クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

アメリカン・エキスプレスには、レッドカードという赤いカードが存在!慈善団体への寄付ができるアメックスカードです(イギリスで発行)。

f:id:cardmics:20140519132041g:plain

ネタ探しにクレジットカードフォーラムを読んでいたら、アメリカン・エキスプレスのレッドカードを発見(アメリカン・エキスプレス・レッド・カード)。

  • How to get an American Express Red Card(ページはすでに削除済)

どうやらこのカード、イギリスでのみ発行されているカードで、利用金額に応じて慈善団体*1への寄付が出来る機能が備わっているようです(利用金額の1%が自動的に寄付。年間利用額が5,000ポンドを越えた場合には1.25%に寄付額が増額)。

アメックスのレッドカードについて:

Wikipediaにも掲載あり:

Googleで調べてみたら、Wikipediaにも記載ありました。

こちらに掲載の情報も前述のクレジットカードフォーラム経由のもののようで、それ以上の情報は書かれていませんでした(とはいえ、日本語訳のものがあるので引用)。

カードの原則は、そのカードで支出される度ごとに、総額の1%が世界基金(英語版)と呼ばれる基金に充てられるというものであり、AIDS、結核、マラリアの対策のため2002年に創設された。年間の支出総額が5000ポンドを超える場合、その割合は1.25%に増加する。

まぁどちらにせよ、アメックスのレッドカードはイギリスに在住の人のみしか発行できないクレジットカード。

日本国籍しか持たない日本人がこのレッドカードを入手するのはかなり難易度が高そうなので、『ふーん、そんなクレジットカードがイギリスにはあるのかぁ』と思っておけば大丈夫そうです。

追記:発行は停止されてそう

追記です。

アメリカン・エキスプレス社のレッドカードですが、どうやら2018年現在だと新規発行はもうしていない感じですね。

イギリス版のアメックス公式サイトを見てもその記述はありませんし、特設ページらしきURLもすでに転送設定がされてしまっているので、あくまでイベントやチャリティにあわせて一時的に発行されていたクレジットカードだったのかもしれませんね。

以上、アメリカン・エキスプレスには、レッドカードという赤いカードが存在!慈善団体への寄付ができるアメックスカードです(イギリスで発行)…という話題でした。

参考リンク:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについてもっと詳しく知りたい…という方は、審査難易度について書いた下記記事も参考に。

慈善事業への寄付は自動的に行われませんが、支払い等で貯めたポイントをそのまま寄付することは可能ですよ。

news.cardmics.com

*1:正確には慈善団体ではなく、基金ですね。

PAGE TOP