無し:知識がないままお店を探すことに
  • 有り:コンシェルジェが推奨店を紹介してくれる

言うなれば自分にぴったりの提案をしてくれる、知識豊富な秘書を1人雇うようなものですね。ここに価値を感じるのであれば、あなたはアメックスプラチナを作るべきだと思います。

食べ放題における食べ方と近いものがある年会費:

全然関係ない話ですが、みなさんはバイキングやビュッフェといった食べ放題に行った時、払った金額の元を取りたいと思うタイプですか?

それとも、いろんな料理が少しずつ食べられることに価値を感じるタイプですか?

  • 元を取りたいタイプ:高い食材を選んだり、量を食べようと努力する
  • いろいろな料理を楽しむタイプ:少量ずつ色々な料理を食べて楽しむ

たぶん、アメックスプラチナの年会費に対する考え方も近いものがあって、元を取ってやろう…という方にはこのカードはやや不向き。

そうではなく、「こんなにもたくさんの料理を少しずつ食べられるなんて素敵」と思うその考え方こそが、アメックスプラチナを持つためには重要なのかなと思います。無理に年会費の元をとっても、幸せなことなどひとつもありません。

結局はアメックスのファンになれるかどうか:

f:id:cardmics:20180715140913j:plain

ここまで解説させていただいたように、アメックスプラチナは年会費の元が取れるカードかどうかでいうと微妙なカード。

しかし、年会費の元が取れていないにも関わらず私の中の満足度が高いカード、それがアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードであるとも言えるので、あなたがもし、あなたの人生をもっと素敵なものにしたいと思うなら是非、この機会にアメックスプラチナを手にしてみてください。

入手できればきっと、お金に換算できないたくさんの経験と価値を得られるものと思いますよ。アメックス流に言うなら『そう、人生には、これがいる。』です(笑)

以上、正直、アメックスプラチナには13万円もの年会費を払う価値があるのか?実際にアメックスプラチナを5年以上利用している専門家が解説…という話題でした。

参考リンク:

それでも尚、13万円+税もの年会費を払うのは厳しい…という方は、アメックスプラチナよりもひとつ下の階級グレードであるアメックスゴールドの作成を検討ください。

さすがにアメックスプラチナの質には敵いませんが、こちらのゴールドカードでもアメックスとはなんぞや…というものを体感できるはずです(サービス概要は下記記事も参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP