クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

質屋で中古ブランド品を購入し、即座に買い取りしてもらうお客さんの目的とは?普通に考えれば差額分だけ損して終わりです。

f:id:cardmics:20170717002254j:plain

グッチやROLEX、ルイ・ヴィトンといった高級ブランド品の取り扱いがある質屋を使って、クレジットカードのショッピング枠を現金化しようとする方がいる。

そんな驚きの話題がとあるサイトに掲載されていたので、今回は雑談がてら紹介をさせてもらおうと思います(こちらより引用)。

クレジットカードの現金化に悪用されるケース

もっとも多い悪用例がクレジットカードの現金化に利用されるケースです。

お店で商品購入した直後に「それじゃこれ買取で!」などと言ってくるのでは、慣れないうちはこちらも「え?」となってしまいます。

もちろん「これすぐに売りたいんですけどいくらになりますか?」などと聞いてくる方もいらっしゃいます。

この場合、換金率の高い「ルイヴィトン」や「ロレックス」の新品商品を対象とする場合が多いです。

  • ルイヴィトン新品15万円のバッグをすぐに買取で⇒12万円
  • ロレックスの新品80万円の腕時計をすぐに買取で⇒70万円

だいたいこれくらいの換金率ですので、クレジットカードのショッピング枠の現金化に利用されるケースはかなり多いです。

クレジットカードの現金化は法律的にはグレーゾーンですが、カード会社の規約違反となる場合もあり、こうした利用例は悪用といっても過言ではないかと思います。

なぜ購入した商品をすぐに売却するのか:

まず、クレジットカードの現金化とは無縁の世界で生きている方からすると、『えっ、なんで買い物をした直後にその商品を売却するの?』と疑問に思われるかもしれませんが、お金に困った方からすると損してでもやる価値のある行為。

その仕組みは非常にシンプルで、たとえばクレジットカード払いで財布を購入し、それを即座に売却すれば手元に現金のみが残るため、その「時間差」を利用して現金を手に入れてしまおう…という方がいるのですね。

  • 現金払いで購入し、即座に売却:単純にお金だけが損する
  • カード払いで購入し、即座に売却:手元に現金が残り、請求は後でやってくる

キャッシングすればいいのでは?

こう書くと『いやいや、だったら消費者金融からお金を借りるとか、クレジットカードのキャッシング枠を使って借金すればいいじゃん』と思うのが普通の感覚。

しかし、お金に困っている方というのはすでにその借入可能な枠を目一杯使い切ってしまっているので、最後の頼みとしてクレジットカードのショッピング枠(買い物で使うことができる枠のこと)を使おうと試みるのです。

これが俗にいう『クレジットカードの現金化(ショッピング枠の現金化)』。

もちろん現金化はクレジットカードの利用規約違反に当たる行為なので絶対に使わないで欲しいですが、お金に切羽詰った方だとワラをもつかむ思いでショッピング枠を不正利用してしまう方がいるのも事実ですね。

もはや解決しなくてはいけない、社会問題のひとつだといっても過言ではないと思います(現金化を使ってはいけない理由については下記記事にて)。

news.cardmics.com

質屋で現金化をしようとするのが衝撃的:

f:id:cardmics:20170804192454j:plain

少し話がそれましたが、こんな感じでお金に困った方というのはクレジットカード払いで購入してそれを売ることで現金を手に入れようとする傾向あり。

ただそれでもブランド品の取扱がある質屋で購入して即売却…という行為をする方がいるとは思いませんでしたね。前述のブログ記事の内容が事実ならば、

  • ルイヴィトン新品15万円のバッグをすぐに買取で⇒12万円
  • ロレックスの新品80万円の腕時計をすぐに買取で⇒70万円

こういった商品をクレジットカード払いで購入することで、現金を入手している方は少なくないのでしょう。

質屋は拒否する理由がない:

ちなみに。

記事内容を見る限りではありますが、質屋側としては仮にそれが現金化に使われることを認知していたとしても、クレジットカード払いで商品を販売して即、買い取りを行っているようです。

これは言わば、違法なクレジットカード現金化業者とまったく同じことをやっていることになるんですが、質屋の立場からすると『買いたい!』と言ってるお客さんに売らない理由もないですし、『売りたい!』と言ってきたお客さんから買い取らない理由もないので、すごく難しいところだな…とも思います*1

  • クレジットカード現金化業者:違法&逮捕されることも
  • ブランド品の取扱のある質屋:合法&逮捕例はなし

キャッシング枠の規制よりも金融教育を:

まぁこんな風にアレコレ抜け道がある以上、法律でキャッシング枠のみを規制してもあんまり意味はありません。

ほんとうに必要なのは借金を出来なくすることではなく、借金をしなくても良いような知識を付けてあげることだと思うので、金融教育の必要性を再度、国として検討してもらえればなと思います(金融教育の重要性は下記記事などにて)。

以上、質屋で中古ブランド品を購入し、即座に買い取りしてもらうお客さんの目的とは?普通に考えれば差額分だけ損して終わりです…という話題でした。

参考リンク:

メルカリで現金紙幣が販売されていた…というのも、基本的な構造は一緒。

クレジットカード払いで現金紙幣を購入し、支払いを後回しにすることで現金を手に入れようという方がいたためのものですが、このように塞いでも塞いでもクレジットカード払いが出来るものがある限り、現金化に利用される可能性は残りますね(メルカリの件は下記記事にて)。 

news.cardmics.com

*1:質屋としては販売&買取を同時にできるメリットがあるだけでなく、商品の鑑定等にかかる時間も省略できるので非常にうまみのあるビジネスですよね、これ。法律等で規制でもしない限りは、販売しない…という選択肢にはならないのではないでしょうか?

PAGE TOP