クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自動車税や固定資産税などの東京都税が、VISAカードやマスターカード等のクレジットカードでも支払い可能に(2015年4月より)!

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355404323

photo by 401(K) 2013

2015年4月1日より、自動車税や固定資産税、個人事業税などの東京都税がVISAカードやマスターカードなどのクレジットカード払い可能になりました。詳しくは東京都税の公式サイトをご覧ください。

「都税クレジットカードお支払サイト」とは、都税のクレジットカードでのお支払手続きが行える公式のウェブサイトです。必要事項を入力し、お支払手続きが完了しますと、指定代理納付者(トヨタファイナンス(株))が納税者の皆様に代わって都税を立替払することとなります。

カード払いには手数料が必要:

今回、東京都税に幅広くクレジットカード払いが導入されたわけですが、残念ながらこれらの支払いをするためには別途、決済手数料を私達が負担する必要性があります。

気になるその金額はだいたい1万円に対して78円程度。手数料比率でいうと0.78%がかかるという感じになるので、ポイント還元率が0.78%以上のクレジットカードを利用すればポイント獲得分で相殺できることになります。

f:id:cardmics:20150402133213g:plain

  • ポイント還元率が0.78%未満:口座振替のほうがお得
  • ポイント還元率が0.78%以上:カード払いをしたほうがお得

たとえば楽天カードなどの100円利用で1ポイント貯まるクレジットカードであれば、自動車税や個人事業税などをクレジットカード払いしてしまったほうがお得ということになりますね。

利用可能なクレジットカードは?

ちなみに東京都税の支払いに使えるクレジットカードは下記の通りです。

  1. VISAカード
  2. マスターカード
  3. JCBカード
  4. アメリカン・エキスプレス
  5. ダイナースクラブ

まぁ日本で発行されているクレジットカードの99%以上が使えると思いますので、みなさんがお持ちのカードであれば基本どれでも使えると思って間違いありません。都税の支払いで賢くポイントを貯めたいのであれば、是非、この機会にポイントが貯まりやすいクレジットカード作成も検討してみてくださいね(下記記事参照)。

以上、自動車税や固定資産税などの東京都税がクレジットカードで支払い可能に…という話題でした。

PAGE TOP