クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

カード払い客に手数料を請求するお店は規約違反!参考までにクレジットカード加盟店規約の、どの部分に違反しているかを引用します。

f:id:cardmics:20170804194528j:plain

先日、『クレジットカード払いが使えるとアピールしているのに、いざ使おうと思ったら手数料を取るお店ってズルい!』という記事を書いた私。

この記事を書いた際に、多くの方から『そもそも手数料を別途取ること自体が規約違反だということを知らなかった』というコメントを頂いたので、今回は参考までに手数料を別途取ることがどの辺の加盟店規約違反に当たる行為なのか…という点について解説をしてみたいと思います。

私同様、手数料を別途取られて腹立たしい思いを感じている方は是非、参考にしてみてくださいね。

カード各社の加盟店規約を調べてみた:

まずはクレジットカード大手の株式会社ジェーシービー(JCB)の加盟店規約から引用してみます。問題になりそうなのはこのあたり。

第11条 (加盟店の義務、差別的取扱いの禁止等)

2.加盟店は、有効なカードを提示した会員または有効なギフトカードの使用者に対し、信用販売またはギフトカードの取扱いを拒絶したり、直接現金払いや他社の発行するクレジットカードまたはギフトカードの利用を要求したり、現金客と異なる代金を請求したり、信用販売またはギフトカードの取扱いの金額に本規約に定める以外の制限を設ける等、会員またはギフトカードの使用者に不利となる差別的取扱いを行わないものとします。

なんだかいろいろな項目が並んでいますが、クレジットカード利用客に別途手数料を求める行為は、赤字にした「現金客と異なる代金を請求したり」という部分に違反する可能性大。

つまり手数料を上乗せるする=現金客と異なる代金を請求することに他ならないので、カード払い客に手数料を請求することは明確な加盟店規約違反にあたる行為なのですね。

三井住友カードの加盟店規約でも同様:

次に三井住友カードの加盟店規約も確認してみましたが、こちらもJCBの加盟店規約同様です。

第7条(信用販売の方法)

11.加盟店は、有効なカードを提示した会員に対して、商品の販売代金ならびにサービス提供代金について手数料等を上乗せする等現金客と異なる代金の請求をすること、およびカードの円滑な使用を妨げる何らの制限をも加えないものとします。また正当な理由なくして信用販売を拒絶し、代金の全額または一部(税金、送料等を含む)に対して直接現金支払いを要求する等、会員に対して差別的取扱いは行わないものとします。

こちらも「商品の販売代金ならびにサービス提供代金について手数料等を上乗せする等現金客と異なる代金の請求をすること」を明確に禁止。

先日話題にした美容院で別途手数料を取る行為などは規約違反にあたる行為なので、三井住友カード側に通報をすれば加盟店への指導が入ることでしょう。

UCカードの加盟店規約も念のため:

疑り深い方のためにもうひとつ。UCカードの加盟店規約からも引用しておきます。

第7条(差別待遇の禁止)

加盟店は有効なカードを提示した会員に対し正当な理由なく信用販売を拒絶し、または現金払いや他のカードの利用を要求したり、現金客と異なる代金・料金を請求する等、会員に不利となる取扱いをすることはできません。

こちらは第7条すべてが手数料を上乗せする行為の禁止について。現金客と異なる代金や料金を請求すること=加盟店規約違反という考え方で間違いありません。

嫌な顔をしたり、愚痴を言うのも規約違反:

ちなみにJCBや三井住友カードの加盟店規約では、クレジットカードを利用したいお客さんに『現金払いにしてくれないかな?』と要求することや、クレジットカード払いをしようとしてきたお客さんに嫌な顔をしたり、グチグチ文句を言うことも禁止しています。

  • カード払い客に現金払いへ切り替えてくれと頼むこと
  • カード払い客に嫌な顔をしたり、文句を言うこと

ここまで含めると、結構多くのお店が加盟店規約違反をしてそうな感じがありますよね。特に小規模な小売店や飲食店だと、「あんだよカード払い、めんどくせーな。手数料取られるから嫌なんだよ」なんて面と向かって文句を言われることもあるくらいなので、そういったお店に腹が立った方はレシート情報を元に通報してもOKです。

取られた手数料は返してもらえる?

お店に不正に取られた手数料は、カード会社に相談をすることで返金してもらうことは可能かどうか。この点については10年ほど前までは可能といえば可能だったんですが、返金制度を悪用した方が多かったのか、最近では返してもらえたという事例をまったく聞かなくなりました。

つまり加盟店規約違反だけど、返金対応は期待できないと思ったほうがいいので、手数料を取られそうになったら事前にカード会社に相談をするなどして対処いただければなと思います。

家電量販店は非常にグレー:

f:id:cardmics:20170705172053j:plain

ここまでを読んで『いやいや、ヤマダ電機やビックカメラみたいな大型店舗だって、現金客とクレジットカード客でポイントに差を付けてるし。あれだって手数料みたいなもんだろ?』と思われたかもしれませんが、あちらは非常にグレーな感じ。

厳密に言えば加盟店規約違反で間違いないのですが、規約上は「現金客と異なる料金を請求しない」ということを遵守してればOKなので、付与ポイント数に差をつけるのはアリと言えばアリなのでしょう(大口顧客である家電量販店には強気に出られないという事情も?)。

  • 100%規約違反:現金客とカード客で請求代金が違う
  • 規約違反かどうか微妙:現金客とカード客で請求代金は一緒だけど、ポイント付与数に差があり

以上、カード払い客に手数料を請求するお店は規約違反!参考までにクレジットカード加盟店規約の、どの部分に違反しているかを引用します…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードについて『知らない人は損してるなぁ…』と思うことをまとめた下記記事もあわせてどうぞ。クレジットカードに詳しくなると、家計の節約に大きく貢献してくれること間違いなしですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP