クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

VIASOカード ポイント制度のデメリットはその有効期限にあり。1年でポイント失効するので、年間利用額が少ない方は使ってはいけません。

Money - Savings

クレジットカードの年間利用額が少ない人が、絶対に使ってはいけないカードがVIASOカード(三菱UFJニコス)。

理由は単純で、VIASOカードは1年で最低交換に必要なポイント数がたまらないと、全てのポイント失効してしまうポイント制度になっているため、カードの利用額が少ない方だと毎年、すべてのポイントが失効してしまうのです。

  • カード利用が少ない人:1年で交換に必要なポイントが貯まらないため失効
  • カード利用が多い人:交換可能なポイント数が貯まるので問題なし

これ、もちろん年間利用額が多いという方であれば問題ありませんが、『自分はあんまりクレジットカードを使わないなー』という方の場合には、いくらテレビCMで寺脇康文さんがお得だと言っていたとしても、VIASOカードを作ってはいけません。

VIASOカードのポイント制度:

ではどのくらいVIASOカードを使う予定があるのであれば、このクレジットカードを作っても良いのでしょうか?

これはざっくり、年間20万円以上の利用をする予定があるかどうか…が判断基準となりそうな感じ。月額にすると2万円弱の利用が、VIASOカード作成のラインになりますね。*1

VIASOカードでのショッピングご利用代金1,000円ごとに5ポイントたまります(通常ポイント)。たまったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。

※ 累計ポイントが1,000ポイント以上の場合に限ります。

仮にこの金額を使う自信がない方の場合には、買い物でいくらVIASOカードを利用しても1円の得にもなりません。くどいようですが年間利用額が少ないという方は、このカードを作らないほうが無難なんです。

詳細な金額をあげて書くとすると、

  • 年間利用額1万円…ポイント0円(すべて失効)
  • 年間利用額5万円…ポイント0円(すべて失効)
  • 年間利用額10万円…ポイント0円(すべて失効)
  • 年間利用額20万円…ポイント1,000円

こんな感じですね。

一般的なカードはどうなの?

では一般的なクレジットカードはどのくらいでポイントが失効するのか…についても、比較材料として書いておきます。

  • 三井住友VISAカード…2年間で20万円
  • MUFGカード ゴールド…2年間で20万円

反面、2年間ではなく1年間で20万円使わなくてはいけないVIASOカードは、単純計算で通常よりも2倍、頑張らないといけないと言うことも出来ます(VIASO eショップを賢く使ってポイントを貯めるという方はもう少し楽)。

他、ポイント失効が永遠にない、セゾンカード インターナショナルなんてカードもあるので、月額のクレジットカード利用が少ない方はそちらがおすすめ。こちらであれば年に1万円分しかクレジットカード決済しない方でも、ポイント失効そのものがありません。

年会費無料カード+大手発行なので安心感はアリ:

Broken Piggy Bank

とはいえ、VIASOカードは年会費無料のクレジットカードであることと、最大手の1つである三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードであるという点で、安心して使える1枚ではあります(詳しくは下記公式サイトにて)。

また、VIASO eショップと呼ばれる獲得するポイント数がアップする仕組みなんてものもあるので、使い方次第ではかなりお得な1枚にすることも可能ですよ。是非、月間カード利用額が多い方で、大手カード会社のクレジットカードを作りたいと思っている方は、この機会に作成を検討してもらえればと思います。

以上、VIASOカード ポイント制度のデメリットはその有効期限にあり。1年でポイント失効するので、年間利用額が少ない方は使ってはいけません…という話でした。

文末リンク:

ポイント有効期限のないクレジットカードが欲しい…という方は、下記の特集記事を参考にどうぞ。セゾンの永久不滅ポイントなど、ポイントをじっくりと貯められるカードのみを紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:VIASO eショップと呼ばれる、特定加盟店を利用した場合にはポイント倍率があがるために20万円よりも少ない金額で最低交換ポイントに到達します。

PAGE TOP