クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

金券ショップにある、大量のギフトカードはどこからやって来るのかを考えてみた。脱税や現金化による結果の可能性が高そうな感じです。

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6710868859

photo by 401(K) 2013

都心部にいけば、今やどこにでもある金券ショップ。安くギフトカードや新幹線切符が購入できるために、節約を考える方に人気のお店になっていますよね。

しかし、よくよく考えてみるとあの店が販売している大量のギフトカードって、一体どこからやってきているんでしょうか、疑問に思いませんか?

そこで今回は『あのギフトカードはどこからやってきているのか?』という点を、真剣に考えてみました。

金券ショップにギフトカードが売られている、綺麗な理由:

まず、単純に不要になったギフトカードを、個人や会社が金券ショプに対して売却しているんじゃないか?というものです。

  1. お歳暮やお中元などとして貰ったものを売却した
  2. 株主優待などで貰ったものを売却した
  3. 忘年会などの景品として貰ったものを売却した

などなど、どこかで貰ったギフトカードが不要になったから売却した…という事例。確かにこれもありそう。

大量ギフトカードの説明にはならない:

しかし、金券ショップに行ったことがある方であれば一度は目撃したことがあるであろう、100万円以上分はあるに違いないギフトカードの山。しかもほとんどがピン札ならぬ、ピンギフトカード。複数の個人が数千円分のギフトカードを売却したら、もっと誰かの手垢が付いてそうなものなんですよね。

ではどこからやってきてるんでしょうか?これから先は完全なる推測ですが、考えてみました。

基本は脱税か現金化なんじゃないのかと:

http://www.flickr.com/photos/36495803@N05/8108903951

photo by epSos.de

大量のギフトカードの謎、それは個人的に脱税か現金化のどっちかだと思ってます。

脱税目的のギフトカード売却:

まずは脱税、これは非常に簡単です。会社の経費として大量のギフトカードを購入し、それを金券ショップに対して売却する。この時、購入したギフトカード代を経費につけ、売却した分は収入として記帳しなければ、それだけで『経費の水増し』が可能になります。

  • 例:10万円分のギフトカードを購入して9万円で売却。10万円分の出費は記帳し、9万円は懐に入れる。

確かに金券ショップに大量のギフトカードを売却するときには、本人確認などの作業がされますけれども、会社として購入したギフトカードを個人が売却しても、なかなかその関係性をつなげることは出来ません。

現金化目的のギフトカード売却:

次に現金化。クレジットカード払いで購入できるギフトカードやギフト券などを、そのまま金券ショップに売却するというものです。カード払いはボーナス払いやリボ払いなどで支払いを先延ばしできるため、手元に売却した分だけお金が残ることになります(現金化ビジネスと一緒ですね)。

金券ショップに売られている新幹線切符のほとんどが、この目的に売却されたものなんじゃないかな?と、最近は思いますねー。更にあくどい方であれば、勤務先に新幹線代の経費まで申告してるかもしれません。いわゆるカラ出張ってやつです。

他にもジェフグルメカードなど、クレジットカード払いで購入できるギフトカードがこういった現金化目的で使われる傾向にあります。

信用力が低い人は新幹線の回数券を購入できない:

ちなみに信用力の低い方や返済が滞りがちな方、更にはリボ払い残高やキャッシング残高が多い方の場合には、クレジットカードで新幹線切符(回数券)を購入しようとするとカード会社に購入を止められます。

クレジットカード会社側も新幹線の回数券が現金化のために買われていることを認知しているので、こういった対策が講じられているのですね。

他には何が考えられるんでしょうかね?

http://www.flickr.com/photos/35323150@N02/3389668627

photo by Ken's Oven

こんな感じがその背景なのかな?と思うのですが、みなさんいかがでしょうか?

そうでなければあれだけ綺麗なギフトカードが大量に売られている理由が、説明できないように思います。

以上、金券ショップにある、大量のギフトカードはどこからやって来るのかを考えてみた…でした。実際に脱税や現金化に使われていようとも、それを立証するのは難しそうなので、謎は謎のままで終わりそうです。

参考リンク:

クレジットカードの返済に困っているからといって、クレジットカードの現金化ビジネスを利用するのだけはやめてください。利用規約違反になるだけでなく、最悪、未払い残高の一括返金を求められたり、警察から詐欺罪で逮捕される可能性もありますよ。

PAGE TOP