クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

防犯カメラのあるお店で他人のクレジットカードを不正利用すれば確実にバレる!それなのに安易なカード犯罪が減らないのは疑問です。

f:id:cardmics:20180512135729j:plain

またもや他人のクレジットカードを不正利用して、捕まった方がニュースになってしまいました。

今回の容疑者は52歳の医者です*1

訪問診療をしていた患者の男性(80)宅からクレジットカードを盗んだとして、警視庁昭島署は窃盗容疑で、東京都板橋区中丸町の医師(52)を逮捕した。

同署によると、「盗んだカードでペット用品や飲料水を買った」と容疑を認めている。

カードは不正利用してもすぐバレる:

なぜバレると思わないのだろうか?

いやね…こういうニュースをみた時に疑問に思うのが、防犯カメラがきちんと付いたコンビニやホームセンターといった場所で、盗んだクレジットカードを使おうとする方は何を考えているのか…という点。

ご存知のようにクレジットカードは利用時間や買い物金額などが丸わかりになる決済手段ですからね。不正利用された日時と、防犯カメラに記録されている時間を照合すれば誰が不正利用したかなんてラクラク判別できてしまいます。

自宅近くで利用するという落ち度:

しかも今回の容疑者はこれを自宅近くの実店舗で利用してしまってますからね。警察にあえて、近所に住んでますよ~というのを教えてあげるようなもんです(苦笑)。

  • 不正利用された時間の防犯カメラをチェックするだけで、すぐに不正利用した犯人は丸わかり。そしてクレジットカードを盗まれた方に防犯カメラの映像を見せれば、盗んだ犯人が誰なのかもすぐ判明。

ほんとバレないと思うほうが可怪しい話となります。

医師ならそのくらいわかるはず:

それに医師になれるくらいに頭の良い方であれば、少し考えることでその危険性がわかりそうなものなんですけどね。

それでもクレジットカードの不正利用に挑戦してしまうのは、お金にそれだけ困っているのか、それとも飽くなき探究心なのかはわかりませんが、現実は挑戦するだけ無駄で間違いなし。

仮に頭に不正がよぎったというそこのあなたも、素直に不正利用は諦めてもらえればな…と思います(十中八九、逮捕され、実名報道されるだけです)。

以上、防犯カメラのあるお店で他人のクレジットカードを不正利用すれば確実にバレる!それなのに安易なカード犯罪が減らないのは疑問です…というボヤキでした。

くどいようですがみなさんはたとえ道端でクレジットカードを拾っても、絶対に悪用しないようにしてくださいね。使えばすぐに捕まりますよ!

参考リンク:

自分が保有しているクレジットカードを不正利用されたらどうなるのか…という点については下記記事を参考に。

基本的には盗難保険がついている以上、100万、200万といった金額を不正利用されても実損は0円で済みます。

news.cardmics.com

*1:ニュース原文は実名報道になっていましたが、拡散防止のためにもその部分だけ文章を改編させてもらいました。特定の個人を批判する目的の記事ではありません。

PAGE TOP