クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

検索エンジンで上位表示されるために、私が意識している5つの執筆テクニックまとめ!SEOを意識しすぎない文章を書こう。

http://www.flickr.com/photos/7748624@N03/4465714643

photo by Eli Juicy Jones

今回は私が意識している、検索エンジンで上位表示されるための執筆テクニックをまとめてみたいと思います*1

最近ずっとクレジットカード記事ばかり書いていたので、少し飽きてしまった…というのもあるんですが、たまにはこういう赤裸々(?)な記事も良いだろうと思うので、是非、時間があるブロガーさんは読んでみてください。あくまで私が効果を感じているSEO対策でしかありませんが、参考にはなると思いますよ。

SEOを意識した執筆テクニックまとめ:

1.文章の冒頭には記事の重要なキーワードを置く:

SEOライティングの基本…とも言える内容かもしれませんが、記事冒頭には必ず、その記事のタイトルに関連するキーワードを含んだ文を置くようにしています。これはタイトルと関係のない雑談から入ってしまうと、主題と中身がズレた文章と検索エンジン側に判断されてしまう可能性があるためですね。

  • 雑談から始めた場合:タイトルと中身が違う文章と判断される
  • 冒頭にキーワードを置く:タイトルと中身が適合した文章を判断される

まぁ最近はそんなにこれは意識しなくても大丈夫になってきている感もありますが、SEOの基本はきちんと意識しておくに越したことはないので、個人的にはしっかり対策するようにしていますよ。

2.文章の最後に『以上、○○でした』を置く:

次に私が書いている文章の特徴とも言えるものなので、見たことがある方も多いと思いますが、私は必ず文章の最後に『以上、○○でした』を書くようにしています。この記事だと『以上、検索エンジンで上位表示されるために、私が意識している5つの執筆テクニックまとめ!SEOを意識しすぎない文章を書こう…でした』ですね。

これを設置する意図は単純に、タイトルと全く同じ文字列を文章に含めることが出来るため。こうすることで検索エンジンからするとタイトルと中身が適合しているんだということが判断しやすいこと、そしてタイトルに設置しておいた『検索してほしいキーワード』を文章の中に多く置いておくことが出来るというメリットがあります。

なかなかタイトルの文字を文中に置けないことも多い:

それに文章を書いている方であればわかってもらえると思いますが、タイトルで使っているキーワードって、なかなか文中で使うことが出来なかったりするんですよね。

たとえば「汚れがズバッと落ちる!○○洗剤を使ってみた感想」みたいなタイトルの場合、「汚れがズバッと落ちる」という表現を文章の中で使うのは難しいものなんですが、文章の最後で『以上、○○でした』を設置すればこの問題を解決することが出来ます。

基本的に検索エンジンはタイトルでのみ使われているキーワードを検索順位において評価してくれないので、このテクニックが活きてくるのですね(例:楽天カードの感想…というタイトルなのに、文中に楽天カードという単語が出てこなければ評価されることはない)。

  • タイトルと文中にそのキーワードがある場合:検索評価アップ
  • タイトルでのみ使われているキーワード:そのキーワードでは検索されない

3.h2やh3、h4といったものは気にしない:

SEO対策において、過去、悪用されまくってしまったh2、h3、h4といった見出しタグ。これについては基本的に意識して使い分けることはしていません。大きな見出しをh2、次に大きな見出しをh3…という基本のみを徹底するようにしています。

稀にh2を使うとキーワードが評価されやすいからと、文中にh2タグばかりを設置している方も多いのですが、今ではあまり意味がない行為だと思います。そうではなくむしろ、h2~h6を順序良く使っている文章のほうが流れが自然になるため、評価されるんじゃないかな?とも思いますね。

  • あまり意味がない:h2ばかりの文章
  • 評価されやすい?:h2~h6を順序よく使った文章
文中の見出しは検索に強くない:

加えていうなら、文中の見出し部分のキーワードは検索されやすい…というのも、最近ではなくなってきているように思います。検索エンジンはもはや、見出しのみを評価するような時代ではないのかもしれませんね(文章全体を理解して、検索の重み付けをしている)。

4.文中には必ず他記事のリンクを置く:

すべての記事に徹底できているわけではありませんが、文章の中には必ず、他の記事へのリンクを置くようにしています。最近の検索エンジンは滞在時間やリンクのクリック数などを確認して、検索順位を決めている感があるので、そういったものの対策をするためです(訪問者の滞在時間が長いほど、読む価値のあるページであると検索エンジンは判断し、上位表示をする)。

また、クリックされやすいリンクは、リンクを貼ったページの順位も押し上げます。逆にサイドバーやフッターにあるリンクは、滅多にクリックされないので検索順位を押し上げる効果は低い感じですね。SEO目的でリンクを並べる価値は今やほとんどありません。

  • クリックされないリンク:リンク先の記事に対する影響はごくわずか
  • クリックが多いリンク:リンク先の検索順位がアップしやすい
クリックされやすい記述も加える:

しかし、ただ文中にリンクを設置するだけでは、誰もクリックなんてしてくれません。よく文末にリンクを並べているだけの方がいますが、これだとクリックされることは稀だと思います。ではどうするかというと、文章できちんとクリックして欲しい旨を伝えるのです。

私もよくやってる方法だと、下記のような記述を加えることでクリックを促すようにしています。こうすることでクリックしてもらいやすくなるだけでなくサイト内の周遊率があがるので、広告収入アップにも繋がるメリットもありますね(結果的に検索順位もあがる)。

  • 更に詳しい情報については下記記事を参照ください。
  • この辺りの情報について興味があるなら、こちらの記事もおすすめですよ。
  • ここで詳細を書くととんでもなく長くなってしまうので、詳しくはこちらをお読みください。

この誘導があるのとないのとではクリック率はまったく違うので、是非、実践してみてください。

5.SEO対策を意識しすぎない:

最後はSEO対策を強く意識しすぎないことです。

人によっては全ての見出しにキーワードを入れてしまったり、文中のキーワード頻出度をチェックして過度にキーワードを入れてしまったりするんですが、こういう行為はもう時代遅れ。それよりも自然で読みやすい文章を書いたほうが、訪問者の滞在時間も、他の記事への移動も多くなるので効果があります。

  • 過度なSEOライティング:読みにくい文章になってしまうため、離脱率があがったり滞在時間が短くなる
  • SEOを意識しない文章:読みやすい文章を書けるので、滞在時間が自然と伸びる。

肩肘張らずに自分が書きやすい文章を書くことが、検索エンジンで上位表示されるためにも重要なのですね。キーワードを強く意識するのは、冒頭と文末くらいで充分だと思います。

さぁ、好きに文章を書こう:

http://www.flickr.com/photos/58826468@N00/329844767

photo by Jasmic

以上、検索エンジンで上位表示されるために、私が意識している5つの執筆テクニックまとめ!SEOを意識しすぎない文章を書こう…でした。

この他にも検索エンジン対策に関する記事は書いているので、興味がある方は下記記事もあわせてどうぞ!(通常はクレジットカード情報を発信しているサイトです)

*1:ここでいう検索エンジンとは、ズバリGoogleのことですね。

PAGE TOP