クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Tカード利用者なら誰でも使える電子マネーなのに、利用メリットも知名度もまったくないTマネーがある意味スゴい。

f:id:cardmics:20150421204754g:plain

Tポイントカードを持っている方は約4,000万人程度もいるというのに、恐ろしいほど知名度が低いTポイントカード向けの電子マネー 『Tマネー(ティーマネー)』。

「Tマネー」は、お持ちのTカードにチャージして利用できる電子マネーです。日ごろのお買いものでTマネーを利用すれば、小銭いらずでより便利!さらにTポイントも貯まってよりお得!

たぶんこのTマネーを知ってる人は全体の1%にも満たないんじゃないか?というくらい、もう誰も知らない電子マネーになっちゃってますよね…。今回は個人的にも興味があったので、そんなTマネーの詳細と利用メリットについて調査してみました。

Tマネーの提供開始は2014年11月から:

まず、Tマネーが提供開始されたのは2014年11月25日から。こちらがその時のプレスリリースなので、少し引用させてもらいます。

ここ数年、現金に代わる決済手段が急速に普及し、時代がキャッシュレス化へと向かいつつあります。このような中、日本人の4割におよぶ5,000万人のT会員に対し、"Tカードが1枚あればTポイントが貯まって使えて、支払いもできる"サービスとして新たな電子マネーサービス「Tマネー」を開始いたします。

「Tマネー」は、Tカードに電子マネー機能を追加したプリペイド型の電子マネーサービスです。Tマネーの利用に特別な手続きの必要なく、現在のTカードにそのまま現金をチャージすることができ、チャージした「Tマネー」は、「Tマネー」加盟店で利用が可能となります。 

リリースによるとTマネーが提供開始されてからすでに1年半程度が経過しているようなのですが、その認知度はというと、前述のように1%にも満たないんじゃないかな?という程度。

まぁまだTマネーが使われ始めてから半年…ということも出来るので、これから普及していくに違いありません、ええ。

Tマネーの購入方法は現金チャージのみ:

次にTマネーの購入方法はシンプル。TSUTAYAなどのTマネー加盟店のレジにいって現金で入金をするだけです。これで1,000円単位、最高3万円までのTマネー入金が可能となります。

気になるクレジットカードによるチャージは可能なのかというと、これは無理みたいですね。VISAカードだろうがJCBカードだろうがTカードプラスだろうが、どのカードであってもクレジットカードでTマネーチャージは出来ないようです。

  • Tマネーは現金チャージのみ

『とりあえず現金を電子マネーにしておきたい!』という方が…いるのかどうかは知りませんけれども、いらっしゃるとしたら最適な電子マネーになると思います。

Tマネーが使えるお店:

続いてTマネーが使えるお店ですが、現在ではTSUTAYA、ファミリーマート、ドラッグユタカ、HAC、ウェルシア、東京ワンピースタワーなどのみ。

Tマネーという電子マネーが出来た当初はTSUTAYAかドラックユタカくらいでしか使えなかったことを考えるとだいぶ、利用できる店舗が増えてきた印象はありますが、開始1年半でこの利用可能店舗数だとかなり寂しい状況ですよね。

しいて言うならファミマ用に作っておいても面白いかもしれませんが、現金でチャージできるのはTマネーだけではないので、それだったら他の店舗でも使える楽天EdyやSuicaをチャージしたほうがよほど支払いで便利でしょう(たぶんファミマで『Tマネー払いで!』といっても、店員が理解してくれないことが多そう…)。

  • Tマネー:ファミマやTSUTAYAくらいでしか使えない
  • Suica:ファミマ以外のコンビニ等でも使える
  • 楽天Edy:ファミマ以外のコンビニ等でも使える

ポイント還元率は?

最後にTマネーのポイント還元率はというと、下記の通りです。

  • 500円利用で1円分のポイント獲得

インターネット上で人気の楽天カードのポイント還元率は100円あたり1ポイントなので、それに比べるとかなり見劣りする感じですよね、これ。まぁ現金払いをした時には1円分もポイントを貰うことは出来ないため、現金払いよりはTマネー払いのほうがお得なのは間違いありません。

  • 楽天カード:500円利用で5ポイント
  • Tマネー:500円利用で1ポイント
  • 現金払い:500円利用で0ポイント

その他、Tマネーの利用において:

その他、Tマネーを利用する上での知っておいてもらいたいポイントもまとめておきます。

  • Tマネーは一度入金してしまうと、返金対応はいかなる場合もしてもらえません。お近くの加盟店で使いきりましょう!
  • Suicaや楽天Edyでは利用キャンペーンが実施されていることが多いのですが、Tマネーでは現在、入会キャンペーンも利用キャンペーンも実施されていません(こちらを参照)。TSUTAYA側があまりTマネーに力を入れていないことがわかります。

Tマネーには利用メリットがあるのか?

f:id:cardmics:20170613001018j:plain

…とまぁ、ここまですいません、ちょっと悪ふざけに近いテンションで書いてしまいましたが、こんな感じでTマネー、私にとっては1ミリも保有メリットが感じられない電子マネーなんですよね(苦笑)。

  1. 購入は現金のみ
  2. 使えるお店は、ほぼファミマやTSUTAYAのみ
  3. 後発の電子マネーとは思えない、低いポイント還元率
  4. 一度入金したら返金してもらえない

しかもTSUTAYAの場合には、Tポイントカードを提示した後にクレジットカード払いをすればTマネー以上にポイントを貯めることが出来るので、Tマネーをわざわざ使う必要性もないということもあります(ポイントが溜まりやすいクレジットカードはこちら)。

  • Tカード提示後にカード払い:クレジットカードポイントが貯まる
  • Tカード提示後にTマネー払い:500円利用で1ポイントのみ

強いていうならクレジットカードを訳あって持つことができないブラック属性の方には一定の需要があるかもしれませんが、そういう方が先に現金を入金してからじゃないと使えないTマネーを利用するとも思えません。

また、TSUTAYAではSuicaや楽天Edyなどの電子マネーが使えるお店の多いので、そちらを使ったほうがポイント獲得だけでなく、使い勝手が良いという意味でも上です。

利用キャンペーンでもあれば別なのだけれども:

こういう時、『Tマネーを利用するとAKB48の○○グッズが当たる!』とか、『Tマネー利用者対象の、100万ポイント山分けキャンペーン』みたいなものがあればまだ良いんですが、こちらも前述のように現時点でTマネー関連のキャンペーン実施数はゼロなので、そういう期待すらも持てない状況なんですよね…(苦笑)。

ほんと一体なぜ、TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)はこの電子マネーを作ってしまったんでしょうか?

後発の電子マネーならそれらしく、ポイント還元率で魅力があるとか、10回に1回レンタル料金が無料になるとか、そういう特徴が必要だったんじゃないかなと私は思います。今のままでは誰が使うんだと小一時間、説教をしなくちゃいけないレベルです。

結論:Tマネーは作ってはいけない:

TSUTAYAと蔦屋書店

結論。Tマネーはどんな場合でも作ってはいけません。全く利用メリットがない電子マネーなので、購入するだけ無駄だと思って間違いないと思います。

今後、CCC側がなんらかの改善を加えていくのかもしれませんが、利用開始から1年半程度で加盟店がまったく増えていないことを考えると、ひっそりと10年くらいかけて終了させていく電子マネーになってしまうのかもしれませんね。理想を言えばもう少しだけポイント還元が高く、それでいてクレジットカードチャージOKにしてくれれば、マニアは飛びつく電子マネーになるのになーと思います。

以上、Tカード利用者なら誰でも使える電子マネーなのに、利用メリットも知名度もまったくないTマネーがある意味スゴい…という話題でした。

参考リンク:

楽天EdyやSuica、WAONといった電子マネーのことをもっと知りたい…という方は下記記事も参考にどうぞ。主要なプリペイドタイプの電子マネーをわかりやすく解説しています。 

news.cardmics.com

PAGE TOP