クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

チケットぴあが、クレジットカード決済ごとにセキュリティコードを入力させる仕様に変更!セキュリティ強化に踏み切った模様です。

http://www.flickr.com/photos/93123955@N00/313720269

photo by yellowdogparty

チケット販売大手のチケットぴあが、クレジットカード決済ごとにセキュリティコードを入力させる仕様に変更したようです。チケットぴあ自体がリリースしました。

チケットぴあサイトでは、2014年11月25日(火)より、クレジットカード決済によるチケットを購入の際には、お申し込み毎にセキュリティコードの入力が必要となります。

つきましては、チケットのお申し込みの際には、予め、お手元にカードをご用意の上お手続きくださいますよう、よろしくお願いいたします。

登録カードを使っても、セキュリティコードが必要:

今回の仕様変更によりチケットぴあでは、たとえ登録カードを使った場合でも、決済する度にセキュリティコードが必要に…。

これによってセキュリティ対策はより強化された形となりましたが、チケットぴあを利用する側である私たちとしては、毎回毎回、手元にクレジットカードを用意しないと支払いが出来なくなってしまったために、ある程度の『顧客離れ』が起きる可能性があります(支払いの度に面倒だから、決済しないという顧客が出てくる)。

  • 従来:カードを登録しておけば、ワンクリックで支払いが完了
  • 今後:カードを登録してあっても、セキュリティコードが必要

楽天市場やAmazonではワンクリックで支払いが出来る:

こういったデメリットがあるために、楽天市場Amazonでは未だに、クレジットカード番号と有効期限だけで簡単に支払いが可能。しかし、普通に考えてみればそれだけで簡単に支払いが出来てしまうこと自体が問題なわけです(手元にカードがなくても支払いが出来る)。

  • セキュリティコード必要:セキュリティが強め
  • セキュリティコード不要:カード番号と有効期限さえわかれば誰でも悪用できてしまう

利便性を取ってセキュリティコード入力を省くのか、それともセキュリティを取って都度都度、セキュリティコード入力をさせるのか?

通販サイトだけでなく、様々なインターネットサービスで今後、このような悩みを抱えていくことになるのだとは思いますが、個人的には法律でもう規制してしまって、セキュリティコードの入力を必須にさせてしまったほうがいいんじゃないかなと。それならどこも横並びでセキュリティコード入力を求めることになりますから、不公平感がなくていいかなと思います(セキュリティコード入力を求めるデメリットが減る)。

以上、チケットぴあが、クレジットカード決済ごとにセキュリティコードを入力させる仕様に変更!セキュリティ強化に踏み切った模様です…という話題でした。セキュリティコード入力が不要な通販モールと、入力必須のチケットぴあ。さてさて、みなさんはどちらを利用しますか?

参考リンク:

仮にクレジットカードを不正利用されてしまったらどうなるのか…ということについては、下記記事を参考に。クレジットカードのセキュリティ対策について興味がある方はお読みください。

news.cardmics.com

PAGE TOP