クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

マネー雑誌で裏ワザとして紹介されていた『クレカを現金化する手段』がエグい!雑誌の中でなら迷惑行為を奨めていいわけではありません。

f:id:cardmics:20170622214214j:plain

本日、とあるマネー系の裏ワザを集めた雑誌を読んでいたんですが、その中にかかれていた『クレカを現金化する手段』という項目がエグいなぁ…と思ったので、その感想を書かせていただければなと思います。

基本的にこの手法をブログで紹介した日には100%炎上すると思うんですが、裏ワザ本には載せてもOKみたいな業界の常識でもあるんでしょうかね?ほんと疑問です。

クレカを現金化する手段とは?

まず、実践しようにも面倒で実践する人なんていないと思うので、マネー雑誌に書かれていた現金化の手法を紹介します。

  1. クレジットカードで電子マネーをチャージ
  2. その電子マネーを使ってネットショップで購入
  3. 商品を受け取った後、返品する
  4. すると返品に対しての返金は「現金」でされるので現金化完了

念のため、書かれている文章も転載*1。本来は引用元のリンクを貼っておくのが正しい引用方法なんですが、当記事そのものが否定的な記述になってしまっているので敢えて雑誌名は伏せておきます。

ショッピング枠を現金化するのは、クレジットカードのしくみ上問題がある。故意に行っていることが知られればカードが失効することもあるだろう。

ただ、そうした危険を回避するのは完全に無理ではない。その方法とは、間に電子マネーを挟むという方法だ。

ただクレカで電子マネーにチャージし、払い戻してもらうのは、電子マネーの利用規約上難しい。そこで、いったんその電子マネーで何かしら買いものをし、返品する。たいていのネットショップは、返金は現金で対応するため、これにより間接的にクレカのショッピング枠が現金化できる。また、この方法ならショップのポイントなども現金化することが可能だ。

とはいえ、いずれこの方法も問題になるかもしれない。あくまで自己責任で行って欲しい。

すべての取引相手に対して迷惑極まりない:

お読みいただいたようにこの手法、確かにそのままショッピング枠を現金化するよりはクレジットカードの規約違反にならないのかもしれませんが、これを本気で実践する人がいたら私だったらその神経を疑います。

なにせ実践するためには通販サイト、配送業者、製造メーカー、クレジットカード会社、電子マネー管理会社すべてに対して損害を与える必要性がありますからね。

  • 通販サイト:商品の配送料や商品そのものが痛む、電子マネーの加盟店手数料を負担しなくてはいけない
  • 配送業者:必要のない配送をして負担が増える
  • 製造メーカー:売れたはずの商品が返品されてきて困る
  • カード会社:ショッピング枠を現金化目的で使われてしまう
  • 電子マネー会社:現金化目的で電子マネーが使われてしまう

いや、迷惑になるだけじゃなく、意図的に通販サイト側に損失を与えたとして捉えられた場合には刑事罰の対象となる可能性すらありえるので、どんなにお金に困っても、人として絶対にやらないようにしてください。下手すると拘置所のお世話になりますよ。

現金化にお世話になるくらいお金に困ったら:

ちなみに、ショッピング枠の現金化にお世話になるくらいお金に困ったら、素直に債務整理(自己破産や任意整理)を検討するのがおすすめ。

現金化業者だけでなくヤミ金にまで手を出すようになったら、あなた1人ではなく家族や友人、会社にも迷惑がかかること間違いなしなので、どんな場合も手を出さないようにしてください。

仮にヤミ金を利用することで借金返済から一時的に逃れらたとしても、その後には「地獄」が待っていますよ。

news.cardmics.com

雑誌の中でだって迷惑行為推奨はダメ:

f:id:cardmics:20170519214124j:plain

こんな感じで今回読んだマネー雑誌にはエグすぎる現金化手法が紹介されていたわけですが、雑誌の中だからといって他社に損失を与える行為を奨めていい…ということはありません。

特にクレジットカードの現金化については社会的な問題になっているものでもあるので、「一部の人にしか読まれないから」という理由でそのような行為そのものを推奨するのだけは辞めてほしいなぁ…と心から思います。

以上、マネー雑誌で裏ワザとして紹介されていた『クレカを現金化する手段』がエグい!雑誌の中でなら迷惑行為を奨めていいわけではありません…という話題でした。

今回紹介した現金化の手法は文中でも書いたとおり、実践しようにもなかなか実践できるものではありません(ネットショップで電子マネー払いを使える人がどのくらいいるかという話)。また、そこまで知識がある人ならこの方法を使わなくても現金化くらいカンタンに出来てしまうものでもあるので、問題提議をするためにも記事にさせてもらいました。

参考リンク:

『えっ?でもお金に困っているから現金化業者を使ってもいいよね?』という方がいたら、下記記事も参考に。クレジットカード現金化ビジネスを使う上での問題点をまとめています。

news.cardmics.com

*1:こうやって引用してみるとわかるのですが、「ただ」という言葉が2回も連続して登場しているところをみると、ろくに校正もされていないのかもしれませんね。

PAGE TOP