クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

SUBWAYのサンドイッチは、パン抜きの『サラダ』に出来る!その注文方法から価格、サラダでも野菜増量ができるかまでを解説。

f:id:cardmics:20140905163740j:plain

あまりご存知ない方も多いのですが、サブウェイで販売されているサンドイッチってパン抜きの『サラダ』にしてもらうことが可能です(上記の画像は私がローストチキンハニーマスタード サンドウィッチをパン抜きにしたもの)。

ちょっと野菜を取りたいけれども、あの大きなパンは食べたくないな…という場合や、低糖質ダイエットをしているのでパンは厳禁…という方は是非、店員さんにお願いしてサラダ仕立てにしてもらってみてください。

料金は全く変わりませんが、その分、レタスの量を多めにしたサラダ仕立てにしてもらえます。

サブウェイのサラダについて:

サラダの注文方法は簡単:

では、気になるサラダの注文方法は…というと簡単そのもの。

いつものように好きなサンドイッチを指定し、『これをサラダにしてください』といえばサラダ仕立てにしてくれます。

もちろん人気サンドイッチである、えびアボカドやローストビーフをサラダ仕立てにする…なんてものも可能。私はアボカドのサラダが好きなので、いつもえびアボカドのサンドイッチを選択した上でサラダにしてもらってます。

サラダの料金はサンドイッチと同額:

では、気になるサラダの販売価格はいくらなのか…というと、これはサンドイッチを注文した時とまったく同額。

『いやいや、パンがないのに料金が一緒ってちょっと高くない?』と思われるかもしれませんが、サラダにしてもらった時にはレタスの量が追加されるとのことなので、総合的に考えるとそこまで損なわけではないはず。

しかしまぁ、なんか勿体無い…という方や、ダイエット等をあまり気にしないという方であれば、最初からSUBWAYではサラダなんて注文せずにサンドイッチ一択でOKかもしれませんね。

サラダによっては美味しくない:

次に、選ぶサンドイッチの種類によってはサラダにしてもらっても美味しくない…なんて悲劇に見舞われることも。私がよく遭遇するのは、サラダに入れてもらったオニオン(玉ねぎ)が異常に辛くて食べられたもんじゃない…というケースです。

こういう時は事前にサラダになった時の姿を想像し、「オニオン抜きでサラダを作ってください」といった注文の仕方をすることが重要。

  • オニオンありで注文:美味しくない場合も
  • オニオン抜きで注文:レタスが多めになるので美味しい

これならレタスメインのサラダになるので、失敗したとしても問題なく食べられると思います。

ドレッシングの選択も注意:

あと、サブウェイ側のおすすめドレッシングが「マヨネーズ」のサンドイッチの場合、サラダにしてもドレッシングがマヨネーズだけになってしまうのであまり美味しくない…なんてことも。

こういった場合は最初から選択しないか、もしくはドレッシングをサラダ向きのものにして注文するなどしないと、味が薄くて美味しくない…なんてこともありますね。こちらも先ほどの注意事項同様に、サラダになった姿を想像した上で注文をするのが失敗しないコツです。

サラダ注文時でも『野菜増量』は可能:

ちなみに。

サブウェイでサラダを注文した場合でも野菜の増量は可能なのか?というと、これは問題なく可能。実際、サブウェイで働いている方がヤフー知恵袋で回答しています。

サブウェイで働いています。

レタスはサンドイッチの4倍はいっていますよ!もちろんその他のお野菜もご希望があれば多くできます。増量無料なので是非お野菜多めでご注文ください☆

このようにサブウェイのサラダは最初から野菜の量は多いものの、野菜増量を要望することで更に多くすることが出来るようなので、野菜チャージをしたいという方は試してみてください。

コツとしては「野菜多め」というのではなく、「野菜を全部2倍で!」というと全体的な量が多くなるのでおすすめですよ(それよりも「野菜をすべて最大量にしてください」という勇気があればこれがベストかも?)。

以上、SUBWAYのサンドイッチは、パン抜きの『サラダ』に出来る!その注文方法から価格、サラダでも野菜増量ができるかまでを解説…という話題でした。

参考リンク:

サブウェイでサラダを頼まなくちゃいけないくらいにストイックに糖質制限ダイエットに励まれている方は、下記記事もあわせてご覧ください。糖質制限中でもしっかりと食べられる主食を紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP