クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

消費者金融などからの借入が5件以上ある、多重債務者が減少傾向に!改正貸金業法の貸出制限により、ピークの1/10に減少。

f:id:cardmics:20170717001942j:plain

消費者金融などからの借入が5件以上ある、いわゆる「多重債務者(たじゅうさいむしゃ)」が減少傾向にあるようです*1。日経新聞が報道しました。

借金を重ねる多重債務者が減っている。金融庁のまとめでは、借り入れが5件以上ある多重債務者は9月末時点で16万人と3月末から1万人減った。

最も多かった2007年2月(177万人)の10分の1以下になった。10年6月に完全施行した改正貸金業法で消費者金融会社の貸出総額に制限がかかり、解消が進んでいる。 

これは確実に改正貸金業による良い側面ですね。2007年時点では177万人も居た借金漬けの方が、大幅に減少したことになります。

見えない借入をしている人は多い:

…とはいえ、改正貸金業法では総量規による『お金を借りたくても借りられない状態』を作っただけ*2。そのため、正規の貸金業者からお金を借りられなくなり、違法のヤミ金業者やクレジットカード現金化に手をだしてしまう方はあとを絶ちません(ヤミ金と消費者金融の違いは下記記事にて)。

また、総量規制により中小企業経営者がつなぎ資金としてお金を調達する場が少なくなってしまった…という問題点もありますね。こういった現状を解消すべく、改正貸金業法の再改正についての議論も出てくるようになりました。自民党がこの衆議院選挙で大勝をすれば、改正への道筋がたってくることでしょう。

再改正には大賛成:

ちなみに、私の個人的な意見としては、貸金業法の再改正には大賛成です。理由は非常にシンプル、貸金業法は社会的な批判を受けて作り変えられただけの法律にすぎないので、要所要所に問題がある法律になってしまっているためです。

例えば貸金業者がお金を貸せる金利は上限で20%と定められていますが、この20%という数字は、銀行の金利が0.1%以下の今の状況でも、将来、インフレが進んでバブル期のように5~6%になっても20%のまま。仮に公定歩合があがってしまったとしたら、消費者金融やクレジットカード会社はお金を貸すことができなくなります。

こんな感じで柔軟性がまったくない法律になっているので、再改正がどうしても必要なんじゃないかな?と思うのですね。加えて次に改正をする場合には、クレジットカード現金化や質屋の金利などの「穴」を埋められるような、総合的に良い法律にしてほしいなーと思います(貸金業法について詳しくは下記記事も参考に)。

以上、消費者金融などからの借入が5件以上ある、多重債務者が減少傾向に!改正貸金業法の貸出制限により、ピークの1/10に減少…という話題でした。

参考リンク:

お金の借入に関してもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。ほんとうにお金が必要な時に役立つ借入先ですよ。

news.cardmics.com

*1:多重債務者とは、消費者金融などからの借入が5件以上ある方のことを指す言葉です。多重に借金がある人…という意味ですね。

*2:もちろん他にもサポート強化なども行われていますが、多重債務者が減ったのはやはり総量規制が導入されたことが大きいと思います。

PAGE TOP