クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Amazon公式のクレジットカードはどちらがお得?獲得できるポイントのみで、2種類のAmazon Mastercardを比較してみた。

f:id:cardmics:20180716155107j:plain

Amazon公式のクレジットカードである、Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールド。

普通に考えればポイント還元率が2.5%と高めのAmazon Mastercardゴールドを作ったほうがお得なわけですが、残念ながらゴールドカードゆえに年会費も高額。

それじゃ年会費が実質無料になるAmazon MasterCardクラシックを作ったほうがいいのかというと、こちはポイント還元率が2.0%と見劣りしてしまうために、どちらを作るべきかで迷ってしまう…という方は多いと思います。

そこで今回は、獲得できるAmazonポイントのみでどちらのクレジットカードがお得かを徹底検証。

これからAmazonポイントの獲得目当てでAmazon公式カードを作りたい方は、是非、この記事を参考にしてもらえればな…と思います。

公式のAmazonカードを徹底比較:

2種類のAmazonカードを比較:

まず、Amazon公式クレジットカードである2種類を、わかりやすく表にして比較してみました。

比較項目 Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド
年会費 実質無料。年に1度も利用しないと翌年1,350円(税込)の年会費が発生。 1万800円(税込)
Amazonでのポイント還元率 1.5~2.0%(プライム会員になっている場合は2.0%、なっていない場合は1.5%) 2.5%
Amazon以外でのポイント還元率 1.0% 1.0%
プライム会員費 3,900円(税込)は自己負担 プライム会員費は無料
特記事項 特になし ネット明細利用で年会費1,080円が割引
公式サイト 公式サイト 公式サイト

ご覧のように大きな違いは年会費が発生するかどうかと、Amazonにおけるポイント還元率が0.5%ほど違うという点(Amazonプライム会員の場合)。

そのため、2枚のクレジットカードを単純にポイント還元率の差だけで判別する場合には、年会費分の負担をいかにポイント獲得でカバーできるかが重要になってきます。

年会費差はそこまで大きくない:

では、Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドにはいくら分の年会費差があるのかというと、単純に考えれば1万800円分まるごとがその差になります。

しかし、上記表をご覧のように、Amazon Mastercardゴールドには年会費の割引サービスやAmazonプライム会員費が無料になる特典があるため、実はそこまで大きな年会費の差があるわけではありません。

  • Amazon Mastercardゴールドの年会費:1万800円
  • Amazonプライム会員費:▲3,900円
  • ネット明細利用による割引:▲1,080円

差し引きの年会費負担は5,820円ほど。

つまりこの差額分だけポイント獲得が上回るようであれば、Amazon MastercardクラシックよりもAmazon Mastercardゴールドを持ったほうがお得という計算となります。

Amazon Mastercardゴールドの還元率表:

次に差額5,820円分を年会費として設定し、Amazon Mastercardゴールドのポイント還元率表を作ってみました。

Amazon Mastercardゴールドのポイント還元率表

Amazon Mastercardゴールドのポイント還元率表

このグラフで注目すべきはブルー色の「年会費を考慮した還元率」が、一体いくらの年間利用額から還元率2.0%を超えるのかという点。

ご覧のようにだいたい100万円を超えたあたりで実質ポイント還元率が2.0%を超えてくるので、Amazon.co.jpで年間100万円以上使うという方であれば、年会費負担を考慮してもAmazon Mastercardゴールドがお得であるということがわかります。

  • 年間100万円未満の利用:Amazon Mastercardクラシックのほうがお得
  • 年間100万円以上の利用:Amazon Mastercardゴールドのほうがお得

まぁ、ほとんどの方が年会費が実質無料のAmazon Mastercardクラシックを作ったほうがお得になってしまう可能性大。月間8~9万円もAmazonを使う人は、全体からすると一握りなんじゃないんでしょうか。

ゴールドカードゆえの特典は多い:

とはいえ、それじゃ絶対にAmazon Mastercardクラシックを作ったほうがお得かといえばそんなこともありません。

ゴールドカードであるAmazon Mastercardゴールドには手厚い海外旅行傷害保険&国内旅行傷害保険が付いていること、そして国内主要空港の空港ラウンジが無料利用できるなどの特典が備わっているので、飛行機に頻繁に乗るよ…という方なら多少損をしてもAmazon MasterCardゴールドを作ったほうがお得になることも。

  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピング補償:最高300万円

他にも『男たるもの1枚くらいはゴールドカードを持っておきたい!』という方にも、Amazon Mastercardゴールドはおすすめできる1枚になることでしょう。

Amazon Mastercardゴールドの発行&管理は三井住友カードなので、三井住友VISAゴールドカードと同等の使い勝手と安心さを得ることが出来ます(三井住友VISAゴールドカードの公式サイトはこちら)。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

どちらも家族カードの発行はできない:

Amazon公式のクレジットカードが残念だなぁ…と思うところは、Amazon Mastercardクラシック&ゴールドともに家族カードの発行が出来ないという点。

これじゃ家族揃ってAmazonで買い物をしている方はもちろん、Amazonプライム家族会員を利用している方にとっても使いにくくて仕方ないので、早めに改善してほしいデメリットだなぁ…と思います(家族であっても自分名義以外のクレジットカードは利用禁止)。

マイ・ペイすリボを使えばもっとお得だけど:

f:id:cardmics:20180716155107j:plain

最後に。

Amazon Mastercardゴールドにマイ・ペイすリボの設定をし、リボ払い専用のクレジットカードとして利用する場合には更に年会費が割引になり、差し引き420円のみで利用することが出来るようになります。

そのため、多くのクレジットカード情報サイトでは『Amazon Mastercardゴールドはマイ・ペイすリボの設定をして1回あたりの支払い金額を増やし、実質1回払い専用カードとして利用すれば実質420円のみの負担で使えるゴールドカードだ』といった説明をしているのですが、当サイト「クレジットカードの読みもの」ではそういった使い方はおすすめしていません。

  • 他サイト:マイ・ペイすリボ利用を推奨している
  • 当サイト:マイ・ペイすリボは推奨していない

リボ払いには危険がいっぱい:

この理由は単純で、マイ・ペイすリボを安易に勧めてしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまう危険性があるため。

下手すると年会費を節約した金額以上にリボ払いの金利を負担しなくちゃいけないこともありえますし、場合によっては借金が積み上がって自己破綻に繋がってしまう可能性もゼロではないので、あまりクレジットカードの仕組みに詳しくない方はマイ・ペイすリボを使わないようにしてもらえればな…と思います。

以上、Amazon公式のクレジットカードはどちらがお得?獲得できるポイントのみで、2種類のAmazon Mastercardを比較してみた…という話題でした。

参考リンク:

Amazonでの買い物で更にポイントを貯めたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。Amazon Mastercardゴールド以上に、Amazonでポイントを貯めることが出来る方法について解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP