クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの審査に通るかどうかは、申し込んでみるまでわからないのか?カードを申請する前に審査に通るか知りたい方へ。

3D Home Inspection Checklist

クレジットカードを申し込む前に、そのクレジットカードの入会審査に通るかどうかを知りたい…という要望をお持ちの方は多いと思いますが、結論から先にいってしまうとそれは出来ません。

理由は単純な話で、クレジットカードを発行する側としてみれば、みなさんの個人信用情報を確認してみないと、審査の可否を確証することが出来ないため(個人信用情報とは何かわからない方はこちらを先にお読みください)。

要するに自己申告の信用情報ではなく、第三者が客観的に構築している個人信用情報機関のほうが信頼性が高いということなんですね。

  • 信頼性が低い:自分の収入は1,000万円で、他社カードは3枚持っているという自己申告
  • 信頼性が高い:保有クレジットカード枚数と、利用残高などがわかる個人信用情報

自己診断できるサイトもある:

ただ、すべてのクレジットカードでそういった診断が出来ないわけではありません。アコム マスターカードのようなざっくりと審査に通るかどうかのチェックを設けているクレジットカードも、あるにはありますね(3秒診断)。

もし審査に通るかどうか不安でしょうがない…という方は、まずはアコム マスターカードの3秒診断を受けてみて、クレジットカードが発行できるかどうかをチェックしてみてください。かなり簡易的なチェックにすぎないので参考程度にしかなりませんが、アコム マスターカードでカード発行が可能な方であれば、他のクレジットカードでも審査に通る可能性は充分にあると思われますよ*1

個人信用情報をチェックしてみる:

あとは個人信用情報に信用力を落とすような情報が掲載されているかどうかを事前チェックしてからクレジットカードを申し込むというのも一案ですが、まぁ…そこまで詳しくわかっている方は敢えてそんなことしなくても自分が審査に通るかどうかくらいはなんとなくわかることでしょう(取り寄せ方は下記の記事を参照)。

このようにクレジットカードを申し込む前に審査に通るかどうか…というのは、申し込んでみないとわからないことのほうが多いので、『審査に落ちてしまうかも…』と過度に怖がらずに申込をしてしまってOK。

仮に審査に落ちたとしても命まで取られるようなものではないので、ご安心いただければと思います。

審査に落ちても半年後には消える:

Online Shopping

では、手当たり次第にクレジットカードを申し込んでも良いのか…といえばそんなことはありません。

クレジットカードを申し込んだ履歴というのは個人信用情報機関に約6ヶ月ほど記録&保管されるものなので、節操なくカードを申し込んでいるとその履歴だけで審査落ちしなくても良いカードも落とされてしまう可能性があります。

なにごとも「ほどほど」が重要なので、欲しいカードがたくさんある方も、どのカード審査に通るかわからないくらいに信用力が低いかも…と思う方も、半年で3枚程度のカード申込で抑えておいてもらえればと思います(半年経てば申込履歴は消えます)。

以上、クレジットカードの審査に通るかどうかは、申し込んでみるまでわからないのか?カードを申請する前に審査に通るか知りたい方へ…という話題でした。

参考リンク:

審査難易度に関連する記事をいくつか並べておきます。カード審査を理解する上でも良い記事だと思うので是非、お読みください。

*1:説明するまでもないかもしれませんが、こういう診断チェックというのはその結果を補償するものではないので、いくら3秒診断でクレジットカード発行可能という回答を貰ったとしても必ずクレジットカードが作れる補償はありません。簡易的なチェック程度の気持ちでお使いください

PAGE TOP