クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友カードが『三井住友ビジネスカード for Owners』の発行を開始!決算書や登記簿謄本の提出なしでも作れる経営者向けカードです。

f:id:cardmics:20170518150321j:plain

三井住友VISAカードでお馴染みの三井住友カードが、2017年5月15日より個人事業主や株式会社経営者を対象としたビジネスカード『三井住友ビジネスカード for Owners』の発行を開始したようです。

三井住友カード株式会社が公式リリースにて発表しました(こちらより引用)。

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、法人代表者・個人事業者の皆さまを対象としたクレジットカード「三井住友ビジネスカード for Owners」(以下:本カード)を新たに発行し、2017年5月15日(月)より会員募集を開始いたします。 

個人の信用力だけで作れるビジネスカード:

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴はなんといっても、決算書や登記簿謄本の提出不要で作れるビジネスカードであるという点。

要するに会社や個人事業の信用力ではなく会社経営者や個人事業主本人の信用力で作ることが出来るカードなので、個人事業を立ち上げたばかりの方や、赤字決算などで業績不振に悩む企業経営者の方に最適だと言えます。

  • 通常の法人カード:会社業績で発行可否が決まる
  • 三井住友ビジネスカード for Owners:経営者本人の信用力で作れる

入会時の提出書類は、代表者ご本人の確認資料のみ(登記簿謄本・決算書不要)で手続きが簡単。会社設立間もないお客様でもお申し込み可能。

個人の信用力はもちろん必要:

もちろんいくら会社業績うんぬん関係なしに作れるクレジットカードだったとしても、あなた自身の信用力が低い場合には作れません。

例えばすでにキャッシングを利用限度額一杯まで利用してしまっていたり、カード会社への返済でクビが回らない…という経営者だと三井住友カード for Ownersを入手することは難しいですが、逆にいえばそれ以外の方であれば問題なく申込OKなビジネスカードであるということ。

前述のように個人事業主になった直後でも入手できるカードでもあるので、これから事業をやりくりしていく上でクレジットカードが必要ならこのカードを検討してもらえればな…と思います(申込は下記公式サイトより可能)。

個人事業主は収入が少ないけれども:

フリーランスや店舗経営者などなど、個人事業主というのはその多くが低年収です。

これは税金を多く納めたくないといったものや、節税対策による成果だったりするために、実情としてはまぁ、そこまで生活に窮していない方は多いのですが、それでもその年収の低さゆえに、クレジットカードにはなかなか通りません。下手するとイオンカードや楽天カードといった年会費無料カードでさえも、入手が困難な場合すらもあることでしょう。

その点、三井住友ビジネスカード for Ownersなどは個人事業主を対象としたクレジットカードゆえに、年収が仮に低かったとしても経営年数などを参考に審査に突破できる可能性あり。「他社では審査に落ちてしまった…」という方や、「年収0円じゃ申し込めないんじゃないか?」という方も諦めずにこのカードを申し込んで貰えれば幸いです。

Apple Payにも対応:

applepay

あと、三井住友ビジネスカード for OwnersはiPhone版のおサイフケータイ機能とも言えるApple Payにも対応済み(アップルペイの解説はこちら)。

ひとたびiPhoneの中にこのカードを取り込めば、コンビニや飲食店、スーパーマーケットといった場所でスムーズに支払い可能になるので、仕事効率を求める経営者の方にも強くおすすめできますよ。朝の30秒を是非、節約してみてください。

以上、三井住友カードが『三井住友ビジネスカード for Owners』の発行を開始!決算書や登記簿謄本の提出なしでも作れる経営者向けカードです…という話題でした。

法人カードの参考リンク:

三井住友ビジネスカード for Owners以外の経営者向けクレジットカードをもっと知りたい…という方は下記記事も参考に。個人事業主向けから中小企業経営者向けなど、クレジットカードの専門家である私がおすすめする法人カードを紹介しています。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP