クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

VISAカードのグレードランクまとめ。クラシックカードが一般的なカードで、VISA Infiniteカードが最高峰のブラックカードです。

http://www.flickr.com/photos/18090920@N07/12696032183

photo by Sean MacEntee

今回はVISAゴールドカードやVISAプラチナカードといった、VISAカードのグレードランク(格付け順位)に関する説明をしてみたいと思います。

『えっ?ゴールドカードが一番上なんじゃないの?』という方は残念ながら情報が古いままかも…。今やゴールドカードよりも上のグレードを持つVISAカードは増えてきているので、古いランクしか把握していないという方は、この機会にVISAの階級に関する知識をつけてみてくださいね。

VISAカードのグレードランクまとめ:

2017年現在、VISAのグレードランクは下記の通りです(上ほどランクが高い)。

  1. VISA Infiniteカード(ブラックカード)
  2. VISAプラチナカード
  3. VISAゴールドカード
  4. VISAクラシックカード

それぞれわかりやすく、簡単に解説していきますね。

VISAクラシックカード:

まず、一番下のグレードがVISAクラシックカード。年会費無料クレジットカードやリボ払い専用カードなど、年会費が無料からだいだい3,000円程度なVISAカードがこれにあたります。

有名なカードとしてはやはり三井住友VISAクラシックカードですね。他にも楽天カードやライフカード、ニコスカードといった主要なカード会社であればこれらのVISAクラシックカードを発行しています。

VISAゴールドカード:

黄金に光り輝くVISAブランドのゴールドカードも、気付けば下から2番目のランク。もはやゴールドカードが一番上のカードではなく、こういってしまってはアレですが誰でも持つことが出来るVISAカードの部類に入るグレードとなります。

サービス内容としては色こそゴールドですが、VISAゴールドならではの保有メリットは乏しい状況…。ステータス制をクレジットカードに求めるなら、もう1つ上を目指しましょう。

尚、ゴールドカードについてもっと詳しく知りたい方は下記記事も参考に。最近だと年収300万円くらいから余裕で作れるグレードランクになりました。

cards.hateblo.jp

VISAプラチナカード:

VISAゴールドカードよりも上のランクに位置するのがVISAプラチナカード。黄金よりも白金のほうが価値が高いことから、この名前が付けられたと言われています。

VISAプラチナカードくらいになるとトラベルサービスやコンシェルジュデスクの利用など、保有者専用のサービスが一気に増える印象。当然、VISAゴールドカード向けに提供されているサービスは全て使えるので、ゴールドカード以上のサービスを使いこなしたい方に最適です。

こちらも別途、プラチナカードを解説した記事を作っているので、興味がある方はそちらもご覧ください。

cards.hateblo.jp

VISA Infiniteカード:

VISA InfiniteカードはVISAの最高峰ブラックカード。日本では現在、地方銀行であるスルガ銀行のみしか発行していないと言われています(三井住友カードでも発行していない)。

主にインビテーションと呼ばれる、カード会社側からの招待状がないと入手できないクレジットカードなので、入手難易度はかなり高め。更にサービス内容はプラチナカードとゴールドカードを兼ね備えたものになっているので、旅行に出張に役立つこと間違いなしですよ。

詳しくは下記記事もあわせてどうぞ。

cards.hateblo.jp

VISA Signatureカード:

他、日本国内ではまだ発行がされていないようですが、世界的に見るとVISA Signatureカードの発行もあります。

こちらはVISA Infiniteカードと同等のサービスが提供されていると言われているので、VISA Infiniteが上とかVISA Signatureが上とかそういうのはないみたいですね。どちらもVISAとしてはブラックカードという位置づけのようです。

ランクによってサービス内容が変わる:

http://www.flickr.com/photos/93755244@N00/5532389673

photo by Håkan Dahlström

ここまでVISAのグレードランク(格付け)を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このようにランクによってカードの色が違うだけでなく、サービス内容も大きく変わってくるため、自分がどういったサービスを求めているかで作るVISAカードの種類を選んでもらえればOK。『いやいや、自分は買い物での支払いに使えれば十分だよ』という場合にはVISAクラシックカードでほんと十分です。

反面、トラベルサービスから手厚い旅行保険までほしいと思う方はVISAゴールドカード以上を選ぶのがおすすめ。プラチナカードくらいになれば様々なサポートも選べるので、年会費以上の恩恵を受けることが出来ますよ。

  • 買い物で使えればOK…クラシックカード
  • ステータスが必要…ゴールドカード以上を

以上、VISAカードのグレードランクまとめ。クラシックカードが一般的なカードで、VISA Infiniteカードが最高峰のブラックカードです…という話題でした。VISAにかぎらず一般的なクレジットカードランクが知りたいという方は、下記記事も参考にしてみてくださいね。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP