クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

予定納税くらい、クレジットカード払いが出来るようにして欲しい!カード払い可なら、所得税の納付率もあがるはずです。

http://www.flickr.com/photos/46275835@N00/414669012

photo by dizznbonn

ただの願望というか愚痴に近い記事なわけですが、予定納税の支払いにクレジットカードが使えるようになったらすごく便利だな~と思う最近。

ポイント目当て…というのは否定しませんが、なにより銀行口座引き落としが出来ずにムダに延滞税を取られるのを避けることが出来るのってすごい魅力。もちろんそうなれば税金を徴収する側としても納付率があがるため、納付側と徴収側の両方にメリットがあると思います。

自動車税や国民年金は払えるのに:

それに今や、自動車税*1や住民税、固定資産税、国民年金などについてはクレジットカード払いが導入されはじめているので、予定納税がカード払いできない理由にはならないはず。

クレジットカードの加盟店手数料だって国が業者と契約すれば、1%ちょっとの手数料のみでカード払いを導入できるはずですからね。それほど高コストとは思いません(むしろ回収コストを少なく出来る分、メリット有りかと…)。

しいて言うのであれば、高額納税者は予定納税だけで1,000万円単位で納税することになるので、クレジットカード払いが出来ない…という点があることくらい。まぁ利用限度額以上に予定納税しなくちゃいけない方は稀だと思うので、そういった方は従来通り、銀行口座振替で納税してもらえればOKなはずです。

早めの導入をお願いしたい:

http://www.flickr.com/photos/9731367@N02/6984657584

photo by Philip Taylor PT

ほんと年度末の所得税支払いと合わせて、早めにクレジットカード払いに対応してほしいです。そうすれば少しは…税金を払う楽しみみたいなものを感じることが出来るかもしれませんね。

以上、予定納税くらい、クレジットカード払いが出来るようにして欲しい!カード払い可なら、所得税の納付率もあがるはずです…という話題でした*2

参考リンク:

クレジットカードで支払うことができる公共料金については下記記事をご覧ください。電気代やガス代をクレジットカード払いするメリット&デメリットについてもまとめています。 

news.cardmics.com

*1:東京都や大阪府などの一部の自治体で自動車税のクレジットカード払いが導入されています。

*2:尚、nanacoを組み合わせることで間接的にクレジットカード払いすることは出来ますが、それは少額な税金のみで所得税納付や予定納税には対応できません。

PAGE TOP