クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

100万円を定期預金に突っ込んでも年80円しか金利が付かない時代だからこそ、クレジットカードのポイントはしっかり獲得しよう。

Money

もうね、タイトルだけの記事なんですが、日銀のマイナス金利導入により、最近では三井住友銀行もみずほ銀行も三菱東京UFJ銀行も、定期預金の金利がとんでもなく低いことになっていますよね。

例えばみずほ銀行の円預金金利については下記表の通り。

10万円預けようが1億円預けようが金利はどれも0.01%ですし、更に1ヶ月の短期だろうが10年の長期だろうが、金利はまったく変わりません(苦笑)。

f:id:cardmics:20170324185545g:plain

もはや定期預金にお金を突っ込むだけ無駄…そんな状況です(100万円を1年預けた場合、税金等が差し引かれて80円の利息が貰える計算)。

100円で1ポイント貯まることの凄さ:

反面、クレジットカードって100万円利用で1万円分のポイントが貯まるって凄いことですよね(例:楽天カードのポイント還元率)。

  • 銀行口座に100万円:1年で80円の利息獲得
  • クレジットカードで100万円支払い:1万円分のポイント獲得

実際、「たかが1%しかポイントが貯まらないんだろ?」とTポイントやPonta、クレジットカードポイント等を馬鹿にする方も多いのですが、これだけ定期預金で金利が付かない時代だと、こういったポイントは貴重そのもの。捨てたらもったいありません。

資産運用と支払いは別だけど:

もちろん、銀行預金という資産運用と、クレジットカード利用という支出はまったく別ものなので、これらのパーセンテージを比較すること自体には意味はないのかも。

しかし、クレジットカード利用やTポイントカード提示をすれば、その得した分だけ資産を減らさずに済むわけですから、まったくの別物というわけでもないんですよね(得した分を資産運用に回すことができる)。当然、貰わないよりは貰ったほうがお金は貯まります。

  • ポイントを貰わない:その分だけ資産が増えるチャンスを失う
  • ポイントを貰う:その分だけ資産が増えるので、運用益も増える

そのため、是非、みなさんには「たかが1%分のポイント」と馬鹿にせず、クレジットカードを活用してもらえれなと思います。

ポイントが貯まりやすいカードを使おう:

money

最後に、『クレジットカードなんてどのカードを使っても同じだろ?』なんて思われる方も多いのですが、クレジットカードにはポイントが貯まりやすいものと貯まりにくいカードが存在します。

中には使っても使ってもまったくポイントが溜まっていかないダメカードもあるので、クレジットカード利用でポイントを獲得したいと思っている方は、この機会にポイントが貯まりやすいカード入手を検討してみてくださいね(詳しくは下記記事などを参照)。

以上、100万円を定期預金に突っ込んでも年80円しか金利が付かない時代だからこそ、クレジットカードのポイントはしっかり獲得しよう…という雑談でした。

参考リンク:

クレジットカード=怖い…というイメージをお持ちの方は、下記記事もあわせてご覧ください。クレジットカードは現金払いよりもむしろ、安全な支払い方法ですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP