クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Tポイントの牙城崩れる!スポーツ用品販売大手のアルペンがTポイント提携を終了し、楽天ポイント導入へ(スポーツデポ&ゴルフ5など)。

f:id:cardmics:20170717002231j:plain

スポーツ用品販売大手のアルペンが、2019年3月31日付けでTポイントとの提携を終了し、4月1日からは楽天ポイントの付与をはじめると発表しました。

アルペンの公式リリースよりの引用です(こちらこちらから引用)。

「Tポイントサービス」終了に関するお知らせ

スポーツ用品販売の株式会社アルペン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:水野敦之) は、2006 年 8 月より、株式会社 T ポイント・ジャパンが運営する共通ポイントサービス「Tポイント」を導入しておりましたが、2019 年 3 月末日をもってポイントの付与、利用ともにサービスを終了することとなりましたので、お知らせいたします。

アルペングループは楽天グループと提携し、「楽天ポイントカード」、「アルペングループ楽天カード」を導入いたします。

スポーツ用品販売の株式会社アルペン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:水野 敦之)は、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)ならびに楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之)と提携し、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」、ならびに提携クレジットカード「アルペングループ楽天カード」を 2019 年 4 月より導入いたします。

アルペンと楽天ポイントの提携について:

Tポイントよりも楽天ポイントを選択:

これでアルペングループの店舗である、アルペン、スポーツデポ、ゴルフ5では、2019年4月1日より楽天ポイントが貯まる楽天ポイント加盟店に変化。

  • 2019年3月31日まで:Tポイントが貯まる
  • 2019年4月1日以降:楽天ポイントが貯まる

アルペンいわく、今回の共通ポイントサービス鞍替えは包括的な楽天との提携を考慮して…とのことですが、Tポイント陣営にとってみれば大きな痛手になることは間違いありません。

楽天株式会社との提携について

お客様の消費行動が多様化する中において、いかにお客様のニーズを把握し、利便性の高いサービスを提供できるかということは今後のビジネスを進める上で重要な課題です。

今後、膨大な顧客データを活用し、成長していくために、ポイントプログラム、クレジットカード、EC 連携、施設予約など、多くの基盤を持つ楽天株式会社と包括的に提携することとなりました。

予測するに、今後は楽天市場における販売強化や、ゴルフ場予約サイトである楽天GORAとの提携を強めていくのでしょう。

気になるポイント還元率は0.5%程度:

ここで気になるのが、アルペンで楽天ポイントカードを提示した時に貯められる楽天ポイント数…ですが、こちらは200円(税抜)あたり1ポイントとなる模様。

  • 200円(税抜)あたり1ポイント獲得

これはTポイント加盟店である現在と変わらぬポイント還元率なので、アルペンとしては楽天ポイント導入後もそのままの還元率で行くようです。

アルペングループカードも鞍替え:

また、アルペングループがTポイントから楽天ポイントに鞍替えするのにあわせ、ジャックスと提携して発行していたアルペングループカードというクレジットカードも、楽天カード発行に変更。

「アルペングループ楽天カード」について

楽天カードと提携し、クレジットカード「アルペングループ楽天カード」を導入します。

どうやら年会費永年無料で発行してくれるようなので、アルペングループの各店をよく利用している方は作成を検討してもらえればなと思います(楽天ポイントカード提示で貯まるポイントに加え、楽天カード利用分のポイントも貯まる)。

楽天は楽天市場を持っているのが強い:

楽天ポイント陣営は楽天市場を持っているのが大きな強みですね。

先日も、楽天と大手家電量販店であるビックカメラが提携して『楽天ビック』が出来上がったばかり。たぶんんですが楽天とアルペンの提携についても楽天ビック同様に、楽天が通販事業を支援する形で進んでいくのではないかと思います。

そりゃまぁ、Tポイント陣営から離脱して楽天ポイントに鞍替えするよね…って感じ。提携クレジットカードもまるっと同一企業で発行できるメリットも、アルペンにとっては魅力的に映ったのでしょう(アルペングループカードはジャックス発行で、ポイント付与はCCCだと連動したキャンペーン実施が難しかった可能性あり)。

Tポイント一強時代の終焉へ:

f:id:cardmics:20180408180816j:plain

最後に。

今回のアルペンによる共通ポイントサービス鞍替えに限らず、Tポイントから脱退する動きが目立つ最近。

2018年には大手百貨店の伊勢丹がTポイント付与を廃止し、話題になったのは記憶に新しいですよね(詳しくは下記記事を参照)。

百貨店大手の三越伊勢丹が2016年5月25日より開始していたTポイント付与サービスを、2018年3月末日をもって終了する方針を表明しました。

ファミマとの提携も怪しい雲行き:

さらにTポイント最大の加盟店ともいえる、大手コンビニのファミリーマートとの提携についても雲行きが怪しい感じ。

過去にはファミマが独自のポイントサービスを始める…という動きが報じられただけでなく、それに加えて楽天やNTTドコモと提携して楽天ポイントやdポイントの付与をはじめるのでは?という観測も出てきています(引用はこちら)。

ファミリーマートは2020年までに、段階的にNTTドコモと楽天の共通ポイントサービスを使えるようにする。

ただこちらはあくまで日経新聞による憶測記事。ファミマが公式に発表した提携ではないので、今後、どのような形で決着するかはわからない…というのが唯一の救い…といったところです。

さてさてどうなることやらですが、楽天ポイントやdポイントの追い上げに対してTポイントが窮地に陥っていることは事実だと思うので、当サイト『クレジットカードの読みもの』では引き続き、今後の動向に注目していきたいと思います。

以上、Tポイントの牙城崩れる!スポーツ用品販売大手のアルペンがTポイント提携を終了し、楽天ポイント導入へ(スポーツデポ&ゴルフ5など)…という国内ニュースでした。

参考リンク:

Tポイントをもっと貯めたい…という方は、Tポイントカードの提示とカード決済でポイントが貯まるクレジットカードを作るのがおすすめ。

こちらであれば100円の支払いで2ポイント程度のポイント獲得も可能です。

news.cardmics.com

PAGE TOP