クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

民事再生手続き中のスカイマークに、デルタ航空が支援を検討?実現すれば国内路線におけるJAL&ANAの寡占状態に変化が生まれそう。

http://www.flickr.com/photos/46799619@N04/11404530974

photo by Clément Alloing - CAphotography

民事再生手続き中のスカイマーク航空に対して、世界的な航空会社であるデルタ航空が出資を検討している…というニュースが、時事通信社に掲載されていたので今回はそれを紹介させていただきます。

米航空大手デルタ航空が民事再生手続き中のスカイマークの支援を検討していることが14日、明らかになった。最大債権者の米航空リース会社イントレピッド・アビエーションの再生計画案に約2割の出資者となる方向で調整している。 

JALとANAの寡占状態:

現状、日本の国内路線については、ほぼほぼJALとANAが寡占している状況。Air Doとかスターフライヤーとか別の航空会社も確かにありますが、こういう会社に対しても実はJALやANAの息がかかっている状況なんですよね。最近話題のLCCである、ピーチやジェットスター・ジャパンなんかにもしっかりJAL&ANAのお金は入ってます。

これに加えて独立系だったスカイマークまでJALやANAの支援が入ってしまったら、更にその寡占状態が進行してしまう心配があったため、ANAがスカイマーク支援をするという意向を示したあとも一悶着あったわけです。

デルタ航空が入ってきてくれたら面白い:

その点、デルタ航空がスカイマークに出資することになれば、これはこれで面白いなと思いますね。2社による競合ではなく3社による競合になれば、サービスや価格面での競争も加熱することになるので、高いと言われている日本の航空券がもう少しは安くなるかもしれません。

また、デルタ航空のスカイマイルを貯めているという方も、私を含め世の中には多いと思うので、そういった方にもこれは朗報ですよね(スカイマイルはクレジットカード決済で貯めやすく、有効期限がない)。

まぁ外資が日本に入ってくる…ということに対しては抵抗感がある方も多いと思いますが、世界的な航空会社が入ってくる市場活性化効果は大きいと思うので、私はそのアイデアを支持したいなと思ってます(米航空リース会社イントレピッド・アビエーションの再生計画案)。

以上、民事再生手続き中のスカイマークに、デルタ航空が支援を検討?実現すれば国内路線におけるJAL&ANAの寡占状態に変化が生まれそう…という話題でした。

尚、スカイマーク航空は経営破綻後も運行しているので、JALやANAよりも割安な航空券が欲しいという方は、価格チェックをしてみてくださいね。

PAGE TOP