クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友銀行の普通預金金利が0.001%に!仮に普通預金口座に100万円預けたとしても1年間で付く利息はわずか10円のみです。

f:id:cardmics:20170804194612j:plain

先日話題にしたソニー銀行に引き続き、メガバンクの一角である三井住友銀行でも2016年2月16日より普通預金金利を0.001%に引き下げたようです。NHKが報じました(こちらより引用)。

大手銀行の「三井住友銀行」は、日銀がマイナス金利の導入を決めた影響で長期金利が低下していることを受けて、16日から普通預金の金利を過去最低と並ぶ0.001%に引き下げると発表しました。

発表によりますと、三井住友銀行は日銀がマイナス金利の導入を決定して以降長期金利が低下しているとして、普通預金の金利を現在の0.02%から16日以降、過去最低と並ぶ0.001%まで引き下げるとしています。これは利用者が10万円を1年間預けた場合、単純計算で利子が1円しか付かないことになります。

先月末のマイナス金利政策の導入決定以降、大手銀行が普通預金の金利引き下げに踏み切るのはこれが初めてです。 

100万円預けても利息は10円のみ:

この0.001%という普通預金金利がどのくらい異常なのか…というのは下記の通り。仮に100万円を普通預金口座に預けたとしても1年間で付く利息はわずか10円…と、雀の涙程度のお金しかもらうことが出来ません*1

  • 10万円を預けた場合:年間の利息は1円
  • 100万円を預けた場合:年間の利息は10円
  • 1億円を預けた場合:年間の利息は1,000円
  • 100億円を預けた場合:年間の利息は10万円

う~ん、さすがに100億円くらい預けるとまぁまぁの利息がもらえるような錯覚に陥ってしまいそうですが、今回の金利引下げまでは年間200万円もらえていたことを考えると目減りした分は大きいですよね。

もうさすがにこれでは普通預金にしろ定期預金にしろ、預金でお金を増やすのは無理な状況。お金を増やしたいならある程度のリスクをとって、株式投資などにお金を回すしかありません。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行も追随へ:

尚、三菱UFJ銀行やみずほ銀行といった他のメガバンクではまだ正式な預金金利引き下げの発表はない模様ですが、それも時間の問題だと思いますね。

なにせ預金金利が高いと言われているネット専業銀行ですら0.001%に引き下げないといけない状況なわけですから、メガバンクがどんなに足掻いたとしても高金利(?)の維持は難しいはず。この先1週間以内に続々と、定期預金金利を引き下げるという発表がされていくことでしょう。

以上、三井住友銀行の普通預金金利が0.001%に!仮に普通預金口座に100万円預けたとしても1年間で付く利息はわずか10円のみです…という国内ニュースでした。

参考リンク:

預金金利がつかないのであれば投資に少しお金を回してみよう…と思っている方は、下記の記事も参考にどうぞ。はじめての方でも使いやすい証券会社を紹介していますよ。

news.cardmics.com

*1:実際には利息には税金がかかるので、残る利息は0.0008%程度な状況です。つまり10万円預けても1円の利息ももらえません(四捨五入されるならもらえるかも?)。

PAGE TOP