クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ガストやバーミヤンが試験的にセルフレジ導入!支払いはクレジットカードや電子マネーに対応し、現金払いは使えないレジになるようです。

skylark

ガストやバーミヤンといったすかいらーく系列のファミレスで、2017年1月17日以降、試験的にセルフレジ導入が行われているようです。朝日新聞が記事にしました。

外食大手のすかいらーくは24日、客が自分で会計をする「セルフレジ」を一部店舗で試験導入したと明らかにした。(中略)

運営する都内のファミリーレストラン「ガスト」「ジョナサン」「バーミヤン」の計3店舗で17日から順次導入しており、効果を見て他の店舗にも広げるかを検討する。

支払いはクレジットカードや電子マネーのみ:

今回導入されたセルフレジでは、クレジットカードや電子マネー(楽天EdyやiDなど)による支払いのみに対応しているようなので、残念ながら現金払いは利用することが出来ません。

客は食後に伝票を持ってセルフレジに行き、レジに伝票を読み取らせてお金を支払う。クレジットカードと「楽天Edy」など電子マネー専用で、現金は使えない。

しかし、普段からクレジットカードなどの電子決済をメインに使っている方からすると、会計の列に並ばなくても良くなるこのセルフレジは助かる存在になるはず。

日経新聞の記事によると会計速度は1人あたり10~15秒で済むそうなので、有人レジでの処理速度(1人あたり40秒)よりもグッと早く、会計を済ませられるメリットがありそうです。

  • セルフレジで会計:10~15秒
  • 有人レジで会計:平均40秒ほど

iDが使えるということはApple Payも:

また、すかいらーくに設置されるセルフレジではiD決済も利用可能。

これはつまりiPhone利用者であれば使えるApple Pay払いにも対応しているということを意味するので、iD払いが使えるという方は携帯ひとつでファミレス代金の支払いをすることが出来ます(Apple Payで使えるカードは下記記事参照)。

反面、SuicaやWAON、nanaco払いにはまだ未対応っぽいので、このあたりが普及のカギになりそうな気もしますね。特にSuica利用者は多いので、その対応があるかどうかでセルフレジ利用者の数にも影響がありそうな気がします。

今後はセルフレジが増えそう:

076

お店側としても人員削減やランチタイムの混雑緩和…などなど、メリットが多いセルフレジなので、今後もこんな感じでセルフレジ導入店舗は増えていくそうな感じ。

まぁ現金払いを主に利用している方からすると不便な世の中になっていくのかもしれませんが、私のような普段からクレジットカードや電子マネーばかりを利用している人間からすると、こういう導入は歓迎していきたいですね。是非、すかいらーく全店舗での導入をお願いできればなと思います。

以上、ガストやバーミヤンが試験的にセルフレジ導入!支払いはクレジットカードや電子マネーに対応し、現金払いは使えないレジになるようです…という話題でした。

参考リンク:

この機会にクレジットカードを作ってみようかな…と思う方は、下記記事を参考に。はじめてクレジットカードを作る方におすすめのカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP