クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

Amazonが外部企業向けサブスクリプション決済の提供を開始!音楽配信や電話代など、継続課金をしたい外部企業に最適です。

f:id:cardmics:20181228172858j:plain

アメリカのAmazonが2014年6月9日より、サブスクリプション決済(継続的な支払い機能)を外部サイト向けに開放するサービスを開始したようです。

日本経済新聞が報じました。

Amazonがこの新機能を開始したのは現地時間の6月9日。

Subscribe and Saveは、Amazonのショッピングサイトで紙おむつや洗剤など日用消耗品の購入に利用されている。

今後は同様の決済方法を、携帯電話サービスの料金や音楽配信など、Amazonと提携している外部企業の月額制サービスで利用できるようになる。 

Amazonのサブスクリプション決済提供について:

定期的なクレジットカード決済システムの提供:

今回Amazonがスタートしたのは、自社モール内での物品販売における話ではなく、外部の音楽や動画などの配信サイト向けのサービスのこと。

すでにAmazonにて稼働中のクレジットカード決済システムを外部に提供することで、手数料を稼ごうというビジネスモデルを開始するという話です。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Amazonが外部企業から徴収する手数料は商品代金の2.9%および30セント。またAmazonが外部企業から得る購買情報は決済金額のみで、商品に関する情報は収集しないという。同様に、Amazonも外部企業に個人情報を提供しないとしている。

まぁざっくり言うなら、クレジットカード決済システム大手のPayPalと競合するビジネスモデルをAmazonが開始する形になります。

Amazonは2億4000万人の消費者のクレジットカード情報を持っており、Amazon側はこうしたユーザーが音楽ストリーミングや電話料金などの支払いにサブスクリプション決済を利用することを期待しているという。

日本でもいずれ提供されるかも:

尚、今回のニュースはあくまでアメリカのAmazonにおける話なので、日本企業がAmazonのサブスクリプション決済を導入できるかどうかはわかりません。

しかし、将来的に彼らは、豊富に保有しているクレジットカード情報を活用したビジネスモデルを展開していくことは間違いなさそうなので、日本にも必ず導入される可能性大。

今後どうなっていくかを含め、当サイト『クレジットカードの読みもの』ではその動向を追いかけて行きたいと思います。

以上、Amazonが外部企業向けサブスクリプション決済の提供を開始!音楽配信や電話代など、継続課金をしたい外部企業に最適です…という海外ニュースでした(英語によるリリースはこちら)。

参考リンク:

AmazonやPayPalだけでなく、iPhoneやiPadを利用したモバイル決済大手のSquareでもクレジットカード払いによる継続課金サービスを開始。

こちらは日本でも導入可能な仕組み&月額費用0円なので、塾代やレッスン代などの徴収に使いたいならこちらを検討ください(詳細は下記記事参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP