クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ダイナースクラブの基礎知識&最新ニュースがわかる記事一覧

ダイナースクラブの銀座ラウンジが移転へ!引越し先のラウンジは席数が2倍以上で且つ、プレミアムカード専用のエリアも新設されるようです。

銀座ダイナースクラブカードやダイナースクラブ プレミアムカード保有者であれば無料で利用することが出来たダイナースクラブカードの銀座ラウンジ。 この銀座ラウンジが席数2倍になってリニューアルされる予定があるようです。ダイナースクラブが公式情報と…

保有するブラックカードの利用限度額が、わずか100万円だという話。その辺の年会費無料カードにも下手したら負ける金額です。

なんとも情けない話ではありますが、私が保有するダイナースクラブ プレミアムカードというブラックカードの利用限度額は、現時点でわずか100万円です*1。 ダイナースクラブ 公式サイト まぁ、ここでは書けない諸事情もあるのでこの限度額でも仕方ないところ…

銀座・有楽町で働いている方なら、高級ラウンジを無料利用できる「銀座ダイナースクラブカード」がおすすめ。ドリンクやお菓子が無料です。

銀座の中心街、アルマーニが入っているビルの5階に、限られた会員向けのくつろぎスペース「銀座ラウンジ」が存在します。 この銀座ラウンジを利用するためには従来、最高峰クレジットカードのひとつである『ダイナースクラブ プレミアムカード』が必要だった…

個人事業主がダイナースクラブカードの審査を突破するのは難しい!但し、ビジネスカード作成という入会審査の抜け道はあります。

今なお、入会審査のハードルが高いと噂されるダイナースクラブカード。 収入の高い正社員や会社役員などであれば比較的容易には作成できるようになってきたものの、まだまだフリーランスなどの個人事業主には入手が難しいクレジットカードですよね。 安定し…

ダイナースクラブのブラックカード保有者であれば無料で使える銀座ラウンジの混雑を見て、ブラックカードの審査難易度が下がったことを知る。

ダイナースクラブのブラックカードである「ダイナースクラブ プレミアムカード」*1。 ダイナースクラブ 公式 このクレジットカード保有者であれば誰でも無料で利用することが出来るラウンジ(休憩所みたいなもの)が銀座の中心地にあるのですが、ここが最近…

ダイナースクラブの入会キャンペーンがお得!今ならわずかな年会費負担で、ダイナースクラブカードを入手することが可能です。

現在、ダイナースクラブカードでは、入会+利用で1万5,000ポイントが貰えるお得なキャンペーンを実施中。 ダイナースクラブカード 公式 そこで今回ではこの入会キャンペーンの概要や、それを上手に活用する方法をまとめてみたいと思います。『いつかはダイナ…

ダイナースクラブカードが『海外に行くなら他のVISAカードを持っていったほうがいいよ』という謎の公式リリースを発表。意図は何?

大手クレジットカード会社のひとつであるダイナースクラブカードが、2016年11月16日付で不思議な公式リリースを発表しているので、今回はそれを紹介させていただきます。 海外に渡航の際は、万が一ダイナースクラブカードをご利用いただけない場合に備え、現…

500店以上もの高級フレンチレストランが5,000円で堪能できる、ダイナースクラブ フランス レストランウィークが今年も開催決定!

500店舗以上もの有名&新鋭フレンチレストランが、わずか5,000円という価格で堪能できる人気イベント、『フランス レストランウィーク』が2016年も開催されるようです。 タイトルスポンサーであるダイナースクラブ側が公式サイトにて発表しました(こちらよ…

ダイナースクラブカードのポイント制度には、有効期限が存在しない!じっくりとポイントを貯めていきたい方におすすめです。

ダイナースクラブカードを利用して貯めることが出来る『ダイナースクラブ リワードプログラム』には、ポイントの有効期限がありません。 ダイナースクラブ 公式 そのため、セゾンカードの永久不滅ポイント同様、1年かけてポイントを貯めようが、10年かけてポ…

ダイナースクラブカード払いでふるさと納税をするなら、8月19日までにやっておこう。ポイント還元率が変更&改悪になります。

2016年8月20日より、ダイナースクラブカードにおいて一部加盟店のポイント倍率が変更になるようです(200円につき1ポイントに改悪)。 ダイナースクラブ 公式 主に変更になるのは下記の通り。Yahoo!公金払いやふるさと納税、電力会社への支払いが中心…といっ…

ダイナースクラブカードがついにICカード発行へ!2016年5月以降からICチップ付きのクレジットカードに切り替わるようです。

ダイナースクラブカードがついに、ICチップ搭載カードへと舵を切る用です。 ダイナースクラブカードが公式サイトにてその予定を発表しました(公式サイトより引用)。 当社では、会員の皆様からのご要望が多かったICカードの発行を開始する準備をすすめてい…

シティカードジャパンの社名が三井住友トラストクラブ株式会社に本日付で変更!同時にカード券面からcitiマークも無くなりました。

日本におけるダイナースクラブカードや、シティカードの発行&管理を行っていたシティカードジャパン株式会社が、2015年12月14日付けで三井住友トラストクラブ株式会社に社名変更となりました。 ダイナースクラブ公式サイトより引用させていただきます(引用…

ダイナースクラブ プレミアムカード会員が利用できる銀座ラウンジに来たら、利用規約がちゃんと三井住友トラストクラブに変わっていた。

今回の話題はよほどのクレジットカードマニアではないと全く興味もない話題かも…ですが、先ほど、ダイナースクラブの銀座ラウンジに来てみたら、利用規約やWi-Fi接続設定の用紙などがすべてシティカードジャパンから三井住友トラストクラブに変更になってい…

ダイナースクラブカードの券面からcitiのロゴが消える!三井住友トラストクラブ株式会社への発行会社変更に伴った措置です。

日本国内におけるダイナースクラブカードの発行&管理がシティカードジャパンから三井住友トラストクラブ株式会社へと変更になることを受け、ダイナースクラブカードの券面が一部、変更となるようです。 ダイナースクラブ 公式サイト ダイナースクラブが公式…

ダイナースクラブカードが、マイナンバー制度に伴う対応を公開。カード会社としてはマイナンバーの把握は不要と考えているようです。

ダイナースクラブカードが2015年10月27日付けで、マイナンバー制度に伴う対応を公開しました。 この告知によると、クレジットカード会社としてはそもそもマイナンバーを把握&利用することが出来ないため、マイナンバーの記載のない書類を送ってほしい旨が記…

日本におけるダイナースクラブカードの発行会社は、今後、シティカードジャパンから「三井住友トラストクラブ株式会社」に変更へ!

まだ株式譲渡が終わっていないようですが、2015年中、もしくは2016年のはじめにも、日本におけるダイナースクラブカードの管理&発行会社名が変更になるようです。 三井住友トラスト・ホールディングス株式会社がニュースリリースにて報じました。 発行会社…

ダイナースクラブは三井住友信託銀行が買収することで正式決定!シティグループとシティカードジャパン買収で合意したようです。

ダイナースクラブは結局、噂通り三井住友信託銀行が買収することで正式決定したようです。新聞各社が揃って報道しました(いくつか引用します)。 三井住友信託銀:「ダイナース」買収 米シティと合意(当該記事はすでに削除済) 三井住友信託銀行は31日、…

ダイナースクラブブランド(日本国内)は、三井住友信託銀行が買収へ!国内会員40万人を400億円で買い取る形になるようです。

2014年末より話題になっていたシティカードジャパンの売却話ですが、最終的にはどうやら三井住友信託銀行が約400億円という金額で買収する形になるようです。 大手新聞各社が揃って報道しました。 三井住友信託銀、「ダイナース」買収へ最終調整 : 経済 : 読…

ダイナースクラブカードで競馬の1口馬主になろう!サンデーサラブレッドクラブの出資金がクレジットカードで支払い可能です。

ダイナースクラブカードの公式サイトを確認していたら、競馬の1口馬主に関する募集案内が出ていたので今回はそちらを紹介させてもらいます(2015年募集馬 特別入会登録受付開始 詳細はこちら)。 6月より募集するサンデーサラブレッドクラブ所属馬を40口に分…

ダイナースクラブ売却の話は、三井住友信託銀行がシティバンク銀行からクレジットカード事業を買い取る形で決まりそうです。

2014年中頃から話題になっている、日本国内のダイナースクラブブランド身売り話。 もう半年以上もどこが買収するのか?と話題になっていましたが、これについてはどうやら三井住友信託銀行がシティバンク側との最終交渉に望んでいる可能性が高い…という情報…

ダイナースクラブカード保有者なら、東京ミッドタウンのスケートリンクが完全無料で利用可能!しかも2時間の無料駐車券付きです。

2015年3月8日までの期間限定企画ではありますが、ダイナースクラブカード保有者であれば現在、東京ミッドタウンのスケートリンクが無料で利用可能。 つまり、タダでスケートが楽しめるってことなので、ダイナースクラブカードをお持ちの方は是非、遊びに行っ…

ダイナースクラブカードが身売りされたら、貯めたリワードポイントはどうなるの?ダイナースブランド売却後のサービス変更について。

そろそろ現実のものになりそうなダイナースクラブカードの身売り。 ダイナースクラブカード 公式 実際には日本におけるダイナースクラブブランドを管理しているシティカードジャパンの売却…がこれに当たるのですが、仮にこれが実行されてしまった場合、どの…

シティバンク銀行の個人向け業務は、三井住友銀行が買収へ!シティバンクの資産運用などのサービスは当面、現状維持されるようです。

個人向け業務を売却する意向を示していたシティバンク銀行は、どうやら三井住友銀行に対して売却する意向を固めたようです。12月中旬にも正式決定するのではないか?と朝日新聞が報道しています。 シティ個人向け業務、三井住友銀に売却 来週にも合意 シティ…

シティバンク銀行のロゴが入ったダイナースクラブカードは、シティバンク日本法人の売却でどうなるのか?カード事業も売却の意向です。

日本国内におけるシティバンク銀行の個人向け業務売却が、着々と進められていますね。ご存知ないという方はまず、こちらの記事を読んでみてください。 シティ、個人業務売却にカードもセット 3メガなど応札=関係筋 売却対象となる個人向け事業は、預金量約…

5,000万円の現金があれば、ブラックカードはインビテーション不要で申込が出来る!シティバンク ダイナースクラブ プレミアムカード

photo by Theen ... ※こちらの記事で紹介しているシティバンク ダイナースクラブ プレミアムカードは、シティバンクの銀行事業がSMBC信託銀行に売却されてしまったことにより、名称が「SMBC信託銀行 ダイナースクラブ プレミアムカード」になりました。 そし…

国際ブランドとして謎が多いダイナースクラブ!日本国内におけるダイナースクラブカード発行は、シティカードジャパンが担当しています。

photo by danielfoster437 常日頃からクレジットカード関連のニュースを読み、情報を調べている私でも、正直なところよくわからないのがダイナースクラブカード。 この国際ブランドが今、どこの企業が管理をして発行しているのか…というのがかなり曖昧なんで…

ダイナースクラブカードの年会費が大幅にアップ!空港駐車場を無料利用できるサービスなどを新たに追加し、よりステータス性の高いカードに。

ダイナースクラブカードの年会費が、大幅に値上げされるみたいですね。今まで年間15,000円だった年会費が7,000円アップし、22,000円に改定となります。 ダイナースクラブカード 公式 長年、ダイナースクラブは年会費をそのままにステータスカードとして会員…

PAGE TOP