クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Suica残高を確認できる7つの方法まとめ!カードタイプのSuicaカードを利用している方は、これらの方法で残高チェックをしよう。

f:id:cardmics:20170410092522j:plain

今回はカードタイプのSuicaカードを利用している方を対象に、その残高の確認方法をまとめていってみたいと思います。

『いつも残高がわからなくて改札で止められてしまうことが多い』という方や、『もう使わなくなってしまったこのSuicaの中には一体、どのくらいのチャージ残高が残っているんだろうか?』といったことが気になる方は是非、参考にしてみてください。

尚、主にAndroid携帯やiPhoneに搭載されているモバイルSuicaをご利用中の方は、モバイルSuicaのアプリからカンタンに残高確認できるのでそちらをご利用ください。本記事は主に、旧式のiPhoneやカードタイプのSuicaを利用している方のための記事となります*1

Suicaの残高確認方法:

1.コンビニで確認する:

Suica残高を調べる一番カンタンで手軽にできる確認方法は、コンビニでの支払いにSuicaを利用することです(セブンイレブンやローソン、ファミマなどでSuicaは利用可能)。

Suicaで支払いをすればその買い物で発行されるレシートにSuica残高が印刷されますので、そちらを確認すれば現状のSuica利用可能額がわかります。

普段からSuicaを電車やバスの運賃支払だけじゃなくて、買い物でも使っている方であればこれで一発ですね。残高金額が少ないかも?という場合には、うまい棒やチューインガムでも買えばOKでしょう。

2.駅の改札で確認する:

2つ目はJR東日本などの駅改札でSuica残高を確認する方法です。Suicaを自動改札機にタッチすると、その前方に設置されている液晶画面にSuica残高が表示されるので、それを目視で確認すればOKです。

但し、改札が混雑気味な駅の場合には、表示されているSuica残高が自分のものなのか、それとも前や後の人のものなのかわからないことも多いです。そういった意味では駅改札での確認よりも、コンビニでの確認のほうが確実性は高いでしょう。

  • コンビニで確認:残高がレシートに表示される
  • 自動改札機で確認:残高が一瞬しか表示されない

3.Suica対応の券売機で調べる:

ちょっと手間にはなりますが、JR東日本の駅に設置されているSuica対応の券売機においてSuica残高を確認する方法もあります。

  1. 自動券売機に、表を上にしてカード表面左上にある矢印の方向にSuicaを入れます。 
  2. 画面に残額が表示されます。
  3. 「とりけし」ボタンを押すと、カードは返却されます。

要するにSuicaカードを券売機の中に挿入すればSuica残高が表示されるので、それを確認したらそのまま取り消しをしてキャンセルすれば確認できるという方法ですね。

メリットとしてはSuica残高を1円も使うことなく残高確認が出来るので、仕事等の使い方を限定させているSuicaの残高を確認するのに使えるということ。不要な履歴を作る必要性がないので、職場のSuicaを確認したい場合にはこの方法をご利用ください。

4.PaSoRi(パソリ)を購入する:

自宅でSuicaの残高を調べるだけでなく、Suicaチャージまでついでにしてしまいたい…という方は、Suicaや楽天Edyなどの電子マネーをパソコンで読み込むことが出来るPaSoRi(パソリ)という装置を購入してください。

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

 

これをパソコンにUSBで接続してSuicaやPASMOを乗せれば、Suica残高の確認やチャージができるようになります。

デメリットは言うまでもなくPaSoRi購入に費用がかかるということ。だいたい2,500円~5,000円程度の費用がかかるので、Suicaの利用頻度が高い方や、社員にもSuicaを持たせているという場合などにご活用いただければと思います。

iPhoneでSuicaチャージ可能なPaSoRiも:

あと、iPhoneを利用してSuicaや楽天Edyをチャージできる携帯型のPaSoRiも存在します。

オートチャージ対応のSuicaを持っていない方で、外出先で都度都度、チャージをしたいというなら、こういう小型のチャージ機を持ち歩くと便利かもしれませんね。もちろんSuica残高の確認にも使えるので、一石二鳥です(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com 

5.Suicaリーダーというアプリを使う:

SuicaやPASMOといった交通系ICカードの利用履歴や残高を読み取ることが出来る、Android携帯向けのアプリもあります。

こちらはAndroidのおサイフケータイ機能(NFC機能含む)を使ってSuica残高を確認できるアプリで、スマホにSuicaカードやPASMOカードを近づけるだけで残高がわかるようになるというすぐれもの。

残念ながらiPhoneはおサイフケータイ*2に対応していないため動きませんが、Android携帯を使っている家族や友人に頼めば自分の残高を調べてもらうことも可能です(Suicaリーダーでは残高だけでなく利用履歴まで表示されてしまうので、あまり行動を知られたくない方は注意)。

尚、2016年に入ってからこちらのアプリでは不具合も出始めてしまっているようなので、利用される際には「使えない可能性」を考慮の上、ダウンロードしてもらえればと思います。

6.電子マネービュアーで確認:

パソコン接続などをしなくても、電子マネー残高を読み取ることができる装置もあります*3

例えば下記の万歩計内蔵の電子マネービュアーであれば、Suica、PASMOといった交通系ICカードだけでなく、楽天EdyやWAON、nanacoといった非接触型の電子マネー残高がいつでも確認可能。

シチズン(CITIZEN) 電子マネービューアー付き歩数計 ホワイト TWTC501-WH

シチズン(CITIZEN) 電子マネービューアー付き歩数計 ホワイト TWTC501-WH

 

常に残高をチェックしておきたい、オフィスでも残高を調べたい…という方などに強い需要があるようです。

カードタイプの電子マネービュアーも:

また、定期入れとしても使えるカードタイプの電子マネービュアー「nocoly(ノコリー)」も存在。このnocolyの厚さはわずか5.6mmなので、財布や定期券入れの中に入れておくことでいつでもSuicaやPASMOの残高チェックが出来るようになります。

特に同僚や上司と一緒に電車に乗る機会が多いのであれば、必要な出費として購入しておくようにしてください。これをせずにSuica残高不足で都度都度、改札で足止めを食らってしまうようでは、ビジネスマンとしての烙印を押されてしまいますよ。

nocoly (ノコリー) ICカード 残高表示機 BP-DMZHKPC

nocoly (ノコリー) ICカード 残高表示機 BP-DMZHKPC

 

7.Suica対応の自動販売機でチェック:

Suica払いに対応している自動販売機であれば、ジュースなどの買い物をしなくてもSuica残高の確認が可能*4。確認方法は非常にカンタンで、ドリンクのボタンを押していない状態でSuicaを読み取り端末に接触させればOK…というものです。

  • ドリンクのボタンを押してからSuicaタッチ:購入できてしまう
  • ドリンクのボタンを押さずにSuicaタッチ:残高確認が可能

たったこれだけでSuica残高が自販機に表示されるので、都合よくSuica対応の自販機が近くにあれば試してみてください。

ちなみにJR東日本系の自動販売機だけでなく、コカ・コーラ社やサントリーの自動販売機でも、Suica払いに対応している自販機であればこの方法で残高確認が可能です(実際にSuicaをあてて確認してみました)。

残高を気にせず使うならオートチャージが一番:

f:id:cardmics:20170410092521j:plain

ここまで7つほど、SuicaカードやPASMOカードの残高を確認する方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

これを見ても『残高を気にしながらSuicaを使うのは面倒だ!』と思った方は、是非、この機会にオートチャージ対応のSuica入手も検討してみてください。下記記事で紹介しているSuica内蔵クレジットカードであれば、実質年会費無料でオートチャージ用のSuicaとして使い続けることができますよ(iPhoneユーザーの私も使っています)。

以上、Suica残高を確認できる7つの方法まとめ!カードタイプのSuicaカードを利用している方は、これらの方法で残高チェックをしよう…という話題でした。

参考リンク:

Suicaチャージ用のクレジットカードが欲しい…と思っている方は、下記記事もあわせてどうぞ。ビックカメラSuicaカードと「ビュー・スイカ」カードのどちらが適しているかを比較しています。

news.cardmics.com

*1:SuicaカードやPASMOカード向けの記事ですが、TOICA、Kitaca、ICOCA、SUGOCA、マナカ、はやかけんといった他の交通系ICカードでもこれらの手法を利用すれば同様に残高確認は可能です。

*2:ここで言ってるのはFeliCa決済のことです。

*3:id:solidstatesocietyより情報を頂きました。有難うございます。

*4:id:OKPさんより情報をいただきました。

PAGE TOP