クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカードを作ったことがない30代は、入会審査に通りにくい…というのはホント?審査に落ちやすい理由と現状を解説します。

f:id:cardmics:20170804194359j:plain

過去にクレジットカードを1枚も作ったことがない30代の方が、クレジットカードを作成しようとすると審査になかなか通らないことがある…そんな話を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は『なぜ審査に落ちやすいのか』という理由と、現在でもそんな傾向があるのかどうかについてわかりやすく解説。

未だにクレジットカードを申し込んだことがない30代の方は是非、参考にしてみてくださいね。

カードを持ったことない30代のカード審査:

なぜ作成履歴のない30代は審査に落ちやすい?

30代になってから初めてクレジットカードを申し込むと、なぜ入会審査で落とされてしまうことが多いのか?それは『20代の頃に自己破産をした方と、同じ信用状態に見えてしまうため』です。

詳しく説明しますね*1

あまりご存知ないかとは思いますが、みなさんがクレジットカードや消費者金融、そしてショッピングクレジットと呼ばれるような分割払いを利用した履歴というのは、「個人信用情報機関」というちょっとむずかしい名称の場所で一元管理されている状況あり。

たとえばAさんは5社のクレジットカードを利用中で100万円の未払残高があり、Bさんは消費者金融3社と自動車ローンを利用中といった情報が、個人信用情報機関という情報センターでは登録&管理されているのです。

あなたのカード利用歴は金融会社間で共有されている

あなたのカード利用歴は金融会社間で共有されている

保有歴がない人がカードを作りにくい理由:

そんな個人信用情報機関にて記録されるデータは原則、5年程度保管されるんですが、過去にクレジットカードを作ったことがないという方は当然ながら、その情報センターに一切のデータが存在しません。

  • 過去にカードを作ったことがない人:登録データがない人

そのため、まっさらな「スーパーホワイト(記録がまったくない真っ白な人という意味)」と呼ばれる状態になります。

5年経てば自己破産情報すら消える:

対して20代の頃に自己破産をした方は、自己破産後、クレジットカードの発行も消費者金融の利用もできなくなる…というのはみなさんご存知の通り。

これは個人信用情報機関に『この人は自己破産をしましたよー』という情報が登録されてしまうためで、その情報を見たクレジットカード会社や消費者金融は、この人はお金を貸しても返してくれない利用者だ…と判断し、お金を貸さないようにするのです(貸しても返ってこない可能性が高い方にはお金は貸せません)。

しかし前述のように、個人信用情報機関で情報が管理されるのは5年程度。

  • 自己破産から5年以内:自己破産の履歴あり
  • 自己破産から5年経過:原則、自己破産の履歴が消える

この期間が経過すれば個人信用情報機関に登録されたデータは自動的に削除されるため、過去に自己破産をした方についても登録上はまっさらな状態、つまりスーパーホワイトになってしまうのです。

自己破産した人と見た目が一緒になる:

つまり20代で自己破産して5年間、現金払いで生活してきた人と、30代で過去にクレジットカードを作ったことがない人は、個人信用情報機関上では全く同じ

どちらも真っ白な状態で利用履歴がない状態なので、カード会社は『この30代のカード発行希望者はもしかしたら、過去に自己破産した人なんじゃないのか(カードを発行したら大変なことになるんじゃないか)?』と疑い、カードを発行することを躊躇することがあるのです。

これが30代までクレジットカードを作ったことがない人が、クレジットカードを作りにくくなってしまう原因。

結果、年収も職業も問題のない30代が、年会費無料クレジットカードなどの審査で落とされてしまうことになる…というわけですね。

現状でもまだカードを作りにくいのか?

f:id:cardmics:20170525225541j:plain

では、現在でもスーパーホワイト状態の30代はクレジットカードを作りにくいのか?というと、実はそんなこともありません。

この理由は非常にシンプルで、ごくごく一般的な生活をしている方であればほぼ必ず、個人信用情報機関に登録データが存在するためです。

携帯を分割購入してると信用情報あり:

一番多いと思われるのは、携帯電話の購入。

最近では一括払いで携帯電話を購入することは稀で、ほとんどの方が毎月の利用代金と携帯電話代を相殺する形で分割払いしていると思います。

これが実は個人信用情報機関に登録される『割賦販売データ(分割払いでモノを購入したよというデータのこと)』になるため、たとえ過去にクレジットカードを作ったことも借金をしたこともない方であっても、普通に個人信用情報機関に登録されている可能性が高いのですね。

  • 過去:登録情報がなく、真っ白なことも多かった
  • 最近:なんらかの形で登録されるような支払いをしているもの

他、車のローンや住宅ローン、学習教材やエステの分割払いなんかも、登録情報になりえる情報。

それらの支払いを遅れることなくきちんと払っているという30代の方であれば、問題なくクレジットカードも作れるので安心してください(初めてのクレジットカード作成は下記記事も参照に)。

news.cardmics.com

携帯電話を購入していない方も大丈夫:

反面、携帯電話は一括払いで購入しちゃうという方や、中古携帯を長く利用している…という方の場合には、30代でもスーパーホワイト状態である可能性も。

それならやっぱり自己破産をした方と同じように扱われて、クレジットカードを作りにくい状態にあるのでしょうか?

こちらも一昔前とは異なり、年会費無料のクレジットカードであればスーパーホワイトな方でも作れるようにはなってきています。

さすがにいきなりゴールドカードやプラチナカード…というのは難しいですが、クレジットカード審査に通るか不安なら、まずは年会費無料カードから作っていってもらえればと思います。

その後、どうしてもゴールドカードやプラチナカードといった高ステータスなクレジットカードが欲しいのであれば、年会費無料カードを半年程度、しっかり利用した後に申し込めばOK。

正社員や会社役員の方ならそれだけで、ステータスカードの入手は難しくないことでしょう。

以上、クレジットカードを作ったことがない30代は、入会審査に通りにくい…というのはホント?審査に落ちやすい理由と現状を解説します…という疑問解決記事でした。

参考リンク:

お得な使い方やポイントの貯め方などなど、他にもっとクレジットカードの基礎知識を学びたいという方は下記ページを参考に。

クレジットカードの専門家がわかりやすく、活用方法などを解説していますよ。

news.cardmics.com

*1:わかりやすく説明するため、例外をざっくりと除いて書いています。

PAGE TOP