クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ビザが2013年10月から12月の四半期決算を発表!2012年比で7%ほど、全世界のクレジットカード決済額が増加したようです。

f:id:cardmics:20170503091855j:plain

世界的な国際ブランドであるビザが、2013年の10月~12月の四半期決算を発表しました。前年比で7%ものクレジットカード決済額増が、好決算に繋がったようです(ロイターの情報)。

米クレジットカード大手ビザ(V.N)が30日発表した第1・四半期(12月31日まで)決算は、クレジットカードの利用増を追い風に市場予想を上回る増益となった。

同社帰属の純利益は14億1000万ドル(クラスA株1株当たり2.20ドル)と、前年同期の12億9000万ドル(同1.93ドル)から9%増加した。総営業収入は11%増の31億6000万ドル。(中略)

同社のカード利用額は、底堅い米年末商戦を支えに約7%拡大し、総額1兆8400億ドルとなった。 

VISAって何?という方は下記記事も参考にどうぞ。クレジットカードの国際ブランドについて詳しく解説しています。

news.cardmics.com

VISAの2013年の第1四半期決算について:

四半期で184兆円もの利用があった:

この決算発表によると、ビザはこの間、総額1兆8,400億ドル、利用されたことに。日本円で言えば、だいたい184兆円…ってところですね。

株式投資に馴染みのない方にとって四半期決算という言葉はわかりにくいかと思いますが、四半期決算とは3ヶ月分の決算発表のこと。つまり、なんとVISAはわずか3ヶ月の間に、世界中で184兆円もの支払いで使われたことになります。

ほんと、なんだか凄すぎて、イメージすら出来ない数字。なにせわずか3ヶ月で日本の国家予算以上の決済額ですからね、ただただ驚くばかりです。

決済額は前四半期よりも7%増えた:

そして前述のように、VISAを利用した決済金額は、2012年の10月~12月比で7%増加。これだけの決済額にも関わらず、まだまだ世界全体で考えるとVISAカードの利用額が伸びてるなんて、なんとも凄い数字だなぁという気がします。

そしてもちろんこのまま世界的な景気低迷になっていかなければ、来年の決算でも同様に5~10%程度は増加していくはず。まだまだクレジットカードや電子マネーの需要増はとどまるところを知らないようです(日本でもどんどん増加してほしい!)。

以上、ビザが2013年10月から12月の四半期決算を発表!2012年比で7%ほど、全世界のクレジットカード決済額が増加したようです…という海外ニュースでした。

参考リンク:

この機会にVISAカードを持ってみたい…という方は下記記事も参考に。

当サイト『クレジットカードの読みもの』が自信をもっておすすめする、海外でも快適に使えるVISAカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP