クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自分の誕生日をキャッシュカードの暗証番号にすると、どんな危険があるのかまとめ。最悪、全財産を失うどころか借金を背負います。

pin pad

これだけいろいろなところで「誕生日の4桁を暗証番号にするのは危ない!」と言われている状況でも、未だに銀行キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号を自分の誕生日に設定している方は多いもの。

今回はそういったリスク対策が出来ていない方向けに、なぜ暗証番号を自分の誕生日にするのが問題なのか?という危険性について記事を書いてみたいと思います。もし未だに銀行キャッシュカードの暗証番号を誕生日にしている…なんて方がいたら、是非、この機会に面倒かもしれませんが、重い腰を上げて変更してみてくださいね。

誕生日を暗証番号する危険性まとめ:

1.盗難・紛失時に預金を盗まれやすい:

まずはこれ。キャッシュカードを紛失・盗難されてしまった際に、あなたの預金が容易に盗まれてしまうという点です。

やはり「暗証番号は誕生日の4桁に設定してる人が多い」という傾向は、悪意のある方であれば誰しもが知ってる情報。そのため、盗んだキャッシュカードの暗証番号がわからないときは、とにもかくにも誕生日の4桁から入力するそうです。

この際、誕生日以外の暗証番号を設定している方であれば仮にキャッシュカードを盗まれたとしても難を逃れることが出来ますが、誕生日4桁に設定している方はそれでジ・エンド。大切に貯めたお金であっても、容赦なく盗まれてしまうことでしょう。

  • 暗証番号を誕生日4桁:盗まれた時の危険性が高い
  • 暗証番号をそれ以外の4桁:盗まれてもまだ安心

2.キャッシングもされてしまう:

「銀行口座になんていつもちょっとしかお金が入ってないから、盗まれても別にいいよ。財布を落とすようなもんだ。」と思う方もいるかもしれませんが、最近ではクレジットカード機能やカードローン機能がついたキャッシュカードも増えてきているため、預金全額が盗まれるだけでは済みません。

最悪の場合にはキャッシングによる借金までされてしまう可能性もあるので、絶対に暗証番号を誕生日4桁にするのは避けてください。預金を失うだけでなく、重い重い借金を背負わされることになります。

3.好き勝手に買い物をされる可能性も:

「いやいや、俺のキャッシュカードにはクレジットカード機能とかは付いてないし、ATMで降ろせる金額に限度額がついてるから大丈夫。」なんて方も要注意。

キャッシュカードはJ-Debit(ジェイデビット)と呼ばれる支払い手段として利用可能なので、暗証番号4桁が漏洩しているのであればそれだけで家電量販店等で買い物も出来てしまいます。

また、キャッシュカード付帯のクレジットカード機能についても同様ですね。キャッシング機能がいくら0円に設定されていても、暗証番号が漏洩してしまっていたら好き勝手に買い物が出来てしまうので、損害額は青天井です。

暗証番号=誕生日はとにかく危険:

Pin pad

ここまで3つの危険性を紹介しましたが、実はこれらの危険性というのは暗証番号を誕生日等のわかりやすい4桁の数字にしているための問題ばかり。

というのも、キャッシュカードの盗難にしろ紛失にしろ、本来、第三者から推測しにくい暗証番号に設定していた場合には、預金者保護法という法律によって守って貰うことが出来るからです。これは仮に暗証番号が悪意のある第三者に勘で当てられてしまったとしても…です。

  • 暗証番号は誕生日:預金を引き出されたらほぼアウト
  • 暗証番号が推測しにくい数字:預金を引き出されてもまず問題なし

参考までに愛媛信用金庫のウェブサイトより、そのあたりの記述を紹介。注目してほしいのは「原則として補償されます」という表記です(100%補償されるわけではないということ)。

平成18年2月10日から「預金者保護法(偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律)」が施行され、偽造・盗難カード等を用いたATMからの不正な預金払戻し被害について、原則として補償されます。

暗証番号=誕生日は重大な過失かも:

ではどういったときに預金者保護法で補償されないことになるのか?これはもうおわかりですね。暗証番号=誕生日である場合です。

【「本人の過失」となりうる場合の例】

金融機関から生年月日等の類推されやすい暗証番号から別の番号に変更するよう個別的、具体的、複数回にわたる働きかけが行われたにもかかわらず、生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバーを暗証番号にしていた場合であり、かつ、キャッシュカードをそれらの暗証番号を 推測させる書類等(免許証、健康保険証、パスポートなど)とともに携行・保管していた場合

いくつか条件がありますが、とにかく銀行側より「暗証番号は推測されやすい番号にしないでね!」と言われているにも関わらず、未だに誕生日を暗証番号にしている方はズバリこれに的中。

その他、

  • 自宅の住所・地番
  • 電話番号
  • 勤務先の電話番号
  • 自動車などのナンバー

などに暗証番号を設定していると、他人から推測されやすい暗証番号になってしまうので、問題視されるようです。

類推しにくい番号にすればまず問題なし:

反面、これは逆にいえば推測しにくい番号に設定しているだけで「本人の過失」に当たらない行為になるため、キャッシュカード紛失によって1,000万円盗まれようが1億円盗まれようが安心…と捉えることも可能。

まぁほんとはもっと様々な条件があるんですが、被害額をとにかく自己負担したくなければ、誕生日等を暗証番号にしないことが重要なのです。

それでも75%は戻ってくる可能性:

ちなみに、それでも銀行の預金者は守られているんですよね。

預金者保護法では、前述の誕生日を暗証番号にしていた場合には「重大な過失」ではなく「過失」にあたる行為。そのため、暗証番号を誕生日に設定している方でも、被害額の75%は補償されることになっています。

「重大な過失」がある場合

  • 偽造、盗難カード被害とも補償されません

「過失」がある場合

  • 偽造カード被害は全額補償されます
  • 盗難カード被害は75%が補償されます

但し、あくまでそれは「キャッシュカード紛失による預金の被害額」について。預金者保護法が対象としているのは、銀行の預金残高にあたる部分なので、クレジットカードのキャッシングやカードローンの新規借入等の被害額についてはこの限りではありません。

やはり暗証番号は他人から類推しにくい番号にするのがベストですし、その番号はたとえ家族であったとしても絶対に教えないようにしてもらえればと思います。あくまで自分自身のみが知る番号=暗証番号ですよ。

以上、自分の誕生日をキャッシュカードの暗証番号にすると、どんな危険があるのかまとめ。最悪、全財産を失うどころか借金を背負います…という話題でした。冒頭でも書きましたが、未だに暗証番号を誕生日等にしている方は、早め早めに変更しておくようにしてくださいね*1

参考リンク:

クレジットカードを盗まれたときの補償等については下記記事を参考に。こちらも正しい手続き&防止策を講じていれば、特に怖いことはありません(仮に100万円使われても、被害額全額が戻ってきます)。

cards.hateblo.jp

*1:最近、クレジットカードやキャッシュカードを作ったという方は、そもそも暗証番号等の類推しやすい番号には設定できないので、暗証番号を誕生日にしている方のほとんどは過去10年以上前に銀行口座等を作った方が主になると思われます。こういった方が保有しているキャッシュカードはそもそもICチップ内蔵のないような、セキュリティの甘いカードであることも多いのでその点にも注意が必要です。

PAGE TOP