クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

チケットショップで売られている新幹線切符の買い方、使い方を解説!自由席切符と指定席切符の2種類が売られているので注意です。

http://www.flickr.com/photos/27889738@N07/3509822785

photo by ykanazawa1999

チケットショップでよく販売されている新幹線切符。

これ、購入したことがない人間からすると、「どうやって使えばいいの?」といった使い方に関する疑問や、「チケットショップで買った新幹線切符を使うと駅員から怒られそう…」といった使い方に関する疑問などがあるため、ものすごく心理的なハードルが高いものなんですよね(私も昔はそうでした)。

そこで今回はそんな新幹線切符をチケットショップで購入する方法から、利用するにはどうしたらいいのかといった初心者向けの解説してみたいと思います。まだ怖くて一度も購入したことがない…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

チケットショップで新幹線切符を購入する方法:

まず、チケットショップで新幹線切符を購入する方法を解説しておきます。

  1. チケットショップに行く
  2. 購入希望の区間を店員に伝える(例:東京から新大阪まで)
  3. 自由席か指定席かを伝える
  4. 購入枚数を伝える
  5. 現金を払う(領収書が必要ならこの時に)

たったこれだけです。これで基本的には店員がいろいろと教えてくれるので問題なく切符を購入することが出来ると思います。

指定席か自由席かは事前に決めておこう:

注意点としては3番目の「自由席券か指定席券か」について。

たとえば静岡駅から東京駅までの近距離区間の新幹線切符を購入する場合にはこういった種類を聞かれることはありませんが、東京駅から名古屋駅や新大阪駅、そして博多駅までなどの主要駅間の切符を購入される場合には稀に聞かれることがあるので自分の中で先に決めておきます。

  • 近距離区間(こだま区間など):すべて自由席券
  • 長距離区間(のぞみ区間など):指定か自由かを選べる場合も(ほとんどの場合は指定席券のみの販売)

原則、自由席切符のほうが指定席切符よりも安いですが、東京から新大阪駅間の場合には自由席が非常に混雑することが多く、下手をすると座れないことも多いので指定席切符を購入しておいたほうが無難です。

  • 自由席切符:値段は安いが下手をすると座れない
  • 指定席切符:値段は高いが必ず座れる

購入した新幹線切符の使い方:

http://www.flickr.com/photos/27889738@N07/3289774573

photo by ykanazawa1999

次に購入した新幹線切符の使い方ですが、こちらも自由席券と指定席券で使い方が異なります。

まず自由席券はシンプルそのもの。自動改札機にそのまま入れれば新幹線切符として利用できるので、そのまま新幹線の自由席に乗り込めばOK。特に難しいことはまったくありませんし、どこかで正規の切符と交換する手間などもありません。

では指定席券はどうすればいいのかというと、これはみどりの窓口や指定席券売機などを利用して席を指定する手間が必要に。

  • 自由席切符:そのまま改札に挿入
  • 指定席切符:みどりの窓口や指定席券売機で座席指定

まぁそのまま指定席券を使って自由席を利用することも出来るのですが、この場合だとせっかく指定席が使える追加料金分をムダにしてしまうことに繋がるので、やはり座席を指定したほうがなにかと快適です。

指定席券を使った指定席の指定方法:

チケットショップで入手した指定席券を利用した座席指定をするなら、初心者はみどりの窓口を使うのがおすすめ。

こちらであれば窓口の人に指定席券を渡し、自分が乗りたい新幹線を伝えるだけであとはパッパッと座席指定をしてくれるので、みなさんがやるべき作業はほとんどありません。

この際、窓口の席がいいとか、2人席じゃなくて3人席がいいとか、新幹線車両の前のほうや後ろの方がいいなどの要望がある場合には、窓口の方に相談をしてみてください。指定席の空きに余裕がある場合なら、チケットショップで購入した指定席券であったとしても問題なく対応してもらえます。

指定席券売機での座席指定も慣れればラク:

反面、指定席券売機を利用した席の指定が可能ですが、こちらは不慣れな方だと窓口対応よりも時間がかかってしまうかもしれないので、機械操作が苦手な方は素直に窓口に並んだほうがいいかも。

『いやいや、自分は大丈夫だ』という方や、時間にゆとりがある方は是非、指定席券売機にも挑戦してみてください。慣れればそれほど難しい作業ではありません。

お手持ちの指定席タイプのおトクなきっぷを利用して、指定席の予約が可能です。回数券、往復きっぷの他に、フリーパスタイプのおトクなきっぷもご利用いただけます。

駅員から怒られたりしないの?

ちなみに。

金券ショップで購入した指定席券を使おうとすると駅員に怒られるのでは?なんて心配に思っている方も多いのですが、こちらはなんの問題はなし。

なにせチケットショップで売られている指定席券はそもそもJR東日本やJR東海といった会社が正規に販売した回数券なので、それを利用しようとして怒られるようなことはあり得ません。正規に購入した新幹線切符だろうがチケットショップ経由だろうが、はたまたヤフオクやメルカリ経由だろうが、新幹線切符は常にどんな時も堂々と使ってOKですよ。

自由席券を追加料金で指定席券にすることも出来る:

チケットショップで購入した新幹線の自由席券を、みどりの窓口などで指定席券やグリーン車券に変更することも実は可能。

まぁ追加料金が必要になるのでそれほどおすすめはしませんが、混雑しそうな朝方や終電間際の新幹線を利用するのであれば、事前に座席を確保することもアリかもしれません。是非、自由席しか使えないと諦めずに活用いただければと思います。

チケットショップで節約しよう:

http://www.flickr.com/photos/38193766@N08/14355266989

photo by Antonio Tajuelo

ここまでチケットショップを通した新幹線切符の購入方法や使い方を解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

チケットショップで購入するとだいたい新幹線切符が5~7%オフくらいで購入できるので、とにかく旅行代金を1円でも安くしたい方は活用してみてください。家族みんなで東京から大阪まで旅行…といった場合には、これだけで5,000円以上の節約になることだってありえますよ。

以上、チケットショップで売られている新幹線切符の使い方を解説!主に自由席切符と指定席切符の2種類が売られているので注意です…という話題でした。チケットショップではクレジットカード払いの利用が出来ないので、お店に行く場合には銀行ATM等でお金をおろしてから行くようにしてもらえればと思います(4人分の新幹線切符を購入するにはかなりの大金が必要です)。

参考リンク:

チケットショップに行く時間がない…という方は、ネット経由で安く新幹線切符を予約できる下記サービスも活用してみてください。

JR東海区間の大幅割引は難しいですが、JR東日本区間の新幹線ならかなり安く切符を取得することが出来ますよ。金券ショップで購入するよりも確実にお得です(ビューカードを利用すると更にお得なので、下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

PAGE TOP