クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

財布の中に入れているお金は、その人にとって「落としても後悔しない金額」であることが多い?自分にとっての大金は持ち歩きません。

http://www.flickr.com/photos/22393042@N06/4156784777

photo by rh1n0

みなさんは財布の中にいつも、どのくらいのお金を入れていますか?

これ、3,000円程度…という少額しか持ち歩かない方もいれば、5万円は財布に入っているという方まで、いろいろな金額をみなさん持ち歩いていると思いますが、まぁだいたいの話、「自分はこのくらいの金額を常に財布に入れておこう」と決めているものですよね。

下記の記事によると、その平均金額は約1万3,000円とのこと。多いような少ないような…という、まさに平均値な感じのする金額だと私は思いますが、みなさんの持ち金はどのくらいでしょうか?

皆さんはいつもお金をいくらくらい持ち歩いていますか? 最近はクレジットカードや電子マネーを使っている人が多いですが、やはりある程度の現金は持っていないと不安になりますよね。そこで、今回は「財布の中のお金」について、男女500人にアンケートを行いました。(中略)

  • 財布に入れている金額 ・・・ 平均1万2927円

財布の中にあるのは「落としても後悔しない金額」?

さて、この財布の中にいれている金額についてなんですが、実は「自分が万が一、落としてしまっても後悔しない金額」に設定されていることが多い…という話があります。

まぁもちろん明確な裏付けがあるわけでも、実証結果があるわけでもないので「そういう傾向があるだろう」ってだけの話ですが、少なくとも私個人でいえば、『確かに当たってるなー』と思いますね。実際、今入っている金額なら、仮に落としてしまったとしてもそう後悔することはありません。

適当な例をあげるとするとこんな感じでしょうか。

  • 5,000円を財布に入れている方:5,000円なら落としても後悔しない人
  • 5万円を財布に入れている方:5万くらいなら仕方ないかと納得できる人

そしてこれを前述の「財布の中に入れている平均金額1万2927円」とい数字に当てはめるとすると、一般的には1万円ちょっとならお金を落としても後悔しない人が多い…と言うこともできそうです。

カードは落としても盗難保険が適用される:

尚、現金だけじゃなくてクレジットカードごと財布を落としてしまった場合には、その損害だけで人生が終わるんじゃないか…と勘違いしている方は多いんですが、クレジットカードには盗難保険と呼ばれる保険が付いているため、原則、損害を受けることがありません(所定の保険申請をした場合)。

詳しくは下記の記事にまとめてあるので、興味がある方は併せてお読みください。このあたりの知識なしでカードを使っていると、場合によっては痛い目に合いますよ。

cards.hateblo.jp

以上、財布の中に入れているお金は、その人にとって「落としても後悔しない金額」であることが多い?…というお金に関する雑談でした。

参考リンク:

お金にもっと詳しくなりたいという方は、下記記事などもどうぞ。お金やクレジットカードのことがもっとよく、わかるようになりますよ。

PAGE TOP