クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

タイムバンクで23万円ほど儲けたので、参考までにその投資テクニックをまとめてみる!タイムバンクでの時間売買で稼ぎたい方に。

f:id:cardmics:20171020140009p:plain

2017年9月に、専門家の時間売買ができる取引所として開始されたタイムバンク。

タイムバンクは「時間」の取引所です。10秒単位で時間をリアルタイムに売買できる仕組みを通じて経済と時間の再発明を目指します。

この取引所で1ヶ月ほど時間の売買をしたら、なんと23万円もの利益が出たので、今回はその辺の投資テクニックを雑談がてら記事にしてみたいと思います。

私同様、お小遣いを稼ぎたいと思う方は是非、参考にしてみてくださいね。

新規時間発行には応募すべし:

まず、タイムバンクで一番カンタンに儲ける方法、それは新規時間発行(ITO)に応募することです。

これは株式市場における新規株式公開(IPO)と考え方はまったく同じ。タイムバンクに新しく参加をした専門家が新規に時間を売り出すのがITOなので、これに応募をして当選をすることができればそれだけでカンタンに利益を出すことが出来ます。

はあちゅう氏の新規時間発行に当選した例:

論より証拠、私は過去、7回ほど新規時間発行に当選したことがありますが、そのどれにおいても利益を出すことが出来ました。

特に儲かったのが過去、記事にもした『はあちゅう氏』の時間当選。こちらは最終的に4万円ほどの売買益を稼ぐことが出来たので、ほんと応募してよかったなぁと思っています(ただ単に応募して、当選した時間を売却するだけで得られた利益)。

また、私が当選した以外のITOにおいても、そのすべてで公募価格よりも高い金額で売却可能だったので、現状、タイムバンクではITOに当選すれば100%儲かる状況あり。今後もITOは勝率の高い投資法として、活用できそうな感じです。

公募に当選しやすくするためには?

では、どうすれば新規時間発行に当選しやすくなるのか…というと、それはお金をとにかくタイムバンクに突っ込めばOK。

過去の経験談からいうと、タイムバンクでは応募秒数が多くなればなるほど当選秒数が多くなる傾向にあるので、手元のお金に余裕がある方であれば30万、50万円という金額を口座に突っ込んで、とにかく毎日、新規時間発行に応募してください。

  • 公募の応募秒数が少ない:当選しない or 当選秒数は少ない
  • 公募で目一杯、購入を申し込む:当選しやすい&当然秒数も多め

この先も投資環境に変化がないようであれば、たったこれだけで1日あたり3,000~5,000円程度は儲けていくことが可能ですよ。

締め切りギリギリの応募がおすすめ:

尚、タイムバンクでは新規時間発行に応募すると、応募した秒数に応じたお金分だけ資金が拘束されてしまう点にはくれぐれも注意。拘束されたお金は他の時間売買や、ITO公募に使うことは出来ません。

そのため、無駄に資金を長く拘束されないようにするためにも、新規時間公募への応募は、締め切りギリギリに行うのがおすすめ。これなら資金拘束は2~3日程度で済むので、効率よくお金を回転させていくことが出来ることでしょう。

  • 募集開始直後に応募:7日前後資金が拘束されてしまう(他にお金を回せない)
  • 募集終了直前に応募:2~3日、資金が拘束されるだけで済む

買い占めて価格をあげていく手法:

f:id:cardmics:20170929183450j:plain

次は、力技でお金を稼ぎたい…という、株式投資の中上級者向けの手法です。数十万単位の資金を投下できるという方や、儲けるなら10万円以上稼ぎたいという方はこちらを実践してみてください。

タイムバンクなら誰でも大口投資家になれる:

現在、タイムバンクでは、新規に専門家が時間を売り出す秒数が3万6,000秒に設定されることが多い状況があります。

これは仮に1秒あたりの単価が20円程度の専門家なら、全部の時間を買い占めるのに必要なお金は20円×3万6,000秒で72万円ほどで済むということ(下記は1秒20円の専門家で試算)。

  • 売買可能な全部の時間を買い占める:72万円
  • 売買可能な50%の時間を買い占める:36万円

まぁ実際には時間保有者全員が、自分の保有する秒数を売りに出すわけではないので、全部を買い占めることは不可能ですが、全発行秒数の1/3や1/4程度であれば誰でも、簡単に買い占めることが可能なのではないでしょうか?

買い占めると売り板がスカスカになる

では、時間を買い占めるとどういうことになるのか…というと、その専門家の秒数を保有している人の数が少なくなるので、売り板がスカスカに。

こうなると買いたい人と売りたい人との需給バランスが崩れ、下記のように徐々に時間単価が上昇していくことになります。

  • 買いたい人よりも売りたい人が多い:価格が下がりやすい
  • 買いたい人と売りたい人が同じくらい:価格は横ばい
  • 買いたい人よりも売りたい人が少ない:価格が上がりやすい

そして価格が充分にあがったところで、保有している時間を売ればOK。

これが株式市場であれば機関投資家による「空売り」が行われて、価格が抑えられやすい傾向にあるんですが、タイムバンクには空売りという仕組みがないので、買い占めによって価格をあげやすい状況があるんです。

ただ売るのが凄く難しい:

ただこれ、やり方をミスると利益を出すどころか赤字になる可能性も大。

なにせタイムバンクでは株式市場のように時間の売買が活発に行われているわけではないので、一気に売ろうとしても買おうとしてくれる方がいなければ意味がありません。

  • 株式市場:過熱感がある時は売りやすい
  • タイムバンク:価格を無理やり上げても売りにくい

そのため、この方法は前述のように投資の中上級者向け。

下手にやると買い集めた価格よりも安い価格で投げ売りするしかなくなるので、実践する際はくれぐれも注意してもらえればな…と思います。

リワードが使われやすい専門家を狙う:

f:id:cardmics:20170929183312j:plain

タイムバンクで儲ける投資テクニック、3つ目はリワードが使われやすい専門家を狙う…という王道の投資方法です。

『リワードって?』という方のために簡単に解説をすると、タイムバンクでは下記のように、規定以上の秒数を保有すると、専門家に様々な依頼をすることが可能。

条件を満たす量の時間を保有している場合は、リワードとして専門家の時間を活用することができます。

たとえばテレビ電話で専門家からアドバイスを貰ってみたり、ドラムの出張演奏をしてもらったり、料理教室を開いてもらったりなどなど、専門家の強みをいかしたサービスや特典を提供してもらうことが出来るので、このリワードが使われやすい専門家を狙うと秒単価があがりやすい傾向にあるんです。

リワードが使われるとなぜ秒単価があがる?

こう書くと『リワードが使われるような専門家の時間を買うほうがいいってことはわかったけど、でもなんでリワードが使われやすいほうがいいの?』と疑問に思われる方も多いと思うので、そのあたりの解説も。

ひとつ目は、リワード欲しさにその専門家の時間を買い集める方が出てくるため。要するに実需を伴った売買が行われるので、売りたい人よりも買いたい人のほうが増える結果、価格があがりやすい傾向にあるといえます。

ふたつ目は、これについてはすいません、推測ですが、誰かが専門家のリワードを利用すると、その利用した秒数分だけタイムバンク上から消えるために、市場で売買される秒数が減り、結果的に時間単価があがるのではないか?と思う私。

  • 誰もリワードを使わない:
    売買される秒数は常に一緒なので、時間単価があがりにくい
  • 誰かがリワードを使う:
    使った分だけ秒数が減るので、市場で売買される秒数が減る→結果、時間単価があがりやすくなる

箕輪厚介氏は秒単価が8倍近くに上昇:

実際、リワードを使われることが多い箕輪厚介氏は、タイムバンク上場時には1秒あたり27.8円の価値しかなかったものが、現在では約200円と8倍近くにも値上がりをしています

  • 公募価格:1秒あたり27.8円
  • 現在の価格:1秒あたり199.0円

それにも関わらず売り板は常にスカスカ状態なので、市場に残っている秒数が少ないか、誰かが大量に買い占めているかのどちらか。まぁどちらにせよ、売りたい人が少ない以上、秒単価が上昇するのは必然であるといえます。

結果、リワードが魅力的な専門家へ投資をすれば、秒単価があがる可能性が高いということ。長くじっくりと稼いでいきたいなら、これがタイムバンクにおける王道の投資手法で間違いなさそうです。

最後の証拠も念のため:

最後に。

『タイムバンクで23万円を儲けたとか言ってるけど、なんだか疑わしいな…』という方ために、証拠画像を2つほど。

1つ目は入金履歴を表示している画面。2017年9月14日の午前0時にペイジー経由で29万円を入金したところから、私のタイムバンク取引ははじまりました。

f:id:cardmics:20171020153829g:plain

口座残高は現在52万5,000円:

2つ目は現在の口座残高。

新規時間公開にお金をだいぶ回しているので買付余力はほとんどありませんが、総資産としては52万5,000円ほどあることが確認いただけるものと思います(29万円から52万円に増えている状況)。

f:id:cardmics:20171020153842g:plain

こんな感じでタイムバンクはやり方次第でお金を増やすことが出来る取引所なので、時間売買に興味があるという方は是非、タイムバンクで時間投資をはじめてみてくださいね。

以上、タイムバンクで23万円ほど儲けたので、参考までにその投資テクニックをまとめてみる!タイムバンクでの時間売買で稼ぎたい方に…という話題でした。

参考リンク:

買い板に売り板、需給バランスに空売りなどなど、なにが書いているのかさっぱりわからなかった…という方は、下記記事も参考に。この機会に投資に詳しくなって、本業以外の収入を増やしましょう!

news.cardmics.com

PAGE TOP