クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

『お金の取り立て』は誰の元にくるのかを考えれば、消費者金融なんて怖くない。お金を借りるなら返済計画はきっちりと立てよう!

Hiding the settlement cash

消費者金融は怖い…という負のイメージを持ってる方って意外と多いもの。

例えば『おらっ、山田!居るのわかってんだよ!出てこいや!ドンドンドン』と、パンチパーマに金のネックレスのおじさんが自宅まで取り立てに来る…というような印象を持っている方のほうが、むしろ世の中的には多いはず…。

更に『その腎臓、1個くらい無くなっても大丈夫だよね?』など、お金の返済が出来なくなったら臓器売買まで求められるんじゃないか…とか、東京湾の海の底に…といった具合に、命の危機までを連想する方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回はそんな消費者金融に対するイメージと、実際のその姿の違いについての記事を書いてみたいと思います。映画やドラマの中のイメージはほんとうなのかどうか、興味があるという方は是非、ご覧ください。

大手消費者金融はまるで銀行対応そのもの:

まず、非常にガッカリ(?)かもしれませんが、実際の消費者金融、特に大手と呼ばれるところはそんな悪質な取り立てはしません。

なにせ、そのほとんどは三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンク系列の関連会社。仮に利用者を脅すような悪質な行為があれば、消費者金融ともどもメガバンクにまで金融庁から厳しいお達しをいただくことになります(下手すりゃ営業処分です)。

だから大手消費者金融に行ってみればわかりますが、アコム、プロミス、モビットなどなどの消費者金融は、ほんとまるで銀行のような感じです。

丁寧な受付、借入審査、返済の説明などを受けることが出来るため、これがあの消費者金融か…とむしろ逆に安心してしまうほど。そのギャップに多くの方がやられてしまうはずです(大手消費者金融については下記記事も参照)。

お金の取り立てはどうなの?

では問題の取り立てはどうなのか…というと、これもちょっと考えてみてください。そもそもお金の取り立てというのはどこにやってくるか?ってことです。

当たり前ですが毎月きちんとお金を返済している人のところには、『よぉ、兄ちゃん。返済いつもありがとうな』みたいな人はやって来ません。そんな人件費と交通費は、企業としてわざわざ払う必要性がないからです。

取り立てがやってくるのは返済しない人:

ではどこに取り立てがやって来るのか?それは当然ながら、毎月、決められた返済金額を払わない人のところ。約束通りにお金を返してくれないからこそ、頼むから返してよ…とわざわざ自宅まで取り立てがやってくるわけです。

  • 毎月返済する人…取り立てはやってこない
  • 返済をしない人…取り立てがやってくる

一般的なイメージでは、消費者金融を利用している全ての人のところに取り立てがやってくるような感覚を持っている方が多いですよね。だから消費者金融=怖いという印象に繋がっているのかも?と思います。

しかし実際はというと、きちんと返せる自信がある人にとっては、消費者金融なんて怖いことないんですよ。むしろ資金に困った時に契約に沿ってお金を貸してくれる、有難い個人向けの銀行みたいなもんなんです。

大手消費者金融は取り立てにも来ない:

また、前述のアコムやプロミスといった大手消費者金融の場合には、仮に返済を滞らせたとしても取り立てにすら来ない場合も…。

例えば10万円を貸した人が遠方の群馬県に住んでいる場合、東京からその人の元に取り立てに行くのだってタダではなく、交通費や人件費がかかる。だったら電話での取り立てのみにして、自宅に返済を催促しにいかない…という場合も多いです。

  • 家まで取り立てに行く:交通費+人件費がかかる(企業として痛手)
  • 電話での取り立て:電話代+人件費のみで取り立てが出来る

まぁ近くに消費者金融の営業所(貸出ブースではありません)がある場合には取り立てに来る可能性大ですが、それ以外のケースではそれほど恐れることもないのですね。

消費者金融を利用するなら返済計画が命:

Money

このように返済計画さえきちんと建てた上でお金を借りるのであれば、消費者金融なんて怖いことありません。また、取り立てについても金融庁の目が光っているので、ドラマで見るような怖い取り立てなどもレアです(全く無いとは言い切れないようですが、もしそういった取り立てを受けたら金融庁に報告してください)。

以上、『お金の取り立て』は誰の元にやってくるのかを考えれば、消費者金融なんて怖くない…という話題でした。

尚、勘違いしている方は多いのですが、消費者金融とヤミ金は違います。下記記事のようにヤミ金には法律が通用しない場合がありますので、絶対に利用しないようにしてください。それでも利用してしまった場合には冗談ではなく、東京湾の海の底に…という可能性もゼロではありませんよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP