クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

あまりにも申込が殺到しすぎたため、東京駅開業100周年記念Suicaは1年かけて499万枚を発送するようです(届け順は抽選)。

f:id:cardmics:20150202183704j:plain

東京駅開業100周年を記念したSuicaの発行枚数がとんでもないことになっている…ということはみなさんご存知の通り。最終的にはなんと499万枚もの申し込みがあったようで、JR東日本側でも嬉しい悲鳴をあげているようです。

JR東日本は、1月30日~2月9日まで受け付けていた「東京駅開業100周年記念Suica」の最終的な購入申し込みが、合計で約499万枚に上ったと発表した。(中略)

記念Suicaは1枚2000円(デポジット500円+チャージ1500円)で1人3枚までの申込みが可能だった。申込件数はWebが約197万件、郵送が約30万件、申込み枚数はWebが約425万枚、郵送が約74万枚にのぼった。

25名に1人が持つ限定Suica:

いやはや、記念のためにこの記念Suicaを購入する…という方は多いのでしょうけれども、日本の人口と比較すると25名に1人が持つことに。これだけ発行されちゃうと限定感はゼロですよね、きっと(苦笑)。

まぁ不要になったらSuicaとしてそのまま利用するか、返金手続きをすればほぼほぼそのままのお金が戻ってくるので、その点はご安心を!保存したままにしておかなければ、価値ある2,000円だと言えます(Suicaには有効期限がありますが、返金手続きは可能)。

前回のご利用から長期間経過しているSuicaについては、入金(チャージ)残額が十分あるにもかかわらずご利用できない場合があります。ご利用できない場合はSuicaエリアの駅改札係員までお申し出ください。

なお、機器等での最後のご利用日から10年間一度もご利用がない場合、使用できなくなります。その際には、次のいずれかのお取り扱いをいたします。

発送は1年かけてじっくりと:

尚、申込枚数がすごいことになってしまったために、東京駅開業100周年Suicaの発送自体は1年かけてじっくりと行われるようです。

なにせSuicaの年間生産枚数を大幅に上回ってしまっていますからね、この対応も仕方ないところでしょう(発送は申し込み順ではなく、抽選で順番が決まる)。

希望者全員が購入できるよう増刷するが、Suicaの年間発行枚数(300万~400万枚)を上回っており、発送は来年3月ごろまでかかる予定。 

以上、あまりにも申込が殺到しすぎたため、東京駅開業100周年記念Suicaは1年かけて499万枚を発送するようです…という話題でした。

参考リンク:

Suicaをもっと活用したい…という方は下記記事を参考に。現金チャージをしている方はそれだけで結構な額を損してしまっていますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP