クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

私が買うと株価は下がり、私が売ると株価は上がる法則…。しかし、なぜこうも逆指標になってしまう確率が高いんでしょうか?

http://www.flickr.com/photos/31029865@N06/6646813363

photo by Dick Thomas Johnson

株式投資ってほんと難しい…。

あくまで悔しい印象が残ってしまっているだけだとは思うんですが、なぜか買うと株価は下がり、売りと株価が上がることって多いような気がしてしまいます(苦笑)。

  • 株を買う…途端に株価が落ちる
  • 株を売る…途端に株価が上がる

たぶんこれについては私だけでなく、多くの方が同じような負のイメージを持っているんじゃないんでしょうか?どうしてこんな感じで毎回毎回、逆方向に投資してしまうのかと悲しくなります(逆指標か!というくらいに反対に曲がりますね)。

寄り付き後に空売りしたらこのザマ:

ちなみになぜこんな記事を書いているのかというと、今日も見事にやられたからですね(笑)。

前場の寄り付き後に日経平均を空売りをしたら、その後に急激なドル円相場の変化が発生。わずか1時間足らずで見るも無残なまでに、踏みつけられてしまっております…*1

  • 空売り:15,550円付近
  • 現在値:15,650円付近

まぁそのうちまた株価は落ちてくると思うんですが、瞬間的に踏まれるとなんとも言えない残念感がありますね…。損切りをすべきか、それとも含み損を抱えたまま眠れぬ夜をすごすか迷います…。

以上、私が買うと株価は下がり、私が売ると株価は上がる法則…というただの愚痴記事でした。同じような感想をお持ちの方、今夜一緒にやけ酒しましょう。

参考記事:

こんな記事を読んだ後ではなかなかその気にはならないかもしれませんが、私も株式投資をはじめてみようと思った方は下記記事なども併せてお読みください。今では少額投資をしやすい時代になったので、1万円からの投資でも大丈夫ですよ(証券口座もカンタンに作れます)。

cards.hateblo.jp

*1:2014年9月に書いた記事なので、数値はその当時のままになっています。ここから2万円以上に日経平均がなったことを考えると、早めに空売りを解消しておいてよかったな…と今更ながらに思いますね(苦笑)

PAGE TOP