クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

チケットぴあ関連サイトで15万件の個人情報漏えいが発生。すでに197件、合計630万円分の不正使用が確認されているようです。

Gold Lock

チケット販売大手のチケットぴあ関連サイトで、15万件の個人情報が漏洩し、すでに197件、合計630万円分の不正利用が確認されているようです。日経新聞が報じました。

チケット販売大手のぴあは25日、同社がプラットフォームを提供し運営を受託しているプロバスケットボール・Bリーグのチケットサイトとファンクラブのサイトがサイバー攻撃による不正アクセスを受け、個人情報約15万件が流出した可能性があると発表した。

約3万2千件のクレジットカード情報が含まれ、21日時点でカードの不正使用が197件、計約630万円分確認された。(中略)

同社によると、流出した可能性があるのは2016年5月16日~17年3月15日に、Bリーグの会員に登録した顧客の個人情報約15万件。住所、氏名、電話番号、生年月日、メールアドレスなどの登録情報が含まれる。

このうち約3万2千件がファンクラブ会費の支払いやカード決済でチケットを購入した人の決済情報で、カード会員名やカード番号、有効期限、セキュリティーコードが流出した。

Bリーグの関連の費用支払をした方は注意:

今回、個人情報が漏洩してしまったのはチケットぴあが運営を受託しているプロバスケットボール・Bリーグのチケットサイトとファンクラブサイト。

そのため、過去、これらのサイトに氏名や住所、電話番号といった個人情報を入力したことがあるという方は念のため、利用明細書を開いて不正利用がないかどうかを確認してください。

特に今回の個人情報流出事件ではすでにクレジットカードの不正利用が発覚しているので、すでに判明している197件分の不正利用以外にも第三者によるカードの悪用がある可能性大。

仮に「身に覚えのない利用」があった場合にはただちにクレジットカード会社に相談をしてもらえればと思います。

チケットぴあそのものは安全:

尚、チケット販売サイトであるチケットぴあそのものには第三者による不正アクセスはないようなのでこの点はご安心を(こちらより引用)。

なお、対象となるサーバーは、B.LEAGUE チケットサイト、及びファンクラブ受付サイト専用に外部に構築されたものに限定されており、「チケットぴあ」をはじめとするその他の当社サービスにつきまして、同様の問題が発生していないことは確認されております。(中略)

  • B.LEAGUE チケットサイト、及びファンクラブ受付サイトは、ぴあ株式会社の基幹システムとは別に、専用の開発体制にて構築されたものであり、他のサービスとは完全に切り離されております。
  • 「チケットぴあ」ならびにその関連サイトにおきましては、会員認証やチケット発売ページ、マイページや購入フロー等は、すべてクラウド環境ならびに外部データセンター環境を利用しており、それぞれにセキュリティ対策を講じております。
  • 加えて、クラウド環境、データセンター環境ともに、24 時間 365 日の監視運用を行っております

ただこういうのは後で発覚することもある&同様のセキュリティホールを狙われて不正アクセスされることも多いので、チケットぴあを利用したことがあるという方も念のため、利用明細書を確認しておくのがベスト。

まぁそんな不正利用のあるなしに関わらず、利用明細書は毎月ちゃんとチェックするのが重要ですね。とにかく身に覚えのない利用が見つかったらカード会社に相談すれば、みなさんが自己負担することまず無いのでご安心ください(なぜ不正被害額を負担しなくていいのかは下記記事を参照)。

以上、チケットぴあ関連サイトで15万件の個人情報漏えいが発生!すでに197件、合計630万円分の不正使用が確認されているようです…という国内ニュースでした。被害にあう方が一人でも減るように、身近な方にも是非、この情報を教えてあげてくださいね。

参考リンク:

『だからクレジットカードは怖いんだ。俺はしばらく現金払いでいい!』という方がいたら下記記事もあわせて読んでみてください。クレジットカード払いに対するイメージが少しは変わると思いますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP