クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友銀行の口座保有者であれば発行可能なVISAデビットカードが誕生!その名も「SMBCデビット(エスエムビーシー・デビット)」です。

三井住友銀行に口座を保有している方であれば作れるVISAデビットカードが、2016年10月下旬より発行開始になるようです。三井住友カードがプレスリリースにて発表しました。

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取:國部 毅、以下:三井住友銀行)と共同し、三井住友銀行に普通預金口座をお持ちの、満15歳以上の個人のお客さまを対象とした新商品「SMBCデビット(国際ブランド(Visa)付きデビットカード)」(※1)の発行を、2016年10月下旬(予定)より開始いたします。 

その名もSMBCデビット:

f:id:cardmics:20160818134147j:plain

その名もSMBCデビット(エスエムビーシー・デビット)。

SMBCとはSumitomo Mitsui Banking Corporationの略で、ざっくりいうと「三井住友銀行」という意味。そのため、SMBCデビットとはそのまんまですが、「三井住友銀行のデビットカード」だと思ってもらえれば間違いありません。

三井住友カードと比べると見劣りはするものの:

では今後、三井住友銀行の口座保有者は、三井住友VISAカードかSMBCデビットのどちらを使うのがお得なのでしょうか?

これは三井住友VISAカードを作ったほうがやはりお得。SMBCデビットを使って得られるポイントよりも、三井住友VISAカードを使って得られるポイントのほうが2倍以上も多いためです。

  • SMBCデビット:1,000円あたり2.5円分のポイント
  • 三井住友VISAカード:1,000円あたり5円~10円分程度のポイント

反面、SMBCデビットはまだ未定ではあるものの、年会費無料のVISAデビットカードになりそうなので、「1年を通してあんまりカードを支払いで使うことがないなぁ~」という方はSMBCデビットでも可。

三井住友VISAカードは残念ながら年会費がかかるクレジットカードなので、それを負担すべきかどうかで、どちらのカードを選ぶかを考えてもらえればと思います。

以上、三井住友銀行の口座保有者であれば発行可能なVISAデビットカードが誕生!その名も「SMBCデビット(エスエムビーシー・デビット)」です…という話題でした。

参考リンク:

世の中には三井住友VISAカードよりもポイント還元率が高く、それでいてSMBCデビットのように年会費無料なクレジットカードがたくさんあります。ポイントをもっと貯めたいなら、是非、下記記事も参考にしてみてくださいね。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP