クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

スーパーマーケットでクレジットカード払いするのはお得?いやいや、本当にお得なのはカード払いが出来ないスーパーマーケットです。

http://www.flickr.com/photos/49014237@N00/14277990406

photo by dsevilla

クレジットカード情報を発信しているサイトとしては微妙なところではあるんですが、『スーパーマーケットでクレジットカード払いをするとお得!』みたいな記事には、正直、ちょっと違和感があるんですよね*1

理由は非常にシンプル。スーパーマーケットでカード払いが使える時点で、そのスーパーマーケットってそんなに安くないためです。激安スーパーでは、基本的にクレジットカード払いは出来ないので、カードが使える=それほど激安ではない…と言うことが出来るのですね。

  • カード払いが出来るスーパー…それほど激安ではない?
  • カード払いが出来ないスーパー…激安スーパーの可能性アリ

カード払いが出来る激安スーパーもあれば、逆もある:

まぁもちろん、クレジットカード払いが出来る激安スーパー(西友とかは本当に安いですよね)もあれば、逆にクレジットカード払いが出来ないのに値段が高めのスーパーマーケットなんかもあるので、一概にそう言い切ることは出来ません。

しかし、少なくともクレジットカード払いが出来るということは、そのスーパーマーケットはカード会社に対して加盟店手数料を払う余裕がある(利幅がある)ということなので、カード払いを受け付けなければもっと安値で生鮮食品を販売することが出来ることになります。

  • カード払いを導入するとスーパー側は決済手数料を負担しなくてはいけないため、商品価格に利幅を上乗せしなくてはいけなくなる

そのため、本当にギリギリまで利幅を削っている激安スーパーであれば、カード払いや独自のポイント制度を導入することなんて出来ないのですね。現金のみ、ポイント制度もなしが基本です。

特定日5%オフなんていうのも同様です:

同様に特定日に5%オフになるようなサービスもまったく同じ。それだけの高い利益率があるからこその、割引ですからね。激安スーパーであればそんな割引をするまでもなく安くなっていることになりますよ(もともと利幅が少ない)。

以上、スーパーマーケットでクレジットカード払いするのはお得?いやいや、本当にお得なのはカード払いが出来ないスーパーマーケットです…という話題でした。家計の節約をキッチリ考えるのであれば、そのあたりまでしっかりと考えた上で生鮮食品を購入してもらえればな…と思います。

参考リンク:

家計の節約にもっと取り組んでいきたい…という方は下記記事も参考に。保険代やら住宅ローンやらを安くする方法をわかりやすくまとめています。

news.cardmics.com

*1:自分でもそういった記事を稀に書くのでなんとも言えません…。

PAGE TOP