クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本国内でも作れる銀聯カードまとめ!中国に行くなら、予め銀聯ブランド(ユニオンペイ)のクレジットカードを作っておこう。

f:id:cardmics:20170409111250j:plain

今回は日本国内で銀聯ブランド(ユニオンペイ)のクレジットカードを入手する方法をまとめておこうと思います。

上海や北京、大連といった中国の主要都市に出張で行く予定があるという方は是非、参考にしてみてくださいね。

日本国内で銀聯カードを入手する方法:

三井住友銀聯カード:

現在、日本国内で銀聯カードを発行している主なクレジットカード会社は2社。1つはご存知、三井住友カード株式会社。三井住友VISAカードを発行していることで有名なクレジットカード会社です。

こちらでは三井住友VISAカードをお持ちの方を対象に、三井住友銀聯カードという子カードの発行を行っているので、誰でも気軽に申込をすることが出来ます。

f:id:cardmics:20180408213320j:plain

サブカードとして銀聯カード発行可:

銀聯カード入手の手順としては単純で、まずは三井住友VISAカードを入手し、その後、電話やネットから三井住友銀聯カードの発行をお願いする…という流れ。

要するにETCカードや家族カードのように、三井住友VISAカードの追加カードという形で銀聯カードが発行できるのですね(詳しくは公式サイトにて)。

ちなみに銀聯カードの年会費は無料ですが、三井住友VISAカードには年会費がかかること、そして銀聯カードの更新時には更新費がかかる点は把握しておいてください。

三井住友銀聯カード|クレジットカードの三井住友VISAカード三井住友銀聯カード|三井住友VISAカード 

ゴールドカードの銀聯カード:

日本国内で銀聯カードを発行しているもう1つのクレジットカード会社はMUFGカードです。

そんな名前は聞いたことがない…という方も多いかもしれませんが、MUFGカードはニコスカードやDCカードといった有力なクレジットカードブランドを保有している、三菱UFJフィナンシャルグループの企業。怪しい会社ではありません(日本最大級のクレジットカード会社)。

このMUFGカードでは現在、日本で唯一、銀聯ブランドのゴールドカードを発行しています。こちらも三井住友VISAカード同様、親となる別のクレジットカードを申し込む必要性がありますが、そのカードを入手できれば誰でも下記の銀聯ゴールドカードを入手することが出来ます*1

f:id:cardmics:20160108170623j:plain

銀聯ゴールドカードの年会費は安い:

こう書くと『銀聯ブランドのゴールドカードは魅力的だけど、銀聯ゴールドカードって年会費が高いんじゃないの?』と思われるかもしれませんが、その費用はというとわずか年会費2,000円程度。

銀聯カードの新規発行費を考慮してもかなり安く銀聯ゴールドカードを入手できるので、それほど家計に負担をかけることなく入手ができますよ(下記のMUFGカード ゴールドの公式サイト参照)。おすすめです。

尚、銀聯ブランドのゴールドカードを持つメリットは出張先の中国で、現地の方(中国人)から信頼してもらえるということ。長期で中国に滞在する予定があるのであれば是非、日本にいるうちに銀聯ゴールドカードを作成してもらえればと思います。

MUFGカード 銀聯(ぎんれん)カード|クレジットカードなら三菱UFJニコスMUFGカード 銀聯(ぎんれん)カード|三菱UFJニコス 

VISAやマスターカードが使えないことも:

f:id:cardmics:20171006224913j:plain

最後にですが、北京や上海といった大都市であっても中国ではVISAカードやマスターカードが使いにくいことがあります。

そもそも銀聯カードのみしか受け付けてくれない店舗なんてものもありますし、VISAカードが使えるお店でも店員から「銀聯カードはないのか!?」と聞かれることも。

更にJCBカードに至っては悲しいかな、「加盟店手数料が高いからやめてくれ」なんて言われることすらありましたね(苦笑)

マクドナルドなどの大手チェーンでも使いにくい:

また、最近で中国国内ではクレジットカード払いではなく、アリペイやWeChatPayなどのスマホ払いが主流。

そういう影響もあってか、クレジットカードすら使えないお店も徐々に増加してきている感があるので、そういうお店だと以前にも増してVISAやMasterCardが使えないことも考えられます。

事実、大手ファーストチェーン店であるマクドナルドでも、VISAカードやMasterCardが嫌がられることがあるのだそう(こちら記事を参照)。

店内に有人レジはあるにはあるが、「その他モバイル決済、カード払い用」という表示があるのみだ。

しかも使えるカードは銀聯カードなど中国のクレジットカードだけで、VISAやマスターなど国際カードブランドいわゆる「外卡」は使えないときた!

こうなると銀聯カードを持っていないと支払いそのものに不便してしまうことも増えるので、中国出張や旅行に長期で行く予定があるなら、銀聯カード作成がもはや必須なのかもしれません。

以上、日本国内でも作れる銀聯カードまとめ!中国に行くなら、予め銀聯ブランド(ユニオンペイ)のクレジットカードを作っておこう…という話題でした。

参考リンク:

中国でいかに銀聯カードが普及しているか…という数字がわかる下記記事も併せてお読みください。もはやほぼすべての国民が、デビットカードとして銀聯カードを使っている状況ですよ。

news.cardmics.com

*1:MUFGカードでは銀聯ゴールドカードだけでなく、ノーマルの銀聯カードも発行しています。

PAGE TOP