クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Yahoo!検索のサジェスト機能が、あまりにも汚染されすぎている!『クレジットカード』と検索したときの結果はこちらです。

f:id:cardmics:20141110165048g:plain

Yahoo!の検索結果画面が変わった…という話題を耳にしたので、久しぶりにYahoo!検索で『クレジットカード』と入力してみたら、サジェスト機能がとんでもないことになっていました(上記画像)。

もはやスパムなサジェストしかされていないんですが、Yahoo!さん、これで大丈夫なんでしょうか?(苦笑) *1

管理できないなら辞めればOK:

このサジェスト汚染は『クレジットカード』にかぎらず、今やほとんどのキーワードが汚染されています。儲かるキーワードであれば汚染度がかなり高い状況なんですよね。

わかりやすく、いくつか例をあげてみます。

脱毛で検索:

f:id:cardmics:20141110165914g:plain

お金で検索:

f:id:cardmics:20141110165922g:plain

2例ほど紹介させてもらいましたが、この他にもすぐ、汚染されているキーワードは見つけることが出来ます。

Googleとの関係で辞められない?

Yahoo!も管理が出来ないのであればサジェスト機能なんてやめてしまえば良いと思うんですが、Googleとの提携などもあって辞めるに辞められないんでしょうか?ほんと、不思議でなりません。

検索サジェストに表示させる専門の業者がいる:

ちなみにどのようにサジェストにこういったキーワードを出しているのか?というと、それは『サジェスト汚染を専門に扱うスパム業者』によってです。こういった業者に依頼をすれば、希望のキーワードをサジェスト欄に表示させることが出来るのですね(下記リンクは、その営業提案を受けた方の記事)。

業者によるやり方は詳しくはしりませんが、たぶん、サジェストに表示させたいキーワードを多数のIPアドレスから検索し、Yahoo!側に『今、このキーワードが検索されている』ということを認識させるんだと思います。

なんらかのソフトウェアさえ使えば簡単に出来てしまうんでしょうが、もちろんこういった行為はスパムそのものなので、みなさんは絶対にやらないようにしましょう。

PPC広告で敢えてサジェストキーワードを狙ってみる:

http://www.flickr.com/photos/27467292@N03/7093343239

photo by Bunnyrel

それでも少しはその恩恵を…と思うのであれば、サジェスト欄に表示されているキーワードを含めた記事を書いてみたり、PPC広告でそのキーワードを登録してしまう…なんていう、おこぼれ戦略を取ることは可能です。

サジェスト欄に表示されているキーワードは検索数が多いにも関わらず競合相手が少ない分、狙い目といえば狙い目なのかもしれませんね。

以上、Yahoo!検索のサジェスト機能が、あまりにも汚染されていて驚いた…という話…という話題でした。

参考リンク:

サジェスト汚染などでアクセスを稼がずに、正当に評価される文章を書いて稼ぐほうがおすすめです。アクセスアップ術などについては下記記事でも紹介しているのでそちらも併せてご覧ください。

cards.hateblo.jp 

*1:かろうじて『クレジットカード おすすめ』だけはちゃんとしたサジェストであると思われます。

PAGE TOP