クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

スマートフォンの普及が、日本にクレジットカード文化を根付かせてくれる!?近年、大学生のカード保有率が上昇中のようです。

f:id:cardmics:20180505154535j:plain

カードビジネスの総合情報誌「Card WAVE(カードウェーブ)」という雑誌の、2015年5・6月号に『大学生はスマホとSuicaがお好き』というコラムが掲載されていました。

今回はこのコラム欄が興味深かったので、その内容について記事を書いてみたいと思います。

大学生はスマホとSuicaがお好きについて:

スマホ普及がカード普及につながってる:

まず、このコラム『大学生はスマホとSuicaがお好き』の前半部分を要約するとこんな感じ。

10年前、大学生のクレジットカード保有率は10%程度だったのが、今やおよそ50%がクレジットカードを持っているように変化。

なぜ学生のカード保有率があがったのかというと、スマホの普及によって音楽コンテンツやアプリの支払いにカードを使う機会が増えたから…だそうです。

  • 10年前のカード保有率:10%
  • 現在のカード保有率:50%

まぁ、今回の統計はあくまでこのコラムの著者による肌感覚的なものに過ぎませんが、爆発的にスマホが若者に普及したことによって、大学生が必要に迫られてクレジットカードを作る傾向にある…というのはありえる話。

一見、関係がなさそうな2つの事象「スマホの普及」と「クレジットカードの普及」は、案外、近いところにあるというのは興味深いなーと思います*1(大学生向けのクレジットカード紹介は下記記事にて)。

news.cardmics.com

ネット通販でもクレジットカードがないと不便:

また、大学生に限ったことではありませんが、ネット通販やネットスーパーなどの普及も、クレジットカードの普及に役立ってる感じもあり。

やはり通販で買い物をする場合には、代引きや後払いよりもクレジットカード払いで購入してしまったほうが決済がラクなので、こちらにも相関関係がありそうですよね。

  • ネット通販が普及する→同時にクレジットカードが普及する
初めてのカードが楽天カードになる時代:

まぁそうじゃなくても楽天市場が普及すれば楽天カードが、ヤフーショッピングやヤフオクが使われればYahoo! JAPANカードが…と、どちらの企業もクレジットカード勧誘に積極的なので、勝手にクレジットカードは普及していく可能性大。

実際、それを証明するかのようにインターネット掲示板やQ&Aサイトには「楽天カードがはじめてのクレジットカードです」みたいな書き込みが多数溢れてる状況がありますからね。

一昔前なら三井住友VISAカードやJCBカードがはじめてのクレジットカードの筆頭だったわけですから、これも時代の流れと言えそうです。

クレジットカードないと不便な時代に:

f:id:cardmics:20180126114916j:plain

こんな感じでクレジットカード単独での需要は広がらなくても、その他の事象「学生のスマホ保有率アップ」や「通販サイトの浸透」に連動してクレジットカードの普及率はあがっていくもの。

そうして徐々にクレジットカード払いに対する抵抗感のようなものが薄れていった先には、日本国内でもキャッシュレス文化が根付いていくのかもしれません。

個人的にはそれに期待したいなと思います(キャッシュレス化していく必要性については下記記事を参考に)。

以上、スマートフォンの普及が、日本にクレジットカード文化を根付かせてくれる!?近年、大学生のカード保有率が上昇中のようです…という雑談でした。

参考リンク:

クレジットカードをまだ作ったことがないっ!という方は、初めての方向けのクレジットカード特集も是非、ご覧ください。大学生や新社会人にもおすすめのクレジットカードを紹介しています。

news.cardmics.com

*1:まぁ入学と同時にクレジットカードを作らされるケースなんていうのも増えているわけですが、そういう大学の場合には大学生のクレジットカード保有率100%なはずなので、今回、コラムを執筆された山本正行氏が講義をしている大学とは異なると思われます。つまり純粋に大学生のカード保有率はあがっているだろう…ということですね。

PAGE TOP