クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

SimilarWeb数値と実際のアクセス数に乖離が出てきたので、その誤差からSimilarWebの仕組みを推測してみる。

http://www.flickr.com/photos/74601184@N00/6995946039

photo by neeravbhatt

おかげ様で当サイト『クレジットカードの読みもの』は月間アクセスが右肩あがりの状態…なんですが、SimilarWebで自分のサイトをチェックしてみると、アクセスがかなり減少している状態になっています。

  • SimilarWeb:アクセスが減少傾向
  • 実際のアクセス数:右肩あがりで増加中

では、この数値の乖離はなぜ出てきてしまったんでしょうか?今回は当サイトのアクセス解析データ(Google Analytics)を晒しながらその原因を推測し、SimilarWebの仕組みそのものを探ってみようかと思います。

f:id:cardmics:20150508143516g:plain

クレジットカードの読みもののアクセス推移:

早速、クレジットカードの読みもののアクセス推移をいくつか晒していきます。まずはオーガニックサーチ、つまりYahoo!Googleなどからのアクセス数です。

f:id:cardmics:20150508144135g:plain

前述のように、おかげ様でアクセス数が伸びている状態ですね。当サイトの場合、検索エンジンからのアクセス数が全体の71%と主のため、この数字が伸び続ける限りはサイト全体のアクセス数も伸びていくと思います。

次にダイレクトのアクセス:

次にダイレクトのアクセス推移です。これはどこから来たのかわからないアクセス数ということですが、ブラウザブックマークから来てくれた方、RSS経由で来てくれた方、携帯電話のアプリ経由で来てくれた方などが主になるかと思います。

f:id:cardmics:20150508144706g:plain

こちらは伸び悩んでいるものの、均せば増加傾向にあると言えるかもしれません。直接見に来てくれる方が多い=固定客が増えているということも出来るので、嬉しい限りです。本当に有難うございます。

最後がソーシャル経由のアクセス推移:

最後がはてなブックマークやFacebook、ツイッターなどのソーシャル経由で来てくれるアクセス推移です。

f:id:cardmics:20150508144651g:plain

こちらはぼちぼち…といった感じでしょうか。はてなブックマークで1000を超えるような超ヒット記事などが最近は出ていないので、悪くもなくよくもなく…という状態であると言えます。ちなみに全体に対する比率として9.7%、かなり少なめですね。

SimilarWebは何を見て推測しているのか?

ここまで3つのアクセス推移を紹介させてもらいましたが、なにか気づくことはありませんか?そうです、SimilarWebのアクセス推移と、ソーシャル経由のアクセス推移が酷似しているという点ですね。もう一度並べるとこんな感じ。

f:id:cardmics:20150508143516g:plain

f:id:cardmics:20150508144651g:plainどうでしょうか?SimilarWebにおける4月15日付のデータとは少し乖離がありますが、ほぼほぼ似たような数字になっていると思います。

つまり、あくまで推測でしかありませんが、SimilarWebはツイッターやFacebookなどでどのくらいシェアされているかを元に、数字を推測している可能性が高そうな感じ。もちろんそれだけで数字を作っているわけではないと思いますが、ソーシャル経由のシェア数を元に推測している部分は大きいと想像できますね。

SimilarWeb上ではソーシャルからのアクセス数が19.28%:

あと、当サイトにおけるソーシャルからのアクセス比率は全体の9.7%ですが、SimilarWeb上で表示されている比率は19.28%…。約2倍の違いがあります。

  • SimilarWebの数字:19.28%
  • 実際の数字:9.7%

f:id:cardmics:20150508145750g:plain

つまりこれは、SimilarWebが当サイトにおける検索エンジンからのアクセス数を、半分程度しか認識できていないということ。やはり検索エンジンからのアクセス数が実際にどのくらいあるかは、SimilarWebといえども捕捉するのが難しいと言えますね。

  • 得意:ツイッターなどのソーシャルからのアクセス推測
  • 苦手:検索エンジンからのアクセス推測

以上、SimilarWeb数値と実際のアクセス数に乖離が出てきたので、その誤差からSimilarWebの仕組みを推測してみる…という話題でした。結局まぁ、どうやってこれだけの解析データをSimilarWebが作れてるのかは未だによくわかりませんが、すごく役立つサービスなので、今後も活用させてもらおうかなと思います。

PAGE TOP